卓球用リュックを活用してみよう。機能性やデザインをチェック

2019.09.27

卓球の試合や練習に行くときは、荷物をまとめて入れられるリュックがあると便利です。卓球用のリュックにも大きさや機能などさまざまな違いがあるので、用途に合うものを選びましょう。卓球リュックを選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。

卓球用リュックの選び方

一口に卓球用のリュックと言っても、容量やデザイン、機能などによって、さまざまなタイプの商品があります。

このため、試合に参加するときと、会社帰りに軽く卓球を楽しむときとでは、リュックの選び方も変わってきます。

まずは自分の用途に合うリュックを選ぶコツについて、みていきましょう。

試合に出るなら容量を確認

ラケットやシューズ、トレーニングウェアなど、卓球に必要なアイテムは意外にたくさんあります。

とくに試合に出るときは、スペアのラケットやサイドテープ、クリーナーなどのメンテナンス用品、ユニフォームなど、持ち歩きたいアイテムが一気に増えます。汗をかきやすい夏は大きな水筒やタオル、冬はウォームアップウェアなど、季節によってはさらに荷物が増えることも考えられます。

一つ一つは小さくても、すべてまとめて収納することを考えると、リュックの容量は大きいほうが安心です。

リュックを買うときは、自分が持ち歩きたいアイテムがきちんと入るかどうかを、必ず確かめるようにしましょう。

シューズを入れられるものが便利

大容量のリュックは荷物をまとめられる点では便利ですが、どうしても中の物を探しにくくなります。とくに卓球の道具は小さなものが多いので、どこに何を入れたのかわからなくなりがちです。

貴重品やボールなどの、こまごまとしたアイテムを分けて入れられるように、ポケットがたくさん付いているものを選びましょう。

また、シューズ専用の収納スペースがあれば、卓球シューズをほかの荷物と分けて入れられます。靴底がほかの荷物に触れる心配がなく、すぐに出せるため、試合会場で靴を履き替えるときもスムーズです。

リュックを生産している卓球用品メーカー

次に、卓球用リュックを製造・販売している主なメーカーを3社紹介します。いずれも卓球を知り尽くした人気の卓球用品メーカーです。

卓球プレーヤーにとって、痒いところに手が届く、使い勝手のよいリュックがきっと見つかるでしょう。

ニッタク

『ニッタク(日本卓球株式会社)』は、石川佳純選手や伊藤美誠選手など、日本のトッププロ選手が多く在籍している国内有数の卓球用品メーカーです。

とくにボールの品質がよく、同社の『プラ3スタープレミアム』はオリンピックや世界選手権などの公式ボールにも、よく採用されています。

リュックやラケットケースなどの小物類も、卓球の練習や試合で使いやすいように工夫されたものばかりです。

Nittaku(ニッタク)日本卓球

ミズノ

世界的なスポーツ用品メーカーである『ミズノ』は卓球用品の製造・販売にも力を入れています。2019年度は、女子日本代表のオフィシャルウェアのサプライヤーに選ばれているほどです。

契約選手には、最近めざましい活躍を見せている平野美宇選手や、2018年の世界卓球で日本代表に選出された大島祐哉選手などがいます。

長年にわたりさまざまなスポーツをサポートしてきた実績とノウハウを活かし、使いやすい製品が豊富にそろっているのが特徴です。

リュックやバッグなどの関連アイテムもたくさんあり、性別や年代にぴったりのものが選べます。

卓球│ミズノ – MIZUNO

STIGA

『STIGA(スティガ)』はスウェーデンの老舗卓球用品メーカーです。北欧産の木材を丁寧に加工した上質なラケットが人気で、ほかにもラバーやユニフォームなどの卓球用品を製造・販売しています。

2019年4月の時点で世界ランキング1位の樊振東(ファン・ジェンドン)や、2位の許昕(シュー・シン)といった、中国の男子トップ選手と契約しており、近年日本でも知名度が高まっています。

ウェアやバッグ類には落ち着いたデザインのものが多く、スタイリッシュなリュックをお探しの方におすすめです。

STIGA Japan

おすすめの大容量リュック

ここからは、おすすめの卓球用リュックを具体的に紹介します。

大きなリュックがあれば、卓球に必要なアイテムはほとんど入ります。シューズやラケットを入れてスタンバイしておくことで、忘れ物防止にもなります。

試合にたくさん出たり、毎日練習に行く場合は、卓球専用の大きなリュックを一つは用意しておくのがおすすめです。

まずは卓球用品メーカーから発売されている、大容量リュックを4点、みていきましょう。

ニッタク ハニカムデイパック

『ニッタク』の『ハニカムデイパック』は、軽くて丈夫なハニカム生地を使った大容量の卓球リュックです。メイン収納部の背面に、シューズケースがそのまま入る大きなポケットが付いています。

フロント部分のポケットはA4サイズの書類を折らずに出し入れできるので、練習ノートや対戦表などの持ち歩きに便利です。

折りたたみ傘や小物の収納に便利なファスナーポケットや、500mlのペットボトルが入る両サイドのオープンポケットもあり、バラバラになりがちな荷物を効率よく収納できます。

黒にブルーのパイピングと、大きなNittakuのロゴが爽やかです。

  • 商品名:ニッタク ハニカムデイパック
  • 価格:5839円
  • Amazon:商品ページ

ミズノ バックパック 83JD8010

『ミズノ』の『バックパック 83JD8010』は、背面にラケットケース収納ポケットが付いている、卓球専用リュックです。サイドにもファスナーがあるので、上からも横からもラケットケースを出し入れできます。

底の部分がシューズ入れになっているほか、ボールケースをぶら下げるのに便利なDカンも付いています。

必要な道具を、スムーズに取り出すことに重点を置いて作られた製品です。

  • 商品名:ミズノ バックパック 83JD8010
  • 価格:7016円(税込)
  • Amazon:商品ページ

andro バックパック ムンロ

ドイツの大手卓球用品メーカー『andro(アンドロ)』の『バックパック ムンロ』は、どんなウェアにも合うグレー×ブラックのシックなデザインが特徴です。

ボックス型で、開口部のファスナーが大きく開くので、荷物の整理や出し入れがしやすくなっています。

卓球の試合だけでなく、旅行や出張など、幅広いシーンで活用できそうです。

  • 商品名:andro バックパック ムンロ
  • 価格:7452円(税込)
  • Amazon:商品ページ

VICTAS 卓球バックパック

日本の有名卓球用品メーカー『VICTAS(ビクタス)』の『卓球バックパック』は、開口部がロール式になっていて、荷物の量に合わせてサイズを調整できるのが大きな特徴です。

シューズポケットやフロントポケットなどの、卓球リュックに必要な基本的な機能がすべてそろっているほか、握りやすい持ち手が付いているので手提げとしても使えます。

また、表の生地には軽い撥水加工が施されていて、急な雨でも慌てずにすみます。黒い生地に、鮮やかなブルーのロゴマークが印象的なリュックです。

  • 商品名:VICTAS 卓球バックパック
  • 価格:1万303円(税込)
  • Amazon:商品ページ

タウンユースもできる小さめリュック

大容量のリュックは試合や合宿に行くときはとても便利ですが、普段の練習には大きすぎて、逆に使いにくく感じることもあります。

会社帰りにスポーツクラブに寄ったり、近所の卓球場に通ったりするときのために、もう少し小ぶりなリュックもあると重宝するでしょう。

練習への行き帰りはもちろん、タウンユースにもぴったりの、おしゃれな小さめリュックを2点紹介します。

STIGA リーグリュックサック

『STIGA』の『リーグリュックサック』は、余分な装飾のないすっきりしたフォルムが印象的なリュックです。

両サイドに、鍵やスマートフォンなどを入れるのに便利な、小物用ポケットがさりげなく付いています。

かぶせタイプの蓋が大きく開くので、荷物を見つけやすく、出し入れも簡単です。黒を基調とした落ち着いたデザインは、短期間の旅行や出張にも適しています。

  • 商品名:STIGA リーグリュックサック
  • 価格:5508円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ ラドフィン・リュック

バタフライは水谷隼選手や張本智和選手など、人気のプロ選手が在籍している日本有数の卓球用品メーカーです。

『バタフライ』の『ラドフィン・リュック』には、なんとパソコン用のポケットやペンホルダーが付いています。練習場にパソコンやタブレットを持って行きたいときに、とても便利です。

ロゴマークが控えめな、シンプルなデザインなので、通勤や通学用リュックとしても使えます。落ち着いた黒と、カジュアルなネイビーの2色から選べます。

  • 商品名:バタフライ ラドフィン・リュック
  • 価格:4489円(税込)
  • Amazon:商品ページ

卓球にも使えるスポーツブランドのリュック

卓球用品メーカーの製品以外にも、使い勝手のよいリュックはたくさんあります。最後に有名スポーツブランドの製品から、収納力があり、卓球にもおすすめのリュックを2点紹介します。

adidas OPS バックパック

『adidas(アディダス)』の『OPSバックパック』は、シューズやウェアと一緒にバスケットやサッカーのボールも収納できるほど大容量の、スポーツ用リュックです。

プロのスポーツ選手の意見をフィードバックさせて開発しているため、細かい部分にまで配慮が行き届いています。

たとえば底のシューズポケットにはデオドラント機能があり、脱いだ靴をすぐに入れてもニオイが気になりません。さらに予備の靴や汚れものを入れられる、追加ポケットまで付いています。

スマートフォンの画面や眼鏡に傷がつかないよう、上部の小さなポケットの内側には布が貼られていたり、背面にパソコン収納スペースを設けたりと、ビジネスやタウンユースにも適したオールマイティなリュックです。

  • 商品名:adidas OPS バックパック
  • 価格:9012円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ナイキ スポーツ バックパック

『ナイキ』の『スポーツバックパック』は、ワンタッチで開閉できるベルクロテープが特徴のリュックです。口がワイドに開くので、大きな荷物も簡単に出し入れできます。

シューズポケットやフロントポケット、サイドのドリンクホルダーなど、卓球リュックとしても充分な機能がそろっています。

真っ黒な本体に、赤いファスナーストラップがアクセントになったスタイリッシュな見た目もポイントです。

  • 商品名:ナイキ スポーツ バックパック
  • 価格:5800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

用途にあった卓球リュックを探そう

おしゃれで使いやすいリュックがあれば、試合や練習に行くのが楽しみになります。愛用のラケットやシューズを詰め込んで、颯爽と出かけましょう。自分の用途にぴったりの、かっこいい卓球リュックを探してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME