観葉植物で寒さに強い品種は何がある?冬の観葉植物の育て方

2019.10.02

観葉植物の多くは、南国生まれです。そのため、暑さに強い品種が多く、逆に寒さに弱いのが特徴になります。ですが、そのような観葉植物の中でも「寒さに強い」品種もあります。冬でも育てやすい、寒さに強い観葉植物の紹介です。

室内におすすめな小型の観葉植物

まずは、小型の観葉植物を紹介します。トイレや玄関など、室内の寒い場所でも元気に育ってくれます。

ガジュマル

ガジュマルは、精霊が宿るといわれている観葉植物です。幸運を招くともいわれており、風水で特に人気があります。

丈夫で育てやすいことから、初心者でも育てやすいと評判です。

ただ、耐寒性は約5℃までと、決して高いとはいえません。北海道などの寒い地方で育てる際は、日光が差し込む暖かい窓際で育てるようにしましょう。

ガジュマル

  • 商品名:ガジュマル陶器鉢植え
  • 参考価格:2,450円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

LAND PLANTS ガジュマル

  • 商品名:LAND PLANTS ガジュマル
  • 参考価格:2,980円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

アロエ

アロエは、食品にも使われている有名な観葉植物です。実物は見たことない人も、名前を知っている人は多いと思います。

アロエは、約0℃の環境まで耐えられるほか、乾燥にも強いです。肉厚の葉に水分を蓄えているため、1~2週間程なら水やりをしなくても枯れることはありません。

耐陰性もありますので、忙しい人でも育てやすい観葉植物といえるでしょう。

アロエ

  • 商品名:アロエ
  • 参考価格:1,300円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

アロエ・ベラ4号鉢

  • 商品名:アロエ・ベラ4号鉢 2株セット
  • 参考価格:1,397円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

アイビー

アイビーは、葉が特徴的な観葉植物です。星のような形をしており女性に人気があります。また、アイビーの種類によっては柄や形も異なり、鑑賞する楽しみがあります。

耐陰性がありますので、トイレや寝室などでも育ちやすく、100均でも購入できることから、初めての観葉植物にもおすすめです。

約0℃まで耐え育ちますので、庭のフェンスなどに絡ませて育てる楽しみ方もあります。

アイビー

  • 商品名:アイビー 壁掛け
  • 参考価格:1,980円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

LAND PLANTS ハートアイビ

  • 商品名:LAND PLANTS ハートアイビ 4号サイズ
  • 参考価格:680円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

リビングや屋外におすすめな大型の観葉植物

観葉植物は小さいだけではありません。大型サイズの物もあり、インテリアとして目立ちます。室内だけではなく、室外でもおすすめです。

ゴールドクレスト

ゴールドクレストは、円錐状に葉が付く観葉植物です、小型のもみの木のような見た目でもあるため、クリスマスツリーの代わりに使われることもあります。鮮やかな黄緑色の葉が若々しさを感じさせてくれるでしょう。

約0℃の環境まで耐えるため、外で育成することができます。見た目も大きく、庭で育てても存在感があります。

ただ、耐陰性が弱く、日光が無いとすぐ元気がなくなってしまうでしょう。他にも風通しの良い場所を好みますので、室内での育成は少々難しい部分があります。

LAND PLANTS ゴールドクレスト

  • 商品名:LAND PLANTS ゴールドクレスト コニファー鉢植え
  • 参考価格:2,780円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ゴールドクレスト・ウィルマ

  • 商品名:ゴールドクレスト・ウィルマ(8号)
  • 参考価格:6,980円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

オリーブ

オリーブは、香りが強い植物です。オリーブオイルなどの食品として有名ですが、鉢植えなどができることから観葉植物としても人気があります。

最大の特徴は、約-10度まで耐える耐寒性です。オリーブには油分が詰まっており、寒い環境でもしっかり育ちます。むしろ、寒くないと花や果実を付けません。

耐陰性が弱いため、庭先で育てるといいでしょう。

ただ、オリーブは育つため、選定しないと庭を覆いつくしてしまいます。鉢で育てる際は注意してください。他にも、果実が多いようなら間引きしてあげましょう。

LAND PLANTS オリーブ

  • 商品名:LAND PLANTS オリーブ 10号サイズ
  • 参考価格:19,800円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

オリーブの木

  • 商品名:オリーブの木 ガーデニング インテリア
  • 参考価格:9,400円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ユッカ

ユッカは、生命力の強い観葉植物です。生長が早いだけではなく、約0℃の環境まで耐えて育ちます。若々しい見た目から、別名「青年の木」とも呼ばれています。

耐陰性もあり、室内で育ててもしっかりと育ちます。ですが、日光が少ないと葉は細くなりがちです。

野外でのびのび育てるか、ベランダや窓際など、日光が差し込む場所で育てましょう。

ユッカ

  • 商品名:青年の木 ユッカ 7号鉢
  • 参考価格:6,580円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ユッカ エレファンティペス

  • 商品名:ユッカ エレファンティペス 8号
  • 参考価格:9,500円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

冬の間の育て方

冬になると多くの観葉植物は「休眠期」に入ります。いつもと同じように育てると枯れてしまうこともありますので、注意してください。

寒すぎる日は室内へ移動する

いくら寒さに強いといっても限度があります。霜や雪が積もったままでは、葉が凍ってしまい枯れてしまうでしょう。

そのため、0℃を下回る日や雪が降る日など、寒すぎる日は可能な限り室内へ移動してください。

もし、庭植など動かせない場合は、藁やビニールなどをかけて保護します。雪に埋もれるのを防ぐだけではなく、保温もして凍るのを防いでくれるのです。

休眠期では水やりを少なくする

観葉植物は給水をあまり必要としない植物ですが、休眠期ではもっと必要なくなります。というのも、休眠期は植物があまり活動しなくなるからです。

活動が鈍い植物は、あまり給水をしません。その状態で水やりをすると、植物が給水しきれずに水が溜まってしまいます。溜まった水は根腐れを起こすほか、冷えることで凍り、植物を弱らせてしまうのです。

環境や観葉植物の種類にもよりますが、大体1か月に1度程度の水やりに留めておきましょう。

観葉植物を飾って緑ある生活を

 南国原産の観葉植物は寒さに弱いと思われがちですが、意外と耐寒性のある植物が多くあります。紹介した植物以外にも、寒さに強い品種はたくさんあります。

冬は緑が少なく、色寂しい季節です。寒さに強い観葉植物で、自宅を色鮮やかに飾りましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME