豆乳プリンは誰でも作れる簡単スイーツ。アレンジを加えたレシピを大公開

2019.10.03

カロリーが控えめでダイエット中にもおすすめの豆乳プリン。実は少ない材料で簡単に作ることができることをご存知でしょうか。というわけで、この記事では豆乳プリンについて紹介。基本となる豆乳プリンの作り方から、アレンジを加えた豆乳プリンレシピをまとめました。ぜひ、作ってみてください。

豆乳プリンの作り方

それではまず初めに、豆乳プリンの作り方から紹介します。

材料

豆乳300ml、砂糖 大さじ4、卵2個

手順

  1. ボウルに全ての材料を入れて混ぜ合わせます。
  2. 混ぜ合わせたら濾し器で1~2回ほど濾し、容器に入れます。
  3. 鍋に容器の半分以下ほどの水を張り、煮立たせます。
  4. 容器を③に入れて蓋をし、弱火で8分加熱させ、その後火を止めて放置します。
  5. 10分ほど経ったら鍋から容器を取り出し、粗熱をとります。
  6. 粗熱を取ったら、冷蔵庫に入れて冷やし、完成となります。

失敗しないコツ

ではここで、豆乳プリン作りの失敗しないコツについて紹介します。失敗しないコツは以下の通りです。

  • 卵に対し豆乳の量を多くしない
  • 蒸す温度を的確に

豆乳の量が卵に対し多くなってしまうと、仕上がりが柔らかくなったり固まらないといったことが起きてしまいます。そのため、豆乳の量はとても大切。柔らかめのとろっとしたプリンを作るために覚えておきましょう。また、プリンを蒸す温度もプリン作りにはとても大事な工程。温度が高すぎると気泡が入り、食感が悪くなってしまいます。ですので、プリンの様子を見ながら作りましょう。

豆乳プリンのアレンジレシピ

それでは最後に、豆乳プリンのアレンジレシピを紹介します。

豆乳ココアプリン

最初に紹介するのは「豆乳ココアプリン」です。

材料

ココア、インスタントコーヒー、豆乳、練乳、粉ゼラチン、水、ミントの葉

手順

下準備として、粉ゼラチンは水と一緒に入れてふやかしておきましょう。

  1. 鍋に、ココア、インスタントコーヒー、豆乳、練乳を入れて混ぜ合わせ、火にかけます。
  2. 全体に混ざって温まったら火からおろします。
  3. ➁にゼラチンを加えて溶かし、溶けたら鍋の底を氷水で冷やします。
  4. 少しとろみがついてきたら容器に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。
  5. 固まったらミントの葉を乗せて完成となります。

豆乳ゴマプリン

続いて紹介するのは「豆乳ゴマプリン」です。

材料

  • プリン:豆乳、砂糖、粉ゼラチン、水、練り白ごま
  • ソース:練り黒ごま、はちみつ、水

手順

下準備として、粉ゼラチンは水と一緒に入れてふやかしておきましょう。

  1. 鍋に豆乳、砂糖を入れて火にかけます。
  2. 砂糖が溶けたら火を止め、ゼラチンを加え余熱を利用して溶かします。
  3. ボウルに練り白ごまを入れて、➁を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
  4. ボウルの底に氷水にあて、混ぜながらとろみがつくまで冷やします。
  5. ④を容器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます。
  6. ボウルに練り黒ごま、はちみつ、水を入れて混ぜ合わせソースを作ります。
  7. ➄のプリンが固まったら冷蔵庫から取り出し、器に盛ります。
  8. 最後に⑥のソースをかけて完成です。

かぼちゃ豆乳プリン

続いて紹介するのは「かぼちゃ豆乳プリン」です。

材料

卵、無調整豆乳、きび砂糖、かぼちゃ

手順

  1. かぼちゃを一口大に切り、レンジ加熱で加熱して、皮をとり裏ごしします。
  2. 鍋に豆乳、きび砂糖を入れて火にかけ、沸騰直前で火を止めます。
  3. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、➁の豆乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
  4. ③にかぼちゃを加えて混ぜ合わせ、濾しながら容器に入れていきます。
  5. 鍋にお湯を張り、④を入れて強火で2分ほど、その後火を止めて15分ほど蒸したら完成となります。

アレンジを加えた豆乳プリンを作ってみよう

豆乳プリンについて紹介しました。豆乳プリンはコツさえ掴めば、誰でも作ることができるプリンです。材料も少なく工程もとても簡単。アレンジを加えればさらに美味しい豆乳プリンを作ることもできます。ぜひ、今回紹介したレシピを参考に作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME