コロンビア産最高品質の「エメラルドマウンテン」。名前の由来や味の特徴は?

2019.09.27

エメラルドマウンテンはコーヒーの品種の中でも特に有名な銘柄です。「エメマン」と聞くと缶コーヒーを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?この記事ではコーヒーの宝石「エメラルドマウンテン」についてご紹介します。

みんな知ってるエメラルドマウンテンとは?

エメラルドマウンテンといえばコーヒーだということがすぐに分かりますが、意外とその特徴を語れる方は多くはないのではないでしょうか?明日話したくなるエメラルドマウンテンの知識をご紹介していきます。

エメラルドマウンテンの産地は?

エメラルドマウンテンはコロンビアで栽培されているコーヒーです。「朝晩の寒暖差が激しく、栄養価が高い火山灰性」というコーヒー栽培に非常に適したアンデス山脈のふもとで育てられています。急斜面が多いため機械を使うことが難しく、手作業で丁寧に育てられています。

コロンビアで栽培されているコーヒーの中で、わずか3%未満しか採れないエメラルドマウンテン。FNC(コロンビア国立コーヒー生産者連合会)の厳しい審査を受けて、認定されたものだけが、エメラルドマウンテンと名乗ることができるのです。エメラルドマウンテンと認定されるコーヒーは、コーヒー豆が均等にそろっており、欠点豆はほとんどなく1%以下と言われています。

エメラルドマウンテンの名前の由来

希少価値の高いエメラルドマウンテンのエメラルドは、コロンビアの特産である宝石の「エメラルド」から、マウンテンはアンデス山脈で採れることから「マウンテン」にちなんでつけられているのです。宝石のような高価なコーヒー豆にふさわしい名前と言えるでしょう。

エメラルドマウンテンはどんな味?

エメラルドマウンテンは、甘味が強いのが特徴です。苦味はあっても角のない柔らかなほろ苦さでとても飲みやすく、深いコクと甘味の余韻を感じることのできるコーヒーです。酸味も控えめなので、酸味が強いコーヒーが苦手な人にもおすすめです。甘い花の蜜のような芳醇な香りが美味しさを引き立ててくれます。

エメラルドマウンテンをおいしく飲もう

コロンビアの最高品質のエメラルドマウンテンをおいしく淹れる方法をチェックしていきましょう。

おいしく飲める焙煎の仕方

エメラルドマウンテンはミディアムローストからフルシティローストの深煎りがおすすめです。特徴的な甘味の中にバランスよく苦味と酸味を感じることができます。

お湯は少し高めの85℃以上がおすすめです。高温で淹れた場合はキレのある酸味も楽しむことができます。酸味は苦手で甘いエメラルドマウンテンが飲みたい方は少し低めの温度でじっくりと抽出すると、まるでミルクチョコレートのような濃厚なエメラルドマウンテンが完成します。

ミルクや砂糖と相性抜群

エメラルドマウンテンは、もちろんそのままブラックで味わってもおいしいですが、ミルクや砂糖とも相性がいいコーヒーです。またチョコレートのような甘さと例えられるだけあって、チョコレートと一緒にブラックで飲むのも相性がよくおすすめです。

ジョージアのエメラルドマウンテンもおいしい

(画像はイメージ)

エメラルドマウンテンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、コカ・コーラの青い色の缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」ではないでしょうか。加糖タイプの缶コーヒーですが、カロリーも控えめなのがうれしいです。加糖なので香りは弱めですが、コーヒーの苦味とほどよく甘いミルクのバランスがよく、後味すっきりの缶コーヒーです。

  • ジョージアエメラルドマウンテンブレンド

https://www.georgia.jp/product/emerald.html

エメラルドマウンテンでほっと一息

エメラルドマウンテンは、甘さが強いコーヒーなので、苦いコーヒーや酸味が強めのコーヒーが苦手という人にもおすすめです。希少性の高い高級品質の豆ですので決して安くはないですが、自分へのご褒美として特別なカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME