競艇での払い戻し方法や手順とは。払戻金の基礎知識と注意点

2018.11.05

競艇は予想が的中した場合、払戻金が受け取れます。しかし、競艇を始めたばかりの人の中には、払戻金の計算方法や払い戻し方法がわからない人もいるのではないでしょうか。払い戻し方法や手順、払戻金の計算方法を紹介します。

競艇の楽しみ方はさまざま

競艇は、大人の遊びとして人気があります。しかし、最近の競艇場は、レースだけでなく、幅広い年代の人が楽しめるような設備を併設している競艇場もたくさんあります。

競技場によっても、まったく雰囲気や設備が異なるので、いろいろな競艇場を訪れてもアミューズメントとしての楽しみ方も。

ここでは、競艇の楽しみ方を3パターン紹介します。

充実した施設へ家族と出かける

競艇というと、賭け事をする場なので、大人の遊び場というイメージを持つ人も多くいるでしょう。実は、競艇場は大人だけが楽しむスペースではありません。

最近は、ファミリー向けの子供が自由に遊べるキッズルームやゲームを楽しめるアミューズメントルームを併設している競艇場があります。そのため、特に地方の競艇場は、週末にはレース場としてだけでなく、家族で遊べるレジャー施設として訪れる人が多く見られます。

また、週末のレース開催時には、ご当地キャラクターや戦隊モノのヒーローショーが行われる競艇場などもあり、小さな子どもも楽しめると人気です。

他にも、ボートレース場の多くは、劇場型のイベントホールが設置されています。そこではタレントのトークショーなど、いろいろなイベントが開催されています。

仕事終わりにナイターへ

競艇は平日・土日と1年を通して開催されており、レースは昼間だけではありません。ナイターもほぼ毎日どこかの競技場で開催されています。ナイターは、昼間よりもレーサーたちの実力が試されると言われています。

現在ナイターレースが行われている競艇場は、下記の7カ所です。

  • 桐生ボートレース場
  • 蒲郡ボートレース場
  • 住之江ボートレース場
  • 丸亀ボートレース場
  • 下関ボートレース場
  • 若松ボートレース場
  • 大村ボートレース場

昼間は仕事で競艇を楽しめない人でも、ナイターであれば仕事帰りに楽しめます。ナイターのカクテル光線に照らされるボートや舞い上がる波しぶきなど、とても美しいので大人のデートにも最適です。

レースの合間にグルメを味わう

競艇場は、売店やファストフードのほか、レストランやフードコートなどグルメスポットが満載です。名物料理のある競艇場もあり、レースと一緒にグルメを味わうために訪れる人もいます。

名物料理としては、下記の競艇場が挙げられます。

  • ボートレース多摩川の牛炊
  • ボートレース平和島のモツ煮込み
  • ボートレース常滑のどて丼
  • ボートレース尼崎の多幸焼
  • ボートレース大村の佐世保バーガー

その土地ならではのグルメを手軽に味わえるのが魅力です。また競艇場では、500円以下で手軽に食べられるメニューのほか、定食や洋食など本格的なグルメなど、幅広いメニューが楽しめます。

レースを見つつ、お腹が空いたらレストランで空腹を満たしに行く、など1日のんびりと過ごせます。

競艇の払戻金とは

競艇は、全7種類ある勝式の舟券を購入して的中した場合には、払戻金を受け取れます。しかし、競艇の払戻金は、舟券の総売り上げではなく、それぞれの勝式で売り上げた金額を的中した人たちに分配される仕組みです。

ここでは、払戻金について詳しく解説します。

一般的な払い戻し率は75パーセント

競艇は、モーターボート競争法という法律によって、売上金の 100分の75~80の間で 施行者が設定すると決められています。競艇における一般的な払戻し率は売上金の75%です。

上限は2000万円までと決まっている

モーターボート競走法施行規則によって、国土交通省令で定める払戻金の最高限度額は、2000万円までと決められています。

例えば、過去最高の払戻金である68万2760円の舟券を3000円分購入していた場合には、2048万2800円となり上限額の2000万円を超えた48万2800円は受け取れません。

歴代の払戻金ランキング

最高でも2000万円までと決められている払戻金ですが、実際にはどれくらいの払戻金があるのでしょうか?歴代の払い戻しランキングTOP10を紹介します。

順位 金額 ボートレース場 日付 勝式
1位 68万2760円 徳山 2011/05/22 3連単
2位 65万0610円 三国 2016/03/21 3連単
3位 57万9900円 芦屋 2016/05/24 2連単
4位 53万7990円 若松 2003/12/10 3連単
5位 51万4810円 蒲郡 2013/10/05  3連単
6位 51万1500円 大村 2014/07/12  3連単
7位 50万6500円 福岡 2008/04/25  3連単
8位 49万8640円 唐津 2015/10/03  3連単
9位 48万9350円 三国 2018/07/14  3連単
10位 48万2930円 唐津 2015/11/19  3連単

払戻金の豆知識

払戻金は、売り上げの75%ということについて説明しましたが、それ以外の売上金はどうなっているのでしょうか?

ここでは、払戻金以外に売上金がどのように使われているのかを紹介します。

残り25パーセントの使われ方とは

先ほど紹介したように、売上金の75%が払戻金とされて的中者に分配されます。それでは、残りの25%の売上金はどうなっているのでしょうか?

この残りのお金には、いろいろな使い道があるので、説明しましょう。

主に開催経費となる

25%のうちのほとんどは、競争運営の管理費・人件費・施設費などの開催経費として使われています。開催経費には、他にも選手への賞金や広告費・燃料なども含まれます。

残りは教育費や消防費

開催経費や、日本財団や地方公共団体金融機構などへの法定交納付金を差し引いた残りは収益となり、以下のようなものに使われています。

  • 教育費
  • 公営住宅費
  • 土木費
  • 消防費
  • 保健衛生費
  • 民生費
  • 産業経済費
  • 災害復旧費及び公害対策費

このように、教育費や消防費などの助成・交付を地方自治体に対して行うことによって、地方自治体の改善に役立っています。

オッズをチェックして払戻金を予想しよう

払戻金の予測には、オッズが重要です。オッズとは、自分が購入した舟券が的中した場合の予想払戻し率のことです。

オッズを使用した払戻金の計算方法

オッズを使用して払戻金を計算してみましょう。例えば、180.1倍のオッズが表示されている舟券を100円購入した場合には、180.1×100=1万8010円の払い戻しが予想できます。

200円であれば、その2倍の3万6020円です。つまり、オッズに自分が購入した舟券の額をかければ、予想払戻金が計算できるのです。

ただし、オッズでの計算方法は、自分が購入した時点の予想なので、必ずその金額になるとは限りません。特に舟券販売締め切り間近に、舟県は最も多く売れます。よって、締め切り前の概算配当率(予想配当)と、実際の配当率は違う可能性があります。

高配当となるケースとは

それではオッズをチェックしながら、どうやって高配当を狙えばよいのでしょうか?

オッズを見れば、どのボートが人気なのかが1目でわかります。例えば、オッズが低ければ、賭けている人が多く、人気のボートということです。

逆にオッズが高ければ、賭けている人が少ないため、大穴になるかもしれません。

賭けている人が多ければ、配当人数が多いため払戻金は少なくなり、賭けている人が少なければ、配当人数が少ないため払戻金は増えます。

つまり、オッズが高ければ高いほど、払戻金が高額になり、逆にオッズが低ければ低いほど払戻金が少なくなると考えましょう。

そのため、高いオッズになるように舟券を購入すれば、高配当が期待できます。ただし、オッズが高いということは、本命ではないため的中率が低くなる傾向があるので注意しましょう。

払戻金の受け取り方法

自分が購入した舟券が的中したら、どうやって払戻金を受け取ればよいのでしょうか?初めての人は困惑することも多いでしょう。

ここでは初めて払戻金を受け取る人にもわかるように、受け取り方法を易しく解説します。

すぐに払戻金額を確認するには

的中した舟券の払戻金は、レースが確定したらすぐに払戻金が発表されます。いくらなのかすぐに確認したい人は、まず競艇の公式ホームページ『BOAT RACE』を確認してみましょう。または競艇の公式アプリ『BOAT RACEアプリ』にも便利なサービスがありますので、以下で説明します。

ホームページの本日の払戻金一覧

競艇の公式ホームページのTOP画面の右側に『本日の払戻金一覧』というボタンがあります。そこをクリックすると、全国各地にある競艇場で、その日に開催されたレースの払戻金が競艇場ごとに分かれて掲載されています。

自分の確認したい競艇場の欄から、レース番号ごとに払戻金が載っているので便利です。

BOAT RACEアプリが便利

『BOAT RACEアプリ』では、的中通知サービスが搭載されています。この的中通知サービスとは、購入した舟券が的中した場合には、通知してお知らせしてくれる機能のことです。

舟券を購入しても、うっかり結果をチェックし忘れてしまうことも無いので安心です。

購入場所以外でも払い戻し可能

払戻金は、舟券を購入した場所以外でも払い戻しが可能です。以前は、購入した場所でのみ払い戻しが行われていました。

しかし、2012年4月1日以降は、全国24カ所の競艇場・15カ所の場外発売場において全国総合払戻サービスが開始されています。そのため、どこで舟券を購入しても、全国で払い戻しができるようになりました。

他の発売場で購入した舟券の払い戻しが可能な窓口は、『どこでもはらいおん』のマークがある窓口です。

100万円以上の高額払い戻しは発売場のみ

全国の競艇場・一部の場外チケット発売場で払い戻しが可能ですが、100万円以上の高額の払戻金は、購入した舟券の発売場の窓口でしかできないので注意しましょう。

機械での払い戻しのやり方

競艇場や場外発売場では、自動払い戻し機などの機械が設置されている場所が複数あります。これらの機械を使って払戻金の手続きをする方法は、とても簡単です。

機械によっても上限金額が異なりますが、100万円未満に設定されている機械が多いです。

使い方は、自動払い戻し機のカード挿入口に、的中した舟券を挿入するだけで払戻金が出てきます。窓口などよりも手軽に払い戻しができるので便利です。

ネットや電話投票の場合の受け取り方法

テレボート(ネットや電話)で舟券を購入した人はどのように払戻金を受け取るのでしょうか?

テレボートとは、PCやタブレット端末を利用して舟券の購入・払い戻しなどが行える『インターネット投票』と、スマートフォンを使って行う『スマートフォンWEB投票』、またネット環境でなくてもプッシュホン回線から行える電話投票の全3種類があります。

ここでは、テレボートでの全3種類それぞれでの払い戻し方法について解説します。

会員画面で払戻金額が確認できる

テレボートでは、会員画面にアクセスすれば、レース確定後すぐに払戻金額が確認できます。どこにいても、レース確定後ただちにレース結果と払戻金が確認できるのでとても便利です。

また、『レース結果配信登録』というサービスがあります。このサービスはテレボート会員限定のサービスです。利用方法は、あらかじめ気になるレースと、配信アドレスを登録しておきます。

そして、レースが終了・確定したら、結果をメールで受け取れるサービスです。メールを開くだけでレース結果が確認できるので、忙しい人でも手軽に確認できます。

それぞれの払い戻し手続き

インターネット投票とスマートフォンWEB投票での払い戻し手続きでは、少し手順が異なります。まずPCやタブレット端末を使って払い戻しをする場合には下記の手順で行いましょう。

  1. メイン画面のメニューバーにある『入金・精算』開いて『精算する』を選 択
  2. 投票用パスワードを入力し、『精算する』をクリック
  3. 確認画面の下にあるOKボタンをクリック

スマホでの払い戻し方法は、下記の手順で行います。

  1. TOP画面のメニューから『精算する』を選択
  2. 精算指示画面で『精算する』を選択
  3. 精算指示結果画面が表示されて確認したら完了

また、電話投票会員(無担保コース)は、電話投票センターに電話をして口座振替をすることで払い戻し手続きを行えます。

精算指示か自動精算

テレボートは、精算指示もしくは自動精算の2パターンによって自分の登録口座にお金が振り込まれます。レース当日中に即時出金したい場合には、投票サイトにアクセスし、上記で説明した手順で精算指示をします。

急いで出金する必要がない場合など、精算指示を行わなかった場合でも、払戻金は自動精算が適用され、夜間に自動で登録口座に振り込まれるので安心です。自動精算の行われる目安の時間帯は、ナイター開催日では22:00頃、通常開催日であれば18:00頃です。

舟券に関する注意点

舟券は、お金と同じ価値のある大切なものです。万が一、舟券を紛失や破損してしまっても、新たに交換・発券してもらえません。そのため、舟券の返還金や払戻金を受け取れなくなってしまうケースがあります。

レースが確定するまでは、しっかりと手元に大事に保管しておきましょう。ここでは、舟券の購入から返還・払戻金の受け取りまでの間に注意すべきポイント2点を紹介します。

非開催や事故の場合は返還がある

舟券を購入しても、レースが行われなかったり、事故が起きたりした場合には購入した舟券は返還されます。

舟券が返還されるケースは下記のようなものが挙げられます。

  • フライングをしたボートの舟券
  • 出遅れをしたボートの舟券
  • 欠場したボートの舟券
  • レースが成立しなった場合
  • 勝舟が無い場合

これらの場合には、レースが終了後、舟券を返還できます。また、前売りで購入した場合には、該当するレース確定後に変換してもらえます。

的中や返還がある場合、期限や破損に注意

自分が購入した舟券が的中した場合や、事故などの理由により返還するためには、一定の条件があります。下記の条件に1つでも当てはまる場合には、返還できないので注意してください。

  • 舟券の記載文字が不明の場合
  • 舟券が破損している場合
  • レース確定後60日以上経過した舟券

舟券を購入したら、記載されている文字をまずしっかりと確認しましょう。また、レースが確定するまでは紛失・破損をしないように保管をして、60日以内に手続きを行ってください。

競艇はどこでも楽しめるのが魅力

競艇は、実際に競艇場を訪れて大迫力レースを目の前に観戦すると楽しさも倍増します。しかし、平日の昼間は仕事で行けない人は、ナイターレースを観戦しに行ってみましょう。

どうしても時間がない人は、携帯やPCなどから舟券を購入してレース投票に参加することもできます。どこにいても楽しめるのが競艇の魅力の1つでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME