大英博物館のユニークなお土産をピックアップ!実は通販でも買える

2019.09.25

イギリスに行ったならぜひ訪れたい場所の一つである「大英博物館」。大英博物館は様々な芸術品だけではなく、ユニークなお土産があることでも知られています。大英博物館に行く人にチェックして欲しいユニークなお土産をピックアップしてご紹介します。

大英博物館のお土産で人気のロゼッタストーンシリーズ

大英博物館にある数多くのお土産のうち、人気のシリーズとしてロゼッタストーンシリーズがあります。

ロゼッタストーンとは紀元前のエジプトで作られたという文字が掘られた石板の一部のこと。ヒエログリフやエジプト語の翻訳に役立ったとされているロゼッタストーンは、今や大英博物館のお土産のモチーフとしても人気なのです。

ロゼッタストーンシリーズ①チョコレート

知人や友人、家族へ配るお土産としておすすめなのがロゼッタストーンのチョコレートです。5ポンドほどで買えるので、まとめ買いしてもそれほど痛い出費にはならないでしょう。

5個入りなのでシェアして食べるのもおすすめ。銀色の文字がプリントされており、5ポンド程度のものとは思えない高級感があります。

ロゼッタストーンシリーズ②トートバッグ

おしゃれな友人にプレゼントするのであれば、ロゼッタストーンのトートバッグがおすすめです。モノクロ調のデザインのこのバッグはどんな服装にもマッチしそう。

いかにもお土産、といった雰囲気のものが苦手な方におすすめのお土産です。

ロゼッタストーンシリーズ③本のしおり

小物系のお土産を探している方におすすめなのが、ロゼッタストーンをモチーフにした本のしおりです。

薄くて場所を取らないので、帰りの荷物の邪魔になりません。配って歩くのにもちょうどいいサイズ感なので、まとめ買いしてもいいでしょう。

ロゼッタストーンシリーズ④ジグソーパズル

いかにも難易度が高そうなジグソーパズルもお土産におすすめです。ピースは800ピースあるので、子供向きではなく大人向きのパズルと言えるでしょう。

文字ばかり細かく並んでいるものを完成させなければいけないので、なかなかの難関パズル。ジグソーパズル好きの方におすすめしたいお土産です。

大英博物館のお土産にぬいぐるみもおすすめ

大英博物館にはロゼッタストーンシリーズ以外にもたくさんの面白いお土産があります。可愛いお土産を探している方にはぬいぐるみがおすすめです。

可愛い猫?バステトのぬいぐるみ

エジプト神であるバステトがぬいぐるみとして売られています。猫の姿をした女神がデフォルメされて可愛いぬいぐるみになっています。同シリーズでアヌビスのぬいぐるみも売られているので、一緒に買って並べておくのも可愛いかもしれません。

テディベア好きにはたまらないクマ

イギリスと言えばテディベアを連想する方も少なくないのではないでしょうか。大英博物館にはテディベアもお土産として売られています。

右足の裏には大英博物館、左足の裏にはイギリスの国旗であるユニオンジャックが付けられたテディベア。いかにもイギリスといった装いで可愛らしさ満点です。

自分用にもぴったりな大英博物館のユニークなお土産

人に贈るだけではなく、自分用のお土産にもついつい手を出したくなるお土産が大英博物館には数多くあります。

手のひらサイズのカラフルな豆本

4ポンドほどで買える小さな豆本は、エドガー・アラン・ポーの作品やシャーロック・ホームズなどの人気作品が販売されています。飾っておくのにぴったりなカラフルで可愛らしい豆本は、自分用にも1冊欲しくなることでしょう。

まるで本物!?なパピルス

ロゼッタストーンと深い関係性を持つヒエログリフ。そのヒエログリフが書かれていたパピルス(紙)もお土産として売られています。

好きなことを書いて壁に貼ってもいいですし、手紙やメモとしても使えます。1枚1ポンド以下で買えるので何枚か買っておいてもいいかもしれません。

何とも言えない可愛さがあるアヒル

6ポンドほどで売られているアヒルの人形は、クレオパトラや日本のサムライなど様々な様相のものが売られています。

3つ買うと割引になるセット売り商品でもあるので、まとめて数種類買って並べておくと思わず微笑んでしまうような可愛らしさです。

大英博物館のお土産は通販でも買える

大英博物館のお土産は欲しいけれど行くことはできない、と悩んでいる方には通販がおすすめです。

大英博物館では公式ホームページでグッズの販売を行っています。公式ですので偽物が届く心配もありません。気になるお土産があるのであれば、ぜひ利用してみてください。

  • 大英博物館公式ホームページ上のグッズ販売ページはこちら

大英博物館に行ったらお土産を見るのも忘れずに

大英博物館には、芸術品だけではなく可愛らしくて面白いお土産がたくさんあります。ファッショナブルなものからジョーク系のものまで取り揃えているので、まずはホームページでチェックし、実際に手に取って買ってみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME