観葉植物が枯れない方法って?水の量や温度に気をつけよう

2019.10.11

観葉植物は室内でも無理なく育てられるような品種が少なくありませんが、それでも環境や世話が適切でない場合には枯れてしまうこともあります。観葉植物が枯れる原因は様々ですが、多くの場合は適切な環境や世話によって防止できるものです。

観葉植物が枯れない環境とは?

観葉植物が枯れないようにするには、まずは環境を整えることが大切です。観葉植物に適した環境づくりをご紹介します。

観葉植物が枯れない日光について

観葉植物は室内で栽培しやすいような品種が多くなっていますが、日光を利用した光合成によって生きている点では他の植物と同様であるため、基本的に日光を好むのが特徴です。

日当たりが不足すると成長に必要な栄養素を生成できなくなるため、弱ったり枯れたりする原因になります。日当たりを好む品種については基本的に日光があたりやすい窓際などが適しています。

一方、半日陰を好む品種については、適度な日光は必要なものの、強すぎる日差しは葉焼けなどの原因になります。特に夏の強烈な日差しには注意が必要です。

観葉植物の温度と乾燥について

観葉植物は暑い熱帯から来た品種が多いため、高い温度にある程度強い反面、温度の低下による寒さには弱い場合が多くなっています。

冬の寒い時期には特に注意が必要です。観葉植物の種類にもよりますが、10度〜15度を下まわる程度の温度で元気がなくなる品種もあるので、置き場所の近くに温度計などを用意してこまめに気温を確認することが重要です。

また、観葉植物の中には乾燥に弱い品種も少なくありません。夏や冬のエアコンは乾燥の原因になるので、エアコンの近くに観葉植物を置くことは避けましょう。乾燥防止のために葉に霧吹きを使用するもの有効です。

観葉植物が枯れない育て方とは?

観葉植物の環境を整えたら、次は枯れないように工夫して育てていきます。育て方のコツをご紹介します。

観葉植物の枯れない育て方のコツ

観葉植物が枯れる原因となるのは、根が傷んでいく根腐れ、光合成などに必要な水分が足りなくなる水切れ、病気の原因となる害虫などがあります。

上記は放っておくと観葉植物が弱って枯れてしまう原因となるものですが、適切な育て方をすれば大部分を防ぐことができます。コツは害虫を防ぐために土を湿らせすぎない、根腐れを防ぐために適度な量の水やりをする、葉焼けを防ぎつつ日当たりと風通しをよくする、などが重要です。

枯れにくい観葉植物はどれ?

観葉植物には様々な品種がありますが、その中から枯れにくいものをご紹介します。

観葉植物のサボテン

枯れにくい観葉植物の代表といえばサボテンです。砂漠や雨の少ない土地などの過酷な環境でも生育しやすいように、葉や根などに水と栄養を蓄えやすい形状になっているのが特徴です。

サボテンというと西部劇の砂漠や荒れ地に生えている大きなものが思い浮かびますが、実は観葉植物の中でも種類、サイズ、形状など多彩なバリエーションがあり、花を咲かせるものもあります。

  • 商品名:LAND PLANTS サボテン 墨烏帽子 白色プラスチック鉢セット 4号サイズ
  • 参考価格:1,680円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

観葉植物のオリヅルラン

オリヅルランは緑色の鮮やかな葉に白色の斑模様が入っているのが印象的な植物です。緑と白のストライプ模様が家具の木目と相性が良いので、インテリアとしても優秀です。

観葉植物としては乾燥、寒さ、日陰などに強いので育てやすくなっています。大株、小さな鉢、水耕栽培など方法を問わず楽しめるもの魅力で、葉が硬い品種であれば庭植えにも適しています。

  • 商品名:LAND PLANTS オリヅルラン 白色プラスチック鉢セット 4号サイズ
  • 参考価格:680円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

観葉植物が枯れないように工夫を

観葉植物は室内でも育てやすいのが一般的ですが、手を抜きすぎれば枯れてしまう原因になります。観葉植物を枯らせないコツは適切な環境と育て方を心がけることです。日光、水量、温度、土の状態などがポイントになります。

枯れにくい観葉植物の品種もあるので、ぜひ長く観葉植物との生活を楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME