クリームチーズと卵は料理の名コンビ。簡単なおすすめレシピもご紹介

2019.10.04

クリームチーズは料理の材料としては卵との相性が良いのが特徴です。ミルクの風味と適度な酸味のあるクリームチーズはケーキ作りに適していますが、おかず材料としても優秀です。クリームチーズの概要やおすすめレシピもご紹介します。

クリームチーズはどんなチーズ?

クリームチーズのチーズとしての特徴をご紹介します。

クリームチーズの概要

クリームチーズの一般的な製法としては、牛乳などの乳を加熱殺菌し、脂肪を調整したクリームに乳酸菌を加えて凝乳にします。凝乳からホエイと呼ばれる成分を除去すると、クリームチーズになります。滑らかさや均一な質感を演出する場合は、機械などで圧力を加えることもあります。

クリームチーズの見た目は鮮やかな白色で、きめ細かいのが特徴です。味はミルクの風味、なめらかな口当たり、乳酸菌による爽やかな酸味などが特徴になります。

常温ではその名の通りのクリームのような柔らかさがありますが、10度以下の低温ではやや固くなります。クリームチーズは鮮度が美味しさを大きく左右するため、開封後は早めに食べ切るのがおすすめです。

クリームチーズと卵のおかずのレシピ

クリームチーズと卵を使用したおかずとして、ポテトサラダのレシピをご紹介します。

クリームチーズのポテトサラダ

クリームチーズを加えることで濃厚な風味を獲得したポテトサラダです。野菜はお好みのものを自由に加えることができます。

【材料】

  • じゃがいも1個
  • にんじん1/2本
  • ゆで卵1個
  • クリームチーズ1個
  • マヨネーズ大さじ2
  • 塩少々
  • 胡椒少々

【作り方】

  1. 鍋に水を入れて塩少々と胡椒少々を加える。じゃがいもと人参を弱火で30分程度湯に浸す。その後ゆで卵を湯に加え、10分程度で卵のみ取り出す。
  2. 卵とクリームチーズを刻んで1の野菜と混ぜ合わせ、マヨネーズと合える。塩と胡椒で味を整える。

卵とクリームチーズのなめらかな味わいが絶品!絶対外さないおすすめレシピです。

クリームチーズと卵のケーキのレシピ

クリームチーズと卵を材料に使用したシフォンケーキのレシピをご紹介します。

クリームチーズのシフォンケーキ

フワフワとした柔らかい感触のケーキの中に、クリームチーズの爽やかな香りが漂うシフォンケーキです。

【材料】

  • クリームチーズ120g
  • 牛乳10g
  • 卵黄と卵白4個
  • グラニュー糖60g
  • 強力粉35g
  • 薄力粉45g
  • ベーキングパウダー3g
  • サラダ油30g
  • レモン汁小さじ2
  • 塩ひとつまみ

(使用する器具:ハンドミキサー、竹串、18cm程度の型、オーブン)

作り方

  1. 強力粉35g、薄力粉45g、ベーキングパウダー3gを合わせてふるっておく。
  2. クリームチーズ120gと牛乳10gを溶かし、粒がなくなる程度に滑らかにする。
  3. 卵白4個に塩をひとつまみ入れ、グラニュー糖30gを入れる。その後ハンドミキサーでメレンゲにする。
  4. 卵黄4個にグラニュー糖30を入れ、ハンドミキサーでもったりする程度まで混ぜ合わせる。
  5. 4に2とサラダ油30gを入れてよく混ぜた後、1でふるっておいた粉を入れて更に混ぜる。その後、3のメレンゲを2回に分けて入れる。1回目のメレンゲはよく混ぜ、2回目はゴムベラで泡を消さないように注意しながら混ぜる。
  6. 5を18cm程度の型に流し込んで、表面を平らにならしながら竹串で空気を抜いていく。170度に予熱したオーブンで40分程度焼き上げ、終わったら逆さまにして冷ます。

クリームチーズの爽やかな酸味と味わいがふわふわのシフォンケーキとマッチする、おすすめレシピです。

クリームチーズと卵のハーモニーを楽しもう

乳を調整したクリームに乳酸菌を加え、ホエイと呼ばれる成分を除去するとクリームチーズになります。クリームチーズは白くきめ細かいシルクのような見た目が魅力で、豊かなミルクの風味やなめらかな口当たりで料理の材料としても優秀です。卵との相性も良いので、ぜひ2つのハーモニーを楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME