登山用パンツを選ぶポイントを紹介。機能と価格で比較しよう

2019.10.01

登山用パンツを選ぶポイントは、季節や難易度によって変わります。機能や素材などシチュエーションに合ったパンツを見つけて、快適に登山を楽しみましょう。登山用パンツの選び方のコツやおすすめ商品をまとめて紹介します。

登山パンツに求められる機能

普段はいているパンツで登山に行くと、汗でびしょびしょになったりストレッチが効かず動きにくかったりするなど、さまざまな問題が起きます。山に出かける場合は、登山に適したパンツを選びましょう。

登山パンツにはどのような機能が求められるのかをご紹介します。

山歩きに適した機能が必要

普通のパンツと登山パンツは、一見するとそれほど違いはありません。しかし、機能性には大きな違いがあり、登山パンツは山歩きに適したデザインや素材で作られています。ポイントを二つに分けて解説しましょう。

動きやすく丈夫

登山では、急な坂道を歩いたり大きな岩場を登ったりするシーンが多数あります。動きやすく丈夫なパンツでなければ、アクティブな登山は叶わないかもしれません。

登山パンツなら伸縮性が高く破れにくい素材を使っているため、快適に山歩きが楽しめます。一緒に登山している人をサポートしやすく、周りの景色を楽しむ余裕も持てるでしょう。

乾きやすく撥水性が高い

登山中はたっぷり汗をかくことが予想されます。汗をかいたままでは体の熱が奪われ、汗冷えの原因になってしまいます。登山パンツには、汗をかいてもすぐに吸いとって乾かしてくれる吸湿性と速乾性の高さが求められるのです。

また、撥水性が高い登山パンツであれば、少々雨が降っていても快適に過ごせます。天候が不安定になりやすい山では、欠かせない機能です。

登山パンツのバリエーションと選ぶポイント

登山パンツはバリエーションが豊富なため、初心者の場合どれを買うべきか迷ってしまいます。それぞれの特徴をおさえて、自分の好みに合うタイプを見つけましょう。選ぶときのポイントについても紹介します。

ズボン丈の違いと特徴

登山パンツの種類は『ショート・ハーフ』『ロング』『コンバーチブル』と大きく三つに分けられます。

暑い時期や難易度の低い登山には、動きやすく通気性抜群のショート・ハーフ丈がおすすめです。ただし防護性は低いため、下にタイツをはいて肌をしっかり守りましょう。

初めて登山パンツを買う場合は、安全性が高くポピュラーなロング丈を選んではいかがでしょうか。防護性が高く、寒さやけが対策も可能です。

コンバーチブルは、ファスナーでショートとロングに切り替えられます。その日の気分や天候によって変えられ、使い勝手がよいのが特徴です。今後登山を続けていくのであれば、1枚持っておくと重宝します。

素材別のメリットとデメリット

コットンは着心地がよく吸水性は高いですが、濡れると断熱性が失われ乾くまでに時間がかかります。そのため、本格的な登山には適さない素材といえます。

ポリエステルは汗を逃がしてくれるため、登山に限らずスポーツ用衣類全般によく使われる素材です。臭い残りも少なく、汗をかきやすい人に人気があります。ただし、静電気が起きやすいというデメリットもあります。

ナイロンは耐久性や防風性に優れた素材ですが、ストレッチ性はやや劣るのがデメリットです。

それぞれにメリット・デメリットは存在します。どのような機能を求めるかで素材を選びましょう。

形状はおしゃれさと機能性のバランスが重要

登山パンツの形状は、見た目のおしゃれさと機能性のバランスがとれたものを選びましょう。ポケットが多く付いたパンツならいろいろなものが収納できて便利ですが、見た目はごちゃごちゃした印象を与えるかもしれません。

ベルトなしでウエストを調整できるパンツは、トイレの際に簡単に脱ぎ着できます。デザイン性に問題がなければ、このタイプがおすすめです。

また、これまで「動きにくいのでは?」と思われていた細身タイプが、近年人気を集めています。

ストレッチの効いた素材や立体裁断の技術が採用され、おしゃれさと機能性の両立が実現されているのです。まずは細身タイプで探してはいかがでしょうか。

季節や天候も考慮が必要

登山パンツを選ぶときは、季節や天候も考慮することが大切です。春夏と秋冬に分けて重視したいポイントを紹介します。あらゆるシチュエーションを想定して、賢くパンツを選びましょう。

春夏向け、秋冬向けの重視したいポイント

春夏向けの登山パンツを選ぶときは、速乾性の高さを重視しましょう。汗をかきやすい季節は、汗冷えしないようにすることが重要です。ショートやハーフ丈を選ぶ場合は、パンツの下にタイツをはいてけがや日焼け対策を行いましょう。

秋冬は、防寒性の高さを重視します。軽量かつ風を通しにくい素材のパンツをはけば、寒さに凍えることなく快適に登山が楽しめます。寒がりの人には、裏起毛タイプがおすすめです。

雨の日はレインパンツもアリ

登山当日、天気予報が外れて雨が降ったり、登山中に突然雨が降ってきたりすることもあります。そのようなときは、レインパンツが1枚あると安心です。

レインパンツは基本的に防水性に優れているため、水に濡れて体温が奪われる心配がありません。日常的に使えるカジュアルなものから本格的な登山用のものまで幅広いため、好みやシチュエーションに合わせて選びましょう。

初心者向けの安いメンズ用登山パンツ紹介

登山パンツはバリエーションは豊富で、価格帯も異なります。初心者ならまずはリーズナブルなパンツを手に入れて、様子を見てはいかがでしょうか。

おすすめのメンズ用登山パンツを三つ紹介します。

ユニクロ EZYアンクルパンツ

UNIQLO(ユニクロ)の『EZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)』は、ストレッチ性抜群で動きやすいため登山パンツとして人気を集めています。

岩場を登るシーンでも、ストレスなくサクサク進めます。通気性にも優れ、夏の暑い日でも快適に過ごせそうです。

スッキリしたシルエットで丈が短く、どのようなデザインの靴でも合わせやすいのも嬉しいポイントです。洗濯してもしわになりにくく、普段のおしゃれ着としても使い回したくなるかもしれません。

  • 商品名:EZYアンクルパンツ
  • 価格:3229円(税込)
  • UNIQLO:商品ページ

ワークマン フィールドコアシリーズ

WORKMAN(ワークマン)の『FieldCore(フィールドコア)』は、プロの作業着の品質と機能性を備えたアウトドア&カジュアルブランドです。

高品質かつ高機能はもちろん、デザイン性までこだわったシリーズで、これまでワークマンを利用したことのない人からも注目されています。

登山用としては、ストレッチが効いた細身シルエットのパンツがおすすめです。吸水速乾や紫外線カットなど高機能タイプもあるため、お好みで選びましょう。

フィールドコア(fieldcore)アウトドア&カジュアルテイストブランド|作業着のワークマン公式オンラインストア

ラドウェザー ライトトレッキングパンツ

LAD WEATHER(ラドウェザー)の『ライトトレッキングパンツ』は、世界トップクラスの撥水性能を備えています。さらに、防汚や速乾など優れた機能を持っており、登山にぴったりです。

ストレッチ性抜群で、どのような動きにも対応してくれます。難易度の高い山に挑戦したい人やアクティブに動き回りたい人なら、きっと満足できるでしょう。ただし薄手生地のため、冬シーズンの本格的な登山には適しません。

  • 商品名:ライトトレッキングパンツ
  • 価格:2730円(税込)
  • 楽天:商品ページ

最適なパンツを選んで登山を快適に楽しもう

登山を快適に楽しむには、普通のパンツではなく山歩きに適したパンツが欠かせません。ストレッチ性や吸水性など必要な機能を備えたパンツを選びましょう。

バリエーション豊富な登山パンツの中から自分にぴったりのものをゲットできれば、登山へのモチベーションもグッと高まります。機能性やデザイン性をしっかり吟味して、お気に入りの1枚を見つけましょう。

パンツが決まるとそのほかトップスや靴なども選びやすくなります。最低限の機能性はキープしながらも、トータルコーディネートでおしゃれに仕上げてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME