舞台『オペラ座の怪人』の見どころは?オーケストラによる楽曲に注目

2019.10.01

ミュージカルながら、劇中オペラが3つもあるオペラ座の怪人は、オペラ同様オーケストラが奏でる音楽が重要です。管弦楽器を使った生の演奏は、大迫力と興奮をもたらしてくれます。そのオーケストラに注目して、オペラ座の怪人を紹介します。

オーケストラ演奏のあるメガミュージカル

ロングランのオペラ座の怪人は、19世紀を再現した高価な衣装や、大きな舞台装置などだけでなく、フルオーケストラの演奏があることで、メガミュージカルの先駆けといわれています。

オペラも演じることができるオーケストラ

ミュージカルでは軽快な音楽が使用されることもありますが、オペラのパートでは、作曲17世紀当時の音楽を再現する必要もあり、同じオーケストラ演奏でも、その表現方法の違いが楽しめます。

また、1986年、ロンドンで新しくオペラ座の怪人を作曲したアンドリュー・ロイド=ウェーバーは、オペラを意識しながら本作品を作ったと語っています。

オーケストラ楽譜も大人気

管弦楽器を中心として、ときには100人近い人数も必要となるオーケスストラ。オペラ座の怪人では、演じる劇場や国によって、その編成を変えています。

オリジナル版は27パートあり、クラシック音楽同様、演者がいなくてもひとつの世界観がわかる楽曲となっており、度々クラシック演奏会で取り上げられるほど。そのため、世界各国バージョンの楽譜が人気で、日本では、日本語歌詞もついた劇団四季のバージョンが人気です。

  • 商品名:オペラ座の怪人 〈オリジナル版〉 (ミュージカル・サウンド・シリーズ) (楽譜)
  • 価格:1,980円
  • Amazon:商品ページ

25周年記念公演は 豪華版!

1986年、ロンドンのウエスト・エンドで開幕され、その後、ブロードウェイでも大ヒットしたオペラ座の怪人。開演25周年に当たる2011年には、ロンドンのロイヤル・アルバートホールで記念公演が行われました。

世界各国の映画館で生中継

たった2日間の公演でしたが、なんと世界数カ所の映画館で生中継。いわゆるパブリックビューイングの感覚で、同時中継を楽しむ仕掛けを行いました。公演後、記念パートとして、主演女優と、歴代の主演男優が登場、長年のファンも楽しめる構成となっています。このとき発売されたDVDは、今も人気です。

  • 商品名:オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン(DVD)
  • 価格:1,000円
  • Amazon:商品ページ

オーケストラの編成も45ピース!

そして、オーケストラも通常の27ピース、ブロードウェイの29ピースよりもかなり多い、45ペースで編成。その豪華な楽曲は、まさに特別バージョンとしてふさわしいものでした。25周年記念CDも人気です。

  • 商品名:オペラ座の怪人 25周年記念公演 IN ロンドン(CD)
  • 価格:3,412円
  • Amazon:商品ページ

オーケストラ独自の楽しみ方

あまりにも有名な楽曲が多いため、オペラ座の怪人は舞台から離れた音楽だけの楽しみ方もあります。オーケストラに注目した楽しみ方を紹介しましょう。

生オーケストラは、日本でも聞ける?

日本では、1988年から劇団四季が公演を開始しています。2019年現在は公演がありませんが、それまでは京都や仙台など地方公演を実施していました。

残念ながら会場の都合もあり、日本では全ての会場で生オーケストラの舞台をみることはできません。録音技術や音楽技術が進んで、迫力あるオーケストラ音楽を再現することは可能ですが、できるなら生オーケストラの舞台が見たいもの。 これから再演される場合は、オーケストラの状況を確認しましょう。

CDを使って、聴き比べしよう。

日本の劇団四季のCDも人気ですが、様々な楽団が演奏する海外公演のCDも数種類発売されています。舞台DVDを見るよりも、オーケストラの編成やパートに注目して音楽をききたいときは、CDがおすすめ。オーケストラ解説もついていて、音楽により理解を深める手助けとなるでしょう。

  • 商品名:オペラ座の怪人 ロングランキャスト(CD)
  • 価格:3,589円
  • Amazon:商品ページ

オーケストラ演奏の聴き方で、楽しみ方に変化が

ミュージカルは、舞台、歌唱、衣装、楽曲などが組み合わさってできる歌謡劇。現代劇を見なれている私たちには、どうしても物語や俳優に目がいきがちですが、オーケストラを楽しむことができるミュージカルは、オペラ座の怪人がイチオシです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME