海釣りに錘の知識は欠かせない。サイズの見方や使用例を解説

2019.09.29

錘(オモリ)は釣りに欠かせない、重要なアイテムです。錘の使い方次第で、その日の釣果が大きく左右されると言っても過言ではないでしょう。錘の種類やサイズ、使い方の例など、釣りのレベルアップに役立つさまざまな基本知識を紹介します。

釣りで役立つ錘

錘は鉛やタングステンなどの重い金属でできた、釣り道具の1つです。最近では環境に配慮した、鉛を使わない錘も登場しています。

錘を釣り糸の先端に取り付けることで、仕掛けを深い場所まで沈めたり、遠くまで投げたりする役割が主ですが、その他にもさまざまな用途があるのをご存知でしょうか。

錘がなければ仕掛けは水面に浮いたままになり、どんなに良い餌を付けても魚が寄ってきません。錘には形や大きさ、重さによってさまざまな種類があり、釣り方に適した錘を選んで使う必要があるのです。

餌取り対策としてなど、仕掛けに使用

錘の主な用途は、仕掛けが水中に沈むのを助けることにあります。餌を海中に撒いてから釣るフカセ釣りでは、餌取りと呼ばれる小魚を避け、付け餌を本命の魚に届きやすくするために用いられます。

船釣りでは魚が回遊している層(タナ)に届くよう深さを調整するために、投げ釣りでは遠くに飛ばしたり海底に定着させたりするのに役立ちます。

ほかにも、色をつけたり光らせたりして、魚を集める目的で使われることもあり、用途はさまざまです。

形状や材質の種類はさまざま

錘には玉の形をした『ガン玉』をはじめ、ガン玉を細長くしたような『割りビシ』、ナス型や六角型のものなど、さまざまな形状があります。

フカセ釣りにはガン玉、ルアー釣りには割りビシ、サビキ釣りにはナス型や六角型といったように、釣りの方法によって使い分けます。

錘の素材には安価な鉛が使われることがほとんどですが、人体や環境への悪影響が懸念されることから、最近ではタングステンやスズ、鉄製の錘も数多く販売されています。

環境に配慮した鉛フリーの錘も

錘は海中の藻や岩に引っかかる根掛かりや、魚の歯などでハリスが切れると、すぐになくなってしまう消耗品です。毒性の強い鉛製の錘が大量に海に漂うと、環境汚染の原因になります。

実際に、1994年にカナダで行われた環境問題に関する世界会議では、釣り用の錘や銃弾に使われる、鉛による海の環境汚染が問題になりました。

人体にとっても、手で何度も触ることで鉛中毒を引き起こす可能性があります。こうした理由から、最近では鉛を使わない錘を推奨する動きが広がっています。

釣り具メーカーのフジワラでは、鋳鉄を使った錘を開発、商品化しています。鉛よりもスピーディーに、まっすぐ沈むオリジナルの形状となっていて、硬さがあるので根掛かりしにくいのも特徴です。

  • 商品名:船釣り用 オモリ NUEVO ワンダーⅠ
  • 価格:698円(税込)
  • Amazon:商品ページ

錘のサイズと重さ

錘にはさまざまなサイズがあり、当然重さも異なります。釣り竿によって使えるサイズや重さはある程度決まっており、錘負荷として表示されています。

また、錘のサイズ表記は独特で、実際の重さがわかりにくくなっています。このためたくさんの錘を組み合わせて使うときには、注意が必要です。

竿の錘負荷をチェック

錘負荷とは、その釣り竿に適した錘の大きさや、重さのことです。磯釣り用の竿では錘負荷が1~3号などのように、狭い範囲で錘負荷が設定されています。

一方、船釣り用の竿はいろいろな種類の魚に対応できるため、錘負荷の幅は30~60号などのように、広めに設定されているのが普通です。

ただし錘負荷の表示はあくまでも目安であり、同じサイズの錘を使っても、竿によって使い勝手が変わることはよくあります。

メーカーによって基準は異なる

釣り竿の錘負荷の表示には、統一された基準はなく、メーカーによって異なっています。例えばシマノの釣り竿には、23号や25号などのはっきりした数値で表される標準錘負荷と、18~25号などの幅を持たせた錘負荷の、2種類が表記されています。

また、同じ号数が表示されていても、釣り竿の仕様によって使いやすさは変わってきます。釣り竿を購入するときは、錘負荷以外の特徴にも注目して選ぶと良いでしょう。

錘の1号は何グラム?

錘のパッケージには、サイズを表す号やBという単位のみが表示され、1個当たりの重さが表記されていることはほとんどありません。

しかしサイズと重さの関係を覚えておくと、組み合わせのパターンを決めやすく、仕掛けを作るときに役立ちます。

ガン玉には小さい順に8号から1号まで、その次にBから6Bまでのサイズがあります。8号は0.07g、1号は0.4g、Bは0.55g、6Bは2.65gとなっています。

ガン玉は号数と重さの増減に規則性がないのが特徴で、たとえばBを2個つけても2Bの重さにはならないので、注意が必要です。

ガン玉よりも大きな六角型やナス型の錘の場合は、1号サイズが約3.75gとなっていて、この号数に3.75を掛けるだけで、重さを計算できます。

錘にはどんな使い方がある?

次に、フカセ釣り・船釣り・ちょい投げ釣りに適した錘と具体的な使い方を紹介します。初心者はまず、ちょい投げで仕掛けや錘の使い方を練習すると良いでしょう。

フカセ釣りで活躍するガン玉

フカセ釣りではガン玉を複数使って、仕掛けの位置やウキの浮力を微調整します。小さくて丸いガン玉は、撒き餌の中に上手く仕掛けを紛れ込ませ、自然に近い状態で流しておくために、とても役に立ちます。

潮の流れや風の強弱、餌取りの小魚の数を見ながら、ガン玉の数や重さ、付ける位置を変えていきましょう。

六角錘を使ってヒラメの船釣り

ヒラメの船釣りでは、主に60号や80号といった大きな六角型の錘を使います。六角型の錘は潮に流されにくいため、仕掛けを海中で安定させられます。

また、大きな錘は目立たせることで、ヒラメの注意をひくという役割も担います。錘にピンクや黄緑の派手な色を付け、アワビのシールを貼ったヒラメ専用の商品も販売されています。

このようなタイプは、混んでいる場所や、暗い時間帯に使うと効果的です。

  • 商品名:六角ひらめオモリ アワビ貝貼付
  • 価格:1296~1458円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ナス型錘のちょい投げ釣り

岸壁などでハゼやアジを気軽に釣れる、ちょい投げ釣りではナス型の錘が活躍します。ちょい投げ釣りは、糸が絡みにくい小型の天秤を使い、市販の仕掛けをセットするだけで良いので、初心者でも簡単に準備できます。

また、仕掛けを遠くまで飛ばしたり、餌を撒いたりする必要もないため、釣りの練習には最適です。錘の大きさは3〜5号程度で良く、仕掛けの脱着も簡単なので、釣れ具合によっていろいろと変えてみると良いでしょう。

ちょい投げ釣りを何度か行えば、錘の使い方に慣れ、コツをつかめます。

錘を自作アレンジ

魚には動く光るものを、餌と間違えて寄ってくる習性があります。このためルアーや錘を光るように加工すると効率が上がることがあるのです。

しかし集魚用に加工された錘は一般的に価格が高く、根掛かりなど紛失するリスクがある場所では気軽に使えません。普通の錘と集魚用の錘を両方持ち歩くのも、荷物になってしまいます。

そこで、安い錘をシールや塗料で集魚用の錘に自作アレンジする方法を紹介します。

ステッカーを貼る簡単アレンジ

もっともおすすめの方法は、蓄光シールや反射シールを錘に貼り付けるだけの簡単なアレンジです。普通のシールを金属に貼ってもすぐに剥がれてしまうので、専用のシールやコーティング剤を使います。

集魚シール・ピタット2は、1枚の蓄光シートに25枚の楕円形シールがついていて、使いたいときに貼るだけで、普通の錘を集魚用に変更できます。懐中電灯の光でも蓄光するので、暗くなってから使っても大丈夫です。

シールは薄くて柔らかく、曲面にもシワにならずにきれいに貼れます。錘やルアーだけでなく、釣り竿や網、小物入れなどに目印として貼っても便利です。

  • 商品名:SP-2 集魚シール ピタット2
  • 価格:462円(税込)
  • Amazon:商品ページ

キラキラした鱗柄のホログラムシールを貼れば、見た目が美しく魚へのアピール度も高くなります。ただしこちらの商品は、貼った後にウレタン液でコーティングする必要があるため、自宅でじっくりと作業するときにおすすめです。

  • 商品名:高輝度 ルアー ホログラムシール
  • 価格:848円(税込)
  • Amazon:商品ページ

塗装は下地処理すると色が着きやすい

蛍光塗料などで塗装する場合は、錘にそのまま塗料を塗るよりも、下処理用のスプレーを使うほうが、ムラなくきれいに着色できます。

アサヒペンのメタルプライマーは、1回スプレーするだけの簡単な金属用下処理ラッカーです。夏なら20分程度、冬でも40分あれば乾くので、きれいに仕上げたいときは使ってみるとよいでしょう。

  • 商品名:アサヒペン メタルプライマー
  • 価格:1369円(税込)
  • Amazon:商品ページ

錘の収納方法

錘は小さくて硬く、重いため、ほかの小物類とは別の場所に収納する必要があります。錘のサイズや形に合わせた、持ち歩きやすい収納方法を紹介します。

専用の錘ポーチに

釣り具用品メーカーが販売している丈夫な専用ポーチがあれば、安全に錘を持ち運べます。タカ産業の錘ポーチは、持ち手がついたランチバッグのような安定感のある形で、大きな錘を運ぶときに使うと便利です。

仕切りは取り外し可能で、ビニール製なので海水で汚れてもすぐに洗えます。

  • 商品名:F-25 オモリポーチ
  • 価格:1356円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ダイワの錘ポーチには、色分けされた仕切りが2つついていて、3種類の錘を分けて入れられます。メッシュ素材なので濡れても水が溜まらず、清潔に使用できる点も便利ですね。

  • 商品名:オモリポーチ(A)
  • 価格:1274円(税込)
  • Amazon:商品ページ

タッパーを錘入れに

ヒラメ釣りに使うような大きな錘や、ガン玉のような小さな錘は、ポーチや袋で持ち運ぶのが困難です。

このような錘は、食品保存用のタッパーに入れることをおすすめします。とくに100均のタッパーは、サイズが豊富なので錘の数や大きさに合わせやすく、汚れたら水洗いできるのがメリットです。

価格も安いので、予備としてたくさん用意しておくと良いでしょう。

状況に合わせて錘を使い分けよう

錘はどんな釣りにも欠かすことのできない、重要なアイテムです。錘の特徴を理解して、状況に合わせて使い分けることで、狙った魚を確実に釣り上げることができるでしょう。錘の使い方をマスターし、釣り上級者を目指してください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME