世界の高級きのことは?見た目は不思議だけど味や香りは絶品

2019.10.05

マイタケやシイタケなどの「きのこ」はスーパーで簡単に買うことができます。しかし、きのこの中には高級さと希少性の高さゆえになかなか食卓に並べづらいものも。この記事では、「高級きのこ」の価格の秘密や世界中の有名な高級きのこについてご紹介します。

きのこの種類はどれくらいある?

きのこは野菜の一種ではなく、菌類からなる食材です。鍋や炒め物、炊き込みご飯などでマルチに活用できるきのこですが、一体どのくらいの種類が現時点で見つかっているのでしょうか。

日本で知られているキノコは約2,500種類

日本国内で「きのこ」として認定されているのは、全部で2,500種類ほどです。マイタケやぶなしめじ、シイタケなどもその中に含まれていますが、実際に見たことも聞いたこともないような「きのこ」がほとんどでしょう。

食用として流通しているのは300種類前後

現在スーパーや食料品店で扱われることのある「食用きのこ」は300種類ほどです。2,500種類という膨大な数のきのこの種類ですが、すべてが常に流通しているわけではありません。

また、2,500種類前後のきのこのなかには毒きのこも含まれています。毒きのこの数はおおよそ200種類ほどと言われています。

中国の高級きのこをご紹介

希少価値の高い高級きのこは世界各地で見つかっています。まずは中国でとられている高級きのこについてご紹介します。

「四珍」というレアな4種類のきのこ

中国の高級きのこは代表的なものが4種類あります。それらを総称して「四珍」と呼ばれています。四珍はいずれもれっきとした食用きのこです。

1.キヌガサタケ

「キヌガサタケ」はレースの衣服をまとったような不思議な出で立ちをしたきのこです。味はクセがなく食べやすいのが特徴です。

2.香菇(こうこ)

「香菇」は、名前こそ違えどシイタケのことを指しています。シイタケにもいくつかの種類分けは存在していますが、基本的に栄養が豊富で汎用性高いきのこであることに変わりはありません。

3.猴頭菇(ほうとうぐー)

「猴頭菇」は、サルの頭が由来となっているきのこ名です。こまかい毛が密集している見た目から、本当にきのこなのかと疑う方も少なくありません。おすすめのアレンジはスープです。凝縮された未知の旨味はあの魯山人をも驚かせたと言われています。

4.銀耳(いぬある)

「銀耳」は白いきくらげのことを指しています。福建省で銀耳の量産が始まる前は、とても希少で価格もさらに高いものでした。薬膳系の料理にぴったりとはまるきのこです。

四珍は日本国内ではまとめて出回ることがあまりないので、通販でひとつひとつ選んでいくことをおすすめします。以下はキヌガサタケの一例です。

  • 商品名:キヌガサタケ(8g)
  • 参考価格:800円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

フランスの高級きのこをご紹介

続いてご紹介するのは、フランスやイタリア地方原産のきのこで、今や世界が認める高級フレンチには欠かせない高級食材になっているきのこです。

さまざまな料理でオーラを放つ「トリュフ」

フレンチ料理の使われることが多いトリュフ。黒いダイヤモンドと称されるトリュフは、山林の中で取ることができます。トリュフは独特の香り高さが持ち味ですので、犬や豚を使って探す方法が古くから主流のようです。

一見、土のかたまりや石に見えてしまうトリュフですが、実際にはそこまで硬くありません。スライサーで薄くすれば料理のトッピングになりますし、こまかく刻めば別の料理に高級なアクセントを加えることも可能です。

  • 商品名:フレッシュサマートリュフ エクストラタイプ(30g)
  • 参考価格:1,944円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

イタリアの高級きのこをご紹介

フランスだけではなく、イタリアにも有名な高級きのこがあります。

香りが独特かつ上質な「ポルチーニ」

イタリアでの収穫と利用が主流となっているポルチーニですが、ポーランドや中国の量に使われることもしばしばあります。

とれたてのポルチーニは木の実の香りに近く、乾燥させて熟成させると醤油に近い不思議な香りに変化します。

リゾットやパスタの具材として活用することで、がつんとしたインパクトのあるきのこ料理が作れます。また、スープやシチューとしてもアレンジを楽しむことができます。

  • 商品名:フレッシュポルチーニ(100g)
  • 参考価格:1,600円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

日本の高級きのこも負けていない

日本にもなかなか普段は手が届かない高級きのこが存在しています。

日本では大人気の「松茸」

秋が旬となる松茸は、国産のものと外国産のものに分かれています。人工栽培が難しいため希少性の高さもは世界の高級きのこに引けを取りません。

日本では秋を象徴する高級な味覚として、古くから愛されています。そのまま焼いても、土瓶蒸しにしても、鍋にしても豊かな香りを堪能することができます。

しかし、ヨーロッパをはじめとする諸外国においては、松茸の匂いは嫌煙される国も少なからずあります。納豆同様に、独特の香りや味を持つものは好き嫌いが大きく分かれるのです。

  • 商品名:松茸(約500g)
  • 参考価格:7,538円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

なお、上記の松茸の原産国は中国ですので、国産の松茸が良い方はご注意ください。

高級きのこはレアゆえに惹かれる

普段はなかなか手に入れることがないきのこだからこそ、高級品として珍重されているものが多くあります。

クセの強いものや香りが強すぎるものもありますが、それぞれのきのこに合う調理法があります。もし高級きのこを手に入れることがあれば、そのきのこの原産国での食べ方を真似してみるのが良いでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME