カマンベールチーズフライの作り方!フライパンでの簡単レシピ

2019.10.07

カマンベールチーズは様々な料理・おつまみに代用できます。代表的なのはチーズフォンデュですが、実はフライ料理とも相性抜群なのです。この記事ではカマンベールチーズのフライ料理のレシピをお伝えしていきます。

カマンベールチーズフライの基本レシピ

外はサクサク・中はとろけるカマンベールチーズフライは、通常の揚げ物と用意するものも変わらず、しかもお手軽なため非常に人気の高いレシピ。おかずとしてはもちろんのこと、ワインのおつまみやお弁当のおかずにも最適な万能料理です。

まずはシンプルに、カマンベールチーズをまるごと揚げてしまうお手軽レシピをご紹介します。

カマンベールチーズフライ・材料(2人分)

  • カマンベールチーズ …1個(120g)
  • 薄力粉…大さじ2
  • 卵 …1個
  • 水…大さじ1
  • パン粉…適量
  • サラダ油…適量
  • ケチャップ…大さじ1
  • マヨネーズ…適量

カマンベールチーズフライ・作り方

  1. カマンベールチーズを食べやすい大きさに切り、ボウルに薄力粉・卵・水を入れて混ぜ、バッター液を作ります。
  2. カマンベールチーズにバッター液、パン粉を順番につけていきます。
  3. フライパンにサラダ油を深さ2cmほど入れて180℃に熱し、2のカマンベールを入れて揚げ焼きにします。
  4. ボウルにケチャップ、マヨネーズを入れて混ぜ、フライに添えれば完成です。

作り方のポイント

上手に作るポイントとしては、チーズを衣からはみ出させないよう、パン粉はしっかりと押さえて厚めにつけるのがまず一つ。

さらに揚げる時は、弱火や中火ではなく高温の油で一気に揚げるのがコツです。チーズの中は生でかまわないので、衣を手早く揚げてしまいましょう。

カマンベールチーズちくわフライのレシピ

お次は少しレベルを上げたおつまみレシピです。お弁当や晩御飯のおかずの一品としてもいかがでしょうか。

カマンベールチーズちくわフライ・材料

  • ちくわ…4本
  • カマンベールチーズ…60g
  • 小麦粉…大さじ1
  • 溶き卵…1個分
  • パン粉…大さじ5
  • サラダ油…大さじ2

カマンベールチーズちくわフライ・作り方

  1. カマンベールチーズをちくわの穴に詰められるサイズに切って詰めます。その後ちくわを一口サイズに切りましょう。
  2. 薄力粉・溶き卵・パン粉を順につけ、軽く手で押さえてなじませます。
  3. フライパンにサラダ油を中温で熱し、ちくわを入れて転がしながら、色が付きカリッとするまで揚げ焼きにして完成です。

カマンベールチーズをフライパンで調理!

ここまではカマンベールフライについてご紹介してきましたが、カマンベールチーズ好きな人に一度試してみてほしい簡単レシピがあります。それが、「カマンベールチーズをそのままフライパンで焼く」だけのレシピです。

手順も簡単で、熱したフライパンにカマンベールチーズを入れ、中火で3分程度、軽くキツネ色になるまで両面を焼くだけです。

できあがったらお皿に乗せ、はちみつをかけていただくのですが、チーズ好きにはたまらない絶妙な美味しさ。

チーズの表面はカリカリしているのに、噛むと中からとろとろのチーズが登場。チーズの塩分とハチミツの甘みが素晴らしいハーモニーを奏でます。

カマンベールチーズフォンデュ

カマンベールチーズの代表的な調理法といえば、「チーズフォンデュ」も欠かせません。特に、ハチミツと合わせ、バケットやクラッカーを付けて食べればおやつ代わりとしても最適です。特別な器具は必要なく、底が深めのフライパンであればOKです。

こちらも手順はシンプルで、カマンベールチーズ、牛乳(白ワインでも可)、ハチミツなど、好みの味に合わせた材料を用意して、以下の手順で作ります。

  1. カマンベールチーズの上部を薄く丸型に切り抜き、チーズ内部が見えるようにします。
  2. そのままアルミホイルを敷いたレンジに入れて、600Wで30秒程度温めます。
  3. チーズを取り出し、好みの味付けを加えてから再びレンジで10〜20秒温めて完成です。

チーズとフライは相性抜群

揚げ物との相性が非常に良いカマンベールチーズ。今回はちくわとの合わせレシピを紹介しましたが、基本的に加工品とは相性が良いので、ウインナーやはんぺんとも合わせやすいです。

フォンデュでスイーツに、フライでおつまみ・おかずにとバリエーション多彩なカマンベールチーズ。ぜひ毎日の食卓に取り入れてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME