登山に一眼レフを持っていこう。カメラやツール選びのポイントを紹介

2019.09.27

登山に一眼レフを持っていくと、日常生活では出会えないロケーションでの写真撮影を楽しめます。登山にカメラを持っていく際には、知っておきたいポイントや注意点があります。カメラ選びについてもチェックしていきましょう。

山でしか撮れない写真を記録しよう

一眼レフカメラが活躍するロケーションはたくさんあります。特に山は一眼レフカメラでの撮影にぴったりです。まずは、山での撮影の魅力についてご紹介します。

日常で目にできない被写体を撮影できる

山には、日常生活では見られない景色があふれています。山の木々は季節ごとに色合いを変え、珍しい野生の動物も発見することもあるでしょう。

四季の移ろいが鮮やかに現れる山には、日常生活の中では見る事のできない被写体が豊富です。例えば『雲海』はその一つです。高い山からでしか望めない、海のように広がる雲には息をのむばかりです。

都会の喧騒の中では体感できない自然の素晴らしさを、カメラに収めてみてはいかがでしょうか。

大自然が生む絶景や高山植物

日本には名峰と呼ばれる山がいくつもあり、それぞれに魅力にあふれています。山の頂上付近に湖ができているところもあれば、珍しい高山植物が咲いている山など、場所によって見られる自然も異なります。雄大な自然がはぐくむ景色はどれも絶景です。

登山向けの一眼レフカメラの選び方

ひとくちに一眼レフカメラといっても、シチュエーションによって適した種類があります。登山においてはどのような一眼レフカメラが適しているのか選び方のポイントを紹介します。

携行しやすい軽量コンパクトタイプが最適

登山で使用するカメラ選びで重要視されるポイントが『携行性』です。持ち運びしやすい一眼レフカメラを選ぶことが大切といえます。

登山は、撮影抜きで登るだけでも様々な準備が必要なアウトドアスポーツです。そのため登山した際の風景を撮影することをメインに購入するのであれば、できる限り登山の負担にならない軽量でコンパクトなモデルを選ぶと良いでしょう。

広角レンズがおすすめ

広がる山並みなど、パノラマを迫力ある写真に収めたい時に適しているレンズが『広角レンズ』です。広角レンズは通常のレンズに比べて横に広く撮影できます。

ピントの合う範囲が広いのも広角レンズの特徴です。例えば、広角レンズを使うと、花などの被写体をメインにして背景に広がる空山を鮮明に写すこともでき、撮影の幅が広がります。

撮影を快適にするツールも準備

山で撮影するときには、持っておくと撮影が快適になるツールがあります。

カメラを持ち運びやすいザック選び

カメラをザックに入れて持ち運びたいときには、カメラの収納を考えて作られた専用ザックが便利です。カメラだけでなく、レンズなどのアイテムを小分けに入れられるように設計されており、撮影をサポートしてくれます。

カメラの持ち運びを前提に作られているため、カメラが取り出しやすくシャッターチャンスを逃がしません。カメラを携行しない登山においても活用できるアイテムですので、一つあると重宝します。

三脚があると便利

近年、手ブレ補正機能が搭載されている一眼レフカメラも多く登場しています。しかし、もっとも手ブレを軽減できるアイテムが『三脚』です。

足場の悪い岩場などでもカメラを固定できるため、希望の構図で撮影するのに役立ちます。

三脚を選ぶときには、重量に注意しましょう。三脚は、大きいサイズから小さいサイズまで幅広く揃えられていますが、素材によってどれも重さが異なります。

登山に向いていない重いものも多いので、実物を持って重量を把握してから購入するのがおすすめです。

山で写真撮影をする際の注意点

山で写真撮影をするときには、知っておきたい注意点があります。注意点も守って、美しい山の景色をカメラに収めましょう。

マナーを守って撮影する

山で写真撮影をするときは、他の登山者に迷惑をかけないようマナーを守ることが大切です。例えば、登山道の真ん中で撮影をしたり、ほかの登山者に機材が当たったりしないように注意を払うようにしましょう。

また、素晴らしい景色が見えたとしても、登山道から外れた場所での撮影もNGです。登山道を外れると危険な場所も多くあり、転倒・滑落の危険もあります。危険を回避して撮影するのも一つのマナーといえます。

破損に備え保険に入っておくのもおすすめ

登山では木々の根が張り巡らされた道や、岩が多い場所を通ることもあり、転倒の危険がつきものです。転倒をして高価な一眼レフカメラを落とし、壊してしまう可能性もあります。

そのため万が一に備え、転倒して破損した場合などのために、保険に入っておくのがおすすめです。数百円で加入でき、破損した携行品を補償してくれるので、安心して登山での写真撮影に臨めます。

一眼レフを持って登山に出かけよう

山には、日常生活では目にできない魅力的な風景が広がっています。平地での撮影に慣れたら、山での撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME