ジャマイカラムで作る『キングストン』。カリブ海を感じる魅惑のカクテルとは

2019.10.02

透明感のあるレッドブラウンが美しい「キングストン」。癖が強く独特な風味を持っていますが、好きな人はとことん好きなカクテルです。この記事ではキングストンの特徴や美味しい飲み方、レシピやおすすめの材料についてご紹介します。

首都という意味のカクテル『キングストン』

キングストン(Kingston)は、個性が強い味わいのジャマイカラムをベースにホワイトキュラソー、レモンの果汁、グレナデンシロップで作るカクテルです。

カクテル『キングストン』の特徴

カクテル名は、ラム酒を搬出していたジャマイカの首都名が由来しています。材料に使うジャマイカラムは、ジャマイカで生産された製品とは限らず、ダーク・ラム(3年以上熟成させた濃厚な味わいのラム)のことを指します。最近では癖が少なく飲みやすいゴールド・ラムが用いられることも多く、ラムの種類に細かな指定は無いようです。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口~やや甘口で、TPOはALL(いつでも)です。度数は27%前後とやや高めで、ショートカクテルに分類されます。ホワイト・キュラソーとレモンジュース風味でジャマイカラムの癖が緩和されて飲みやすくなっています。グレナデンシロップの甘さも加わり口当たりのよい味わいです。

『キングストン』の作り方(レシピ)

自宅で作れるキングストンの標準的なレシピと、材料をご紹介します。

材料(カクテルグラス使用/1杯分)

  • ジャマイカ・ラム 30 ml
  • ホワイト・キュラソー 15 ml
  • レモン・ジュース 15 ml
  • グレナデン・シロップ 1 tsp

(レシピ参考:カクテルタイプ

ラムの種類はお好みによって変更しましょう。ラムの癖があまり得意ではない方はゴールドラムがおすすめです。レシピによってはホワイトキュラソーではなくジンを使用する場合もあります。

作り方(手順)

  • 材料と氷をシェイカーに入れる。
  • シェイクしてカクテルグラスに注ぎ入れる。

簡単アレンジレシピ

甘さはグレナデンシロップで、酸味はレモンジュースで調節します。ホワイト・キュラソーをジンに変更すると辛口の味わいになります。ダーク・ラムをホワイト・ラムに変更し、グレナデン・シロップを抜くと別のカクテル「XYZ」になります。

『キングストン』作りにおすすめの材料

自宅でキングストンを作るなら、材料の品質にこだわって本格的な味を目指しましょう。キングストン作りにおすすめのお酒をご紹介します。

マイヤーズラム オリジナルダーク ラム

華やかな香りと芳醇な味わい、まろやかな口当たりが魅力のジャマイカ産のダークラム。コーラやトロピカルジュースとの相性が良く、カクテルベースにぴったりです。洋菓子やバニラアイス、チョコレートなどの風味付けにも使用されます。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,403(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

コアントローリキュール

350種類以上のカクテルに使用される、世界的に有名なオレンジ・リキュール。 スイート、ビター2種類のオレンジから生まれる奥深い香りと、甘さ控えめの味わいが魅力。自宅でカクテルを楽しむなら常備しておきたい逸品です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥2,160(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ポッカサッポロ ポッカレモン100

厳選したレモンを絞った、保存料無添加の100%ストレート果汁。果実が持つ本来の酸味とまろやかな味わいが、食材の味を引き立たせます。カクテルはもちろん、ジュースやお料理、お菓子作りなど幅広く使える商品。

  • 容量:450ml
  • 参考価格:¥867(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ラム好きにおすすめの『キングストン』

キングストンは、濃厚な味わいのジャマイカラムをより美味しくいただけるカクテルです。ダークラムで作ると大人の味に、ゴールドラムを使うと飲みやすい味になります。ラムの風味がお好きな方は、ぜひ自宅で試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME