アイスクリームの歌が人気?アイドルからボカロまで一挙にご紹介

2018.11.06

歌のタイトルや歌詞に、食べ物が登場するということはあまりありませんが、アイスクリームが出てくる歌は多くあります。元気な歌から切ない歌まで、いろいろな場面で使われるアイスの魅力とアイスが登場する人気曲を紹介します。

日本人はアイスが大好き

日本では、季節ごとにいろいろな味のアイスクリームが販売されています。珍しいアイスショップができるとテレビや雑誌に取り上げられて、連日大行列となるのが当たり前の光景です。

子どもはもちろん、大人でも毎日アイスを食べているという人は少なくありません。最近では、インスタ映えを狙って各地のアイスを食べ歩くのも流行しています。

日本人はどのくらいアイスが好きなのか、具体的にわかるデータなどをみていきましょう。

アイスが好きな人が78%

2017年にインターネットプロバイダーの@niftyが会員に対して行った、アイスの好き嫌いに関するアンケート調査によると、アイスが好きと回答した人は78%と非常に多いことがわかりました。

それに対してアイスが嫌いな人は、たったの1.3%です。日本人のほとんどが、アイスが好きか、少なくとも嫌いではない、ということになります。

また、2016年に総務省が行った家計調査で、都道府県別の1世帯当たりのアイスに消費した金額をみてみると、もっとも高いのは石川県で1万480円、2番目は富山県で9780円と、北陸地方でよく買われているようです。

南国でアイスをたくさん食べていそうな沖縄県は、最下位と意外な結果となっています。それでも1世帯当たり年間で6566円消費しているのですから、やはり日本人は日常的にアイスをよく食べているといえるでしょう。

アイスクリームが大好きなマニア団体がある

日本には、アイスクリーム好きな人が集まる団体もあります。その名も『日本アイスマニア協会』です。独自のアイスマニア検定を実施しており、合格しないと会員になれません。

会員になると、限定の試食会などに参加することができます。アイス好きを自負している人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、ホームページにはアイスの新製品レポートなども掲載されていて、見ていると思わず買いに行きたくなってしまうほどです。

一般社団法人 日本アイスマニア協会

歌いながらアイスを作ってくれる店がある

アメリカ発のアイスクリームチェーン店『コールドストーンクリーマリー』では、なんとクルーが歌いながらアイスを作ってくれるサービスがあります。

歌のレパートリーはなんと50曲以上あり、誕生日や記念日などのリクエストをすることもできます。歌を歌うことで、アイスを買って食べるという単純な行為にエンターテインメント性を持たせ、より楽しい時間として提供しているのです。

ほかにも、注文を自分好みにカスタマイズできたり、冷たい石の上でアイスを作る様子を目の前で見ることができたりと、ほかのアイスショップにはない特別な体験ができることで大変人気があります。

コールドストーンクリーマリージャパン | Cold Stone Creamery Japan

パートで分かれてみんなで歌えるアイス曲

アイスクリームにはバニラ、チョコレート、ストロベリーなどいろいろな味があり、色もさまざまです。そのためアイスの曲と言えば、たくさんの人数で歌える楽しい曲をイメージすることも多いですね。

また、みんなが好きなので、男性も女性も関係なく歌えるのがアイス曲のいいところです。そんなイメージにぴったりの、カラオケなど大勢で盛り上がれるアイス曲を紹介します。

初恋を感じさせる関ジャニ∞ユニット

関ジャニ∞の錦戸亮と安田章大のヤンマーコンビによる『アイスクリーム』は、アイスが大好きだった子どもの頃の思い出とも、アイスを初恋の女性に見立てたともとれる、ほのぼのとした歌詞が可愛い曲です。

パートに分かれて歌えば、それぞれのアイスや初恋の思い出に浸ることができるでしょう。2014年リリースのアルバム『関ジャニズム』のdisk2に収録されています。

  • 商品名:関ジャニズム
  • 価格:2,853円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ポップで元気なHey!Say!JUMP

Hey!Say!JUMPの八乙女光が作詞作曲を手がけた『アイ☆スクリーム』は、とにかくポップでノリのいいライブ向きの曲です。

タイトルのアイ☆スクリームは『僕は叫ぶ』という意味で、歌詞の中にもアイスクリームという単語は出てこないのですが、食べると元気が出るアイスと同じように、この曲をみんなで歌って踊ればきっと元気になれることでしょう。

2010年リリースのアルバム『JUMP NO.1』の収録曲です。

  • 商品名:JUMP NO.1
  • 価格:3,450円(税込)
  • Amazon:商品ページ

歌詞も曲も個性豊かなアイス曲

甘いアイスクリームには、上手くいかない恋や味気ない日々を、きっとなんとかしてくれるのではないか、という淡い期待が込められることも多いようです。

個性的な歌詞や曲調で人気のグループが歌う、印象に残るアイス曲をみていきましょう。

切ない男女の距離感を歌ったスキマスイッチ

スキマスイッチの13枚目のシングル『アイスクリーム シンドローム』は、友だち関係からなかなか距離を縮められない、男女のもどかしさを描いた曲です。

夏をイメージする爽やかなメロディと、歌詞中に出てくる甘いアイスが、かえって恋の切なさを強調しているように感じます。アルバム『musium』にも収録されています。

  • 商品名:musium
  • 価格:3,032円(税込)
  • Amazon:商品ページ

虚しさから向き合うamazarashi

ロックバンドamazarashiの『アイスクリーム』は、2012年にリリースされたアルバム『ラブソング』に収録されています。

日常の中でふと感じる虚しさを、アイスクリーム屋の看板を見て捨てようと決めるラストの歌詞がとても印象的です。梅雨明けのからりとした夏の天気が待ち遠しくなる曲です。

  • 商品名:ラブソング
  • 価格:2,119円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ダンスが見ごたえありの恋曲 lol

ダンス&ボーカルユニットのlol(エルオーエル)の『ice cream』は2018年3月にリリースされた、新しいアイス曲です。

出会いの季節や恋の始まりのときに誰もが感じるような、不安と期待の入り混じった気持ちを、アップテンポな曲調で前向きに変えてくれます。

若い人だけでなく、最近元気がないと感じている大人にもおすすめです。5人のキレキレのダンスもとても見ごたえがありますよ。

  • 商品名:ice cream/ワスレナイ
  • 価格:1,743円(税込)
  • Amazon:商品ページ

色っぽ可愛いアイス曲

甘くて冷たいアイスクリームは、若い女性の澄んだ歌声にもよく似合います。人気アイドルグループから実力派ヴォーカリストまで、女性が歌うアイス曲を紹介します。

透明感溢れる歌声 TWICE

韓国のアイドルグループTWICEの『Melting』(とろける)は、透明感のある歌声と愛する人への切ない気持ちを表現した歌詞が心に響くバラードです。

恋人への熱い想いをアイスがとろけてしまう様子に重ね合わせています。寒い冬に暖かい部屋の中で聴きたくなる曲です。

アルバム『TWICEcoaster: LANE 2』の2曲目に収録されています。

  • 商品名:TWICEcoaster: LANE 2
  • 価格:1,811円(税込)
  • Amazon:商品ページ

夏曲らしく爽やかなAKB48

AKB48の『フライングゲット(Type-B)』に収録されている『アイスのくちづけ』は、2011年にリリースされ、江崎グリコの人気商品『アイスの実』のCMに使われた曲です。

このとき登場した新メンバーが、実は人気メンバー6人の顔を組み合わせて作ったCGだったという斬新な企画が当時話題となりました。

タイトルからも可愛さと爽やかさ、そしてほんのりとしたセクシーさを感じることができ、いかにも夏らしいアイス曲となっています。

  • 商品名:フライングゲット(Type-B)
  • 価格:1,638円(税込)
  • Amazon:商品ページ

美しいハーモニーを歌うYUKIバンド

JUDY AND MARYのヴォーカリストだったYUKIが歌う『勇敢なヴァニラアイスクリーム』は、スコットランド出身の女性デュオ『ストロベリー・スウィッチブレイド』の曲をイメージして作られました。

ヴァニラアイスクリームの白い色とぶれないおいしさが、何事にも一生懸命で力強く生きていく女の子を表現しており、印象に残ります。

YUKIらしい、パンチのあるハイトーンな声もアイスにぴったりですね。アルバム『megaphonic』の2曲目に収録されています。

  • 商品名:megaphonic
  • 価格:2,518円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ボカロが歌うアイス曲

ボカロでも、アイスクリームがタイトルになっている曲がいくつかあります。デジタルな音源で作られる、現実離れした世界観にもアイスはしっくり馴染みます。

そんなボカロによるアイス曲を3つ紹介します。

軽快に紡がれる可愛いGUMI

ぽてんしゃる0さんが作詞作曲したGUMIの『アイスクリーム』は、軽快なテンポと面白い歌詞がクセになる、可愛い曲です。

人間が歌うと舌がもつれてしまいそうな速い曲調が、いかにもボカロらしく仕上がっていて、シュールな女の子のイラストも曲や歌詞に絶妙にフィットしています。

ファーストアルバム『吟風弄月』にも収録されています。

タイトルと曲調のギャップがいいKAITO

青雲Pさん作、KAITOの『燃えろアイスクリーム』は、激しいイメージのタイトルや歌詞からはとても想像できない、のんびりした曲調についハマります。

アイスがなかなか溶けなくて食べることができないという、誰もが一度は体験したことがあるような歌詞で、なぜかとても懐かしい気持ちになります。2008年にニコニコ動画に投稿されました。

【KAITO】燃えろ!アイスクリーム【オリジナル】 – ニコニコ動画

不思議な世界に迷い混みそうな初音ミク

ゆずひこさんが手がけた初音ミクの『スウィートデコラアイスクリームホリック』は、一度聴くと不思議な世界に引き込まれ、戻ってこられなくなってしまいそうな曲です。

透明な歌声と独特のテンポ、動画のイラストが見事にマッチして、アイスの誘惑からはもう逃れられないと覚悟してしまうかもしれません。こちらは2012年にニコニコ動画に投稿されました。

【初音ミク】スイートデコラアイスクリームホリック【オリジナル】 – ニコニコ動画

アイスといってもテンポも曲調もバラバラ

アイスクリームは、実にいろいろな歌に登場しています。そのテンポや曲調はバラバラですが、どの曲もアイスクリームが出てくることで、元気になったり懐かしい気持ちになったりすることができます。

みんなが好きで、いろいろな味があるアイスだからこそ、このようなことができるのでしょう。そんな不思議な効果を持つアイスの歌ですから、聴いたり口ずさんだりすることで、きっと生活が楽しくなりますよ。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME