サイゼでも人気のポップコーンシュリンプとは?レシピも紹介

2019.10.05

ポップコーンシュリンプとは、片手でもパクパク食べることができるエビの揚げ物です。有名なファミレスでも人気を博しているポップコーンシュリンプですが、自宅でも実は簡単に作れます。この記事ではポップコーンシュリンプの由来やレシピをご紹介します。

ポップコーンシュリンプとは?名前の由来

可愛らしい響きが印象的な「ポップコーンシュリンプ」。一体どのような食べ物なのでしょうか。また、名前の由来についても解説します。

小さなエビフライのような揚げ物

ポップコーンシュリンプは「シュリンプ」と名のつくとおりエビの料理です。小さめのエビに衣をつけ、それを揚げることで完成します。ソースをつけて食べるとより美味しいのでおすすめです。

イメージとしては、おつまみや小腹がすいたときなどに楽しめる小さなエビフライと言ったところです。

お菓子のポップコーンとは関係ない

ポップコーンという名前を冠していますが、よくあるお菓子のポップコーンとは特に関連性があるわけではないのです。ポップコーンのように気軽につまめる料理ということでその名がついたという説もありますが、定説ではありません。

サイゼを超える!?ポップコーンシュリンプの作り方

全国展開のファミレスチェーン・サイゼリヤでは、人気商品のひとつとしてポップコーンシュリンプが挙げられます。一時期はメニューから外れてしまいましたが、最近は定番のグランドメニューになっています。

しかし、家の近くにサイゼリヤがない場合や、たくさんポップコーンシュリンプを食べたい時は自宅でポップコーンシュリンプを作ることをおすすめします。

ポップコーンシュリンプのレシピ紹介

ポップコーンシュリンプは複雑な作り方でできているわけではありません。材料さえそろえば誰でも作ることができる料理ですので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

材料

まずは材料です。ここでは2~3人前の場合の材料を紹介していきます。

【ポップコーンシュリンプ】

  • むきえび(揚げると縮むのでやや大粒のもの)……200g
  • 顆粒コンソメ……小さじ1
  • 塩コショウ……少々
  • 卵……1個
  • 薄力粉……小さじ2
  • パン粉……80g

【ソース】

  • マヨネーズ……大さじ5
  • ケチャップ……大さじ1
  • にんにく……少々
  • お酢……小さじ1
  • 味噌……小さじ1
  • チリパウダー・パプリカパウダー……少々

作り方

次に作り方を紹介します。

【ポップコーンシュリンプの作り方】

  1. むきえびに塩と片栗粉をまぶして水でもみ洗いをします。そうすることでぬめりと臭みをとることができます。
  2. むきえびに薄力粉をまんべんなくまぶし、溶き卵にくぐらせます。このとき、コンソメと塩コショウでむきえびに下味をつけておくようにしましょう。
  3. 最後にパン粉をまぶしたら、熱した油できつね色になるまで揚げます。揚がったら完成です。

【ソースの作り方】

  1. 材料をすべて混ぜ合わせます。味噌が溶けにくいので、少量ずつマヨネーズやケチャップを足して混ぜるといいでしょう。混ざりきれば完成です。

手作りが苦手な方には冷凍食品もおすすめ

むきえびの下処理や衣をつける手順が面倒だという方におすすめなのは、冷凍のポップコーンシュリンプです。揚げるだけですぐ食べることができるので、洗い物も少なくて済みます。

  • 商品名:ポップコーンシュリンプ
  • 容量:500g
  • 参考価格:1,480円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

また、ソースを作るのが面倒だという方には市販のオーロラソースがおすすめです。タルタルソースとは違った旨味がポップコーンシュリンプによく合います。

  • 商品名:GABAN スパイシーオーロラソース
  • 容量:500ml
  • 参考価格:650円(税込)
  • 楽天市場商品ページはこちら

気になるポップコーンシュリンプのカロリー

作り方や量によってポップコーンシュリンプのカロリーは上下します。サイゼリヤのポップコーンシュリンプは約180kcalとされているので、1人前でその程度のカロリーだと考えておくといいでしょう。

ポップコーンシュリンプはソースも楽しめる

ポップコーンシュリンプは手軽に食べられる美味しい揚げ物です。ひとつひとつが小さいので、つい手が止まらなくなってしまいます。

オーロラソースで食べたりタルタルソースで食べたりなど、ソースによって味わいに変化をつけられるところも魅力的です。ぜひ一度お店や自宅で食べてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME