日本でも人気の「コロンビアコーヒー」。美味しさの秘密とは?

2019.09.25

コロンビアコーヒーといえば日本でも有名なコーヒーです。ブラジルやエチオピアと合わせて、知っている人も多いのではないでしょうか?コロンビアコーヒーはなぜ日本で人気なのか?その特徴や味わいなどを紹介します。

コロンビアってどんな産地?

まずは、コロンビアコーヒーがどのような環境で栽培されているかを紹介します。

世界第三位の生産量

コロンビアは、世界でも有数のコーヒー生産大国です。日本の約3倍もある国では雨季と乾季のバランスがよく、火山灰を多く含む土壌であることで水はけも良くなります。他にも、昼夜の温度差が大きくなどの環境条件も良く、総じてコーヒーの栽培に適した国なのです。

さらには、国土が広いことから各地で雨期・乾期が異なり、1年を通してコーヒー豆を収穫できます。

それらコーヒー豆の栽培に恵まれていることから、多くのコロンビア人はコーヒー豆の生産に関する仕事に関わっています。その甲斐もあってか、世界第三位のコーヒー豆生産量を誇るようになりました。

ちなみに、コーヒー豆の栽培に適した環境が、2011年に「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」として世界文化遺産に登録されています。

コロンビアコーヒーの3つの地域

コロンビアでは、国土が広いため地域によって気温や標高といった栽培環境が異なります。そのため、地域によって香りや味わいに特徴が出るのです。

栽培地域は、大まかに「北部」「中部」「南部」の3つに分けられます。

北部

北部は、柔らかな酸味があるのが特徴です。標高は約900~1,300mほどあり、コクのある味わいに仕上がります。

中部

中部は、バランスのととれた味わいが特徴です。標高は高く1,300m~1,700mに位置しており、年間を通して小尾水量が多いのが特徴です。香りもしっかり感じられ、万人向けのバランスのとれたコーヒーといえるでしょう。

南部

南部は、キレのある強い酸味が特徴です。標高は1,800m~2,300mとさらに高くなり、気温が低くなります。ゆっくりとコーヒー豆が熟成することにより、キレのある酸味と甘い香りのコーヒー豆が育ちます。

コロンビアコーヒーの等級分け

コロンビアコーヒーが人気な理由は「ただ美味しい」というわけではありません。美味しいコロンビアコーヒーを提供するため、様々な努力がされています。

Almacaféによる厳しい審査

「Almacafé(アルマカフェ)」とは、コーヒーの品質保全や国内輸送などを品質管理セクションのことです。

コーヒー豆を海外に輸出する際には必ずAlmacaféの審査が必要となり、異臭の有無、異物混入の有無、欠損豆の混入率など、計7つの品質検査に合格しなければ輸出することができないようになっています。

検査は機械で行うだけではなく、検査内容によっては人の目で見て確認するなど、細心の注意がされています。

徹底した管理・審査体制が整っているからこそ、海外に輸出されるコーヒー豆は品質が良く、「美味しい」といわれる所以なのです。

スクリーンサイズによる等級分け

審査の一つに「スクリーンサイズによる等級分け」があります。スクリーンサイズとはコーヒー豆の大きさのことで、大きいほど等級は高く、高級なコーヒー豆になります。

スクリーンサイズ「18」の「エクセルソ プレミアム」を筆頭に、「17」の「エクセルソ スプレモ」。「16」の「エクセルソ エクストラ」と続き、全7等級に分類分けされます。

そして、最も量が多くランクが低い「13以下」のコーヒー豆は、すべて国内で消費し、輸出しないように管理するのです。

コロンビアコーヒーの品質が良い理由は、品質の良い豆を優先的に輸出しているからといえるでしょう。

コロンビアコーヒーはどんな味?

コロンビアコーヒーは栽培する地域によって味や香りが変わりますが、同じ珈琲豆ですので基本となる部分は同じといえます。

コロンビアコーヒーはどのような味わいがするのでしょうか?

苦みと酸味が混じるコロンビアコーヒー

コロンビアコーヒーは、苦みと酸味が同時に味わえる、バランスのとれた味わいが特徴です。コクはあるけど癖は無く、上品でスッキリと飲むことができます。

また、コロンビアコーヒーは甘みのある香りも特徴的で、フルーティな香りを楽しむことができるでしょう。

栽培地域によって味も香りも変わりますが、コロンビアコーヒーのバランスがとれた味わいを楽しみたいのなら、中部地方のコーヒー豆がおすすめです。

おすすめのコロンビアコーヒーの飲み方

コロンビアコーヒーは、シティローストで焙煎するのがおすすめです。コロンビアコーヒー特有のバランスのとれた味わいを崩すことなく味わえます。

また、浅く焙煎すれば酸味が強くなり、甘い香りも引き立ちます。逆に深く焙煎すれば、コクのある苦みを楽しむことができるでしょう。

まずは、コーヒーの味をしっかり感じられるストレートでお試しください。

ばいせん工房 珈琲倶楽部 エメラルドマウンテン

  • 商品名:ばいせん工房 珈琲倶楽部 お好みの焙煎 エメラルドマウンテン コーヒー豆200g
  • 参考価格:1,355円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

エメラルドマウンテン 《フルシティロースト》 土居珈琲

  • 商品名:エメラルドマウンテン 《フルシティロースト》 【細挽き】 土居珈琲 200g
  • 参考価格:3,089円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

美味しさの秘密は管理と審査にあり

コロンビアコーヒーが美味しい理由は、厳密な検査によって品質の良いコーヒー豆を輸出しているからです。

コーヒーの栽培に適した環境により、コクのある美味しいコーヒー豆ができるのはもちろんですが、そこから選りすぐった厳格な品質基準こそ、コロンビアコーヒーが世界に名を轟かせることになった最大の要因でしょう。

コロンビアコーヒーの美味しさは、コロンビアの絶え間ない努力によるものです。慣れてきたら地域による味の違いを比べてみるなどして、ぜひコロンビアコーヒーを堪能してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME