ビールの手作り感が楽しめるサービスは?用途別のおすすめ

2019.09.28

ビール好きな人の中には、自分でビールを手作りしてみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか?手軽に手作りビールを楽しみたい人は、企業のサービスを利用するのも一つの方法です。目的別にビールの手作り感が楽しめるサービスを紹介します。

手作りビールを楽しみたいなら

手作りビールを作ったことがありますか?手作りビールを楽しむ前に、注意すべき点がいくつかあります。また、道具も揃えなくてはなりません。手作りビールを楽しむためのポイントを紹介します。

度数1%以上のビール作りは違法

日本では、酒税法という法律が定められており、酒類を製造する場合には、税務署長の免許が必要です。また、ビールの製造免許に関しては、年間製造見込み数量が60キロリットル以上でないと、免許は取得できません。

ただし、この酒税法での酒類とは『アルコール度数1%以上の飲料』のことです。自分でビールを作る時には、必ずアルコール度数が1%未満となるようにしましょう。

酒類の製造免許を持たずに酒類を製造した場合、『10年以下の懲役又は100万円以下の罰金』に処せられます。製造した酒類、原料、器具等もすべて没収されるので、しっかりと酒税法を確認して違反しないようにしましょう。

自宅で作るビールならキットがおすすめ

手作りビールを自宅で作る人は、手軽に必要な道具が揃う『手作りビールキット』がおすすめです。手作りビールキットには大きく分けると以下の2種類に分類されます。

  • スターターキット
  • 中身だけのキット

スターターキットは、手作りビールで必要な容器や道具などの全てが揃ったキットです。スターターキットを購入して作った後、再度作る場合には、材料のみのキットを購入しましょう。

brewland 手作りビールキット22DX

道具を1つずつ揃えるのは、手間がかかります。『手作りビールキット22DX』は、少しでも手間を省いて、手軽に手作りビールを楽しみたい人に最適です。

このキットには、ビール作りに必要な道具が全てセットになっているため、届いたらすぐにビール作りが始められます。でき上がったビールを詰めるビール瓶(中瓶)は48本、栓をする王冠は100個と2回分付属しており便利です。

  • 商品名:手作りビールキット22DX(中瓶48本付)新打栓機付き
  • 価格:1万8900円(税込)
  • Amazon:商品ページ

手作りラベルが作れるサービスも

ビールそのものを手作りするのは、時間がかかります。もちろん初心者ならば、失敗することもあるでしょう。もっと手軽にビールの手作り感を楽しみたい人は、ラベルにこだわるところから始めるのも良いかもしれません。

最近、ビール好きな人の間で話題の『手作りラベルサービス』ならば、ビール瓶のラベルを手作りして、簡単にオリジナルラベルの作成が可能です。

オリジナルの瓶ビールが作れる

大手ビールメーカー『SAPPORO(サッポロ)』が提供するオリジナルラベルサービス『フォトビー』では、オリジナルラベルのビールをスマホやPCから手軽にオーダーできます。

また、メッセージや名前も簡単に入れられるので、ぜひオリジナルラベルを作ってみましょう。瓶ビールの中身は、以下の3種類から選べます。

  • 旨味とキリっとしたのどごしの『ピルスナー』
  • 爽やかでフルーティーな味わいの『ヴァイツェン』
  • しっかりとしたコクと深い味わいの『ブラック』

お祝い用のギフトにピッタリ

そもそもビールは人気のギフトですが、メッセージや写真が付いたオリジナルラベルのビールは、お祝いのカード代わりにもなるため、誕生日用のギフトなどにもピッタリです。

また、思い出の写真やメッセージを添えれば、素敵な結婚記念日のギフトにもなるでしょう。ちょっとした贈り物からパーティー用まで、ビールの本数も3通りから選ぶことができます。

フォトビー|いつもの写真を使って、いつもと違うビールを贈ろう。

手作りビールが体験できる工房

手作りビールを自宅で作るスペースがない人や、初めてビール作りにチャレンジする人は『手作りビールの体験工房』を訪れるのも一つの方法です。

工房では、必要な道具や材料が全て用意されているので、料金を支払って手作り体験に参加するだけです。でき上がったビールは、自宅へ配送してもらえます。

工房によっては、先着順、抽選など申し込み方法が異なるので、しっかりと事前に確認しておきましょう。ここでは、首都圏近郊にある手作りビールが体験できる工房を3軒紹介します。

横浜 キリンビール ビールづくり体験教室

キリンビールが開催する『ビールづくり体験教室』では、ビールができるまでの製造工程を勉強した後、実際に自分たちでビール作りの最初の工程『仕込み』までを行います。1組につき小瓶(330ml)×10本です。

作るビールの種類は、ピルスナー、エールなど全7種類から好みで選べます。発酵、瓶詰め、熟成を経て、完成したビールが配送されるまでの期間は、約6週間です。

申し込み方法は、キリン公式オンラインショップ『キリンDRINX』に会員登録し、体験教室の販売期間中に希望日時、ビールの種類を指定して申し込みます。受付は先着順です。

  • 施設名:キリンビール 横浜工場 ビールづくり体験教室
  • 住所:神奈川県横浜市鶴見区⽣⻨1-17-1 キリンビール(株)横浜工場
  • 連絡先:045-503-8250
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 定休日:月曜
  • 料金:1組2名1万円(ビール代、配送費、昼食代含む)
  • 公式HP

那須 サッポロビール 手づくりビール工房

サッポロビールの『手づくり ビール工房』は、ビールの仕込から発酵(酵母を入れるまで)の工程を、熟練指導者のもとで分かりやすく体験できる工房です。

最初に40分ほどビールの製造方法や手作りビールの作業法の説明を受けた後、実際に自分たちで仕込、ホップ添加、麦汁冷却、酵母添加までの一連の作業を約6時間かけて行います。

サッポロビールのスタッフによって発酵、熟成して完成したビールは、約1カ月後に自宅に配送されます。

工房で製造するビールの量は、1組につき330ml瓶×24本です。郵便またはwebから応募可能ですが、参加希望者が多数の場合には抽選で決定されます。

  • 施設名:サッポロビール 那須 森のビール園 手づくりビール工房
  • 住所:栃木県那須郡那須町高久甲4453−49
  • 連絡先:0287-60-0331
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:土曜、日曜、祝日
  • 料金:1グループ2名の場合 1人8000円、3名の場合 1人6000円、4名 の場合1人5000円
  • 公式HP

茨城 木内酒造 手造りビール工房

『常陸野ネストビール』を手掛ける木内酒造の『手造りビール工房』では、アルコール度数5~8%のエールビールを好みに合わせて作れます。全4種類のビールを試飲し、1~4種類を選んで1回の体験で作れる点も魅力的です。

自分が撮った写真やイラストのデータを渡せば、工房側でラベル用紙にプリントアウトし、ビールの配送と一緒に送られてきます。そのため、世界に一つだけのオリジナルビールが作りたい人におすすめです。

1回で作れる量は1種類330ml瓶45本(15l)、最大4種類60lまでとなっています。価格は、作るビールの種類の数と、容量によって変わるため、詳細はHPを確認してください。

  • 施設名:木内酒造 常陸野ネストビール 手造りビール工房
  • 住所:茨城県那珂市鴻巣1257
  • 連絡先:029-270-7955
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 料金:2万5515~10万800円(容量・本数・日程等で変動)
  • 公式HP

手作りでひと味違うビールを楽しむ

キットを利用すれば、自宅で簡単にビールを手作りすることが可能です。もっと手軽に手作り感覚を味わいたい人は、ビール瓶のラベルをオリジナルにするサービスを利用するのも良いでしょう。

また、ビール会社が運営する手作り工房ならば、材料を一から用意することなく、ビールの手作り体験ができて便利です。手作りでひと味違ったビールを楽しんでみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME