デザートやおつまみに!手軽で絶品なポップコーンアレンジ6選。

2019.10.09

市販のポップコーンにひと手間加えるだけで、さまざまな風味のフレーバーポップコーンを味わうことができます。この記事では、デザートやおつまみにぴったりなポップコーンアレンジレシピをご紹介します。

スイーツ系ポップコーンアレンジ

甘くておいしいスイーツ系ポップコーンは、デザートやおやつにぴったりです。甘いものが大好きな人は、スイーツ系ポップコーンを作ってみましょう。

キャラメルポップコーン

フライパンに砂糖80g、水大さじ1杯を入れて火にかけ、茶色になるまで煮詰めます。市販のポップコーンを2カップ入れて絡めたら、お皿に移して冷ましてから食べましょう。カリカリのキャラメル風味ポップコーンの出来上がりです。

キャラメルポップコーンは、砂糖と水があればできるので、数あるアレンジレシピの中でも簡単に作れます。お好みでバニラエッセンスを加えてもいいでしょう。

チョコポップコーン

板チョコ100gを包丁で細かくカットしてボウルに入れたら、約50℃のお湯で湯煎をして溶かします。ボウルに30~40gの市販のポップコーンを入れてヘラで混ぜ、チョコレートでコーティングしてからオーブンシートに並べます。

冷えるとポップコーン同士がくっついてしまうので、一口大の大きさに整えて並べるのがコツです。茶こしでココアパウダーをかけ、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

チョコポップコーンはポップコーンの塩味とチョコレートの甘さが組み合わさり、絶妙なおいしさになります。カリカリとした歯ごたえで食べ応えも十分です。

おつまみ系ポップコーンアレンジ

塩味のポップコーンはお酒のおつまみにぴったりますが、塩味に飽きたらアレンジを加えてみましょう。

チーズポップコーン

とろけるチーズを適量フライパンに入れて加熱します。チーズが溶けたらポップコーンを入れて絡めましょう。オーブンシートの上に置いて、冷えたら塩と黒コショウを振りかけます。カリカリとした食感が病みつきになるおつまみ系ポップコーンの完成です。

とろけるチーズの代わりに粉チーズをパセリを使ったチーズポップコーンもおすすめです。市販のポップコーンの袋に粉チーズと粉パセリを入れて振るだけでなので、冷蔵庫に粉チーズと粉パセリが残っているときにやってみましょう。

バター醤油ポップコーン

フライパンにバター20gを入れて溶かします。小さじ1の醤油を加えて煮たら、市販のポップコーンを入れましょう。

バター醤油は熱々でも冷めてからもおいしいです。醤油を入れたときにうっかり焦がさないよう、火加減を調整して加熱してください。

おかず系ポップコーンアレンジ

数あるポップコーンの中には、まるでおかずのようなアレンジを加えたポップコーンも。濃いめの味のポップコーンをがっつり食べたいときに作ってみましょう。

カレー風味ポップコーン

市販のポップコーンの袋の中に、カレー粉と塩コショウを入れて混ぜれば完成です。調味料は少量ずつ足し、味を見ながら調整してください。

エビマヨ風ポップコーン

5gのサクラエビを包丁で細かくカットしておきます。フライパンに大さじ1のマヨネーズと市販のポップコーン、塩少々、サクラエビを入れて弱火にかけ、絡めます。オーブンシートに移して冷ましてからいただきましょう。

エビマヨ風ポップコーンはエビの風味とマヨネーズが効いたアレンジ方法です。エビマヨが好きな人はぜひ作ってみてください。

ポップコーンをアレンジしてみよう

市販のポップコーンは調味料やほかの材料を加えてアレンジすることで、いろいろな味のバリエーションを楽しめます。スイーツにぴったりな甘い系ポップコーン、お酒と一緒に食べたいおつまみ系ポップコーン、ごはんが進むおかず系ポッポコーンなど、シーンにあわせてアレンジ可能です。ぜひいつもの塩味に飽きたら作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME