天ぷら鍋で美味しい天ぷらを作ろう!鍋の選び方やおすすめ商品を紹介

2019.09.25

天ぷらは温度調整や調理方法が難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし「天ぷら鍋」を使えば、初心者でも手軽に揚げ物料理を楽しむことができます。豊富な種類の中から自分の好みにぴったりな天ぷら鍋が見つかる選び方を紹介します。

天ぷら鍋を選ぶポイントとは

天ぷらを自宅でおいしく作るために欠かせない天ぷら鍋は、さまざまな種類のものが展開されています。揚げ物料理は、揚げ方一つでおいしさや仕上がりも変わってくるので、天ぷら鍋選びは重要なポイントです。

天ぷら鍋を選ぶ際は、どのようなポイントを押さえて選べば良いのでしょうか?まずは、知っておくと便利な基本情報についてまとめていきます。

底が深い鍋がおすすめ

天ぷら鍋は一般的に、鍋底が深く設計されています。その理由は、底が浅ければ鍋底に食材が引っ付いてしまう可能性があるからです。

また、天ぷら鍋に食材を入れすぎてしまうと、油の温度も一気に下がり、サクサクの天ぷらを味わうことができないでしょう。そのため、天ぷら鍋を選ぶ時は、できるだけ油の量がたくさん入る、底が深いものを選ぶと油の温度を一定に保てるという特徴があります。

鍋の厚みは保温力に関係

天ぷらを揚げる時は、油の温度が一定に保たれている必要があります。食材を入れた時に温度が一気に下がってしまうと、ベチャっとした仕上がりになってしまいます。

天ぷら鍋を選ぶ時は鍋の厚みも気にしてみましょう。鍋の厚みは保温力に関係しており、薄いものであれば保温力は下がり、厚ければそれだけ保温力も上がります。

用途に合わせて大きさを決めよう

料理をする時の用途に合わせて天ぷら鍋の大きさを決めるというのも大切なポイントです。例えば、一人暮らし用のサイズと家族用のサイズでは、大きさも値段も変わってきます。

サイズが大きければ一度に揚げられる食材の量は増えますが、手入れも大変になります。

また、鍋の大きさは収納にも関係してきます。一人暮らしで収納スペースにも限りがある場合は、少量の揚げ物を手軽に作れる大きさの鍋にすると良いでしょう。

天ぷら鍋の素材の特徴を知ろう

天ぷら鍋に関する基本的な情報をまとめてきましたが、より具体的に、素材に関する特徴についても見ていきましょう。

鍋の素材は、揚げ物の仕上がりを左右する重要な要素の一つです。市販されている鍋の素材に関して、それぞれの特徴についてまとめていきます。

自宅でも使えて保温しやすい鉄製

自宅でも使えて、油の保温性も高い素材が『鉄』です。鉄製の天ぷら鍋は、一般家庭でも使用されているでしょう。

他の素材の鍋に比べると厚みがあるため、油の温度が冷めにくいという特徴があります。さらに、火の通りが均一になるため、食材の見た目もきれいに揚がるというメリットがあります。

しかし、鉄製の天ぷら鍋はきちんと手入れをしなければ錆びやすいという点が挙げられます。洗剤を使って洗うと、表面のコーティングが取れて錆びやすくなってしまいます。使用後は、洗剤ではなくお湯などで洗うようすると良いでしょう。

銅製は業務用としても使われる

飲食店などで業務用として使用されているのが『銅製』の天ぷら鍋です。銅は電熱性に優れているため、鉄製のものよりも油の温度を一定に保つ性質があります。

油の温度を一定に保てるということは、ムラがなく、サクッと食材を揚げることもできます。鉄製の鍋に比べると重量も軽いため、比較的使いやすいタイプの鍋だと言えるでしょう。

ステンレス製は手入れがしやすく丈夫

『ステンレス製』の天ぷら鍋の特徴は、手入れがしやすく丈夫であるという点です。鍋自体が錆びにくく、油も劣化しにくいという魅力があります。ステンレス製は耐久力にも優れているため、手入れも簡単で長く使用できるのが魅力です。

鉄製や銅製の鍋に比べると伝導率が低く、油が温まるまでに少し時間がかかってしまうので、調理の時は時間にも注意をしましょう。

天ぷら鍋がない時の代用方法とは

天ぷら鍋の素材に関する特徴を紹介してきましたが、天ぷら鍋を持っていなくても、他の調理器具を使って代用することができます。使い方や注意点をご紹介します。

フライパンでも天ぷら料理は可能

フライパンを使って天ぷらを作ることもできます。この方法は、天ぷら鍋を使って作る時とさほど変わりません。異なる点は、フライパンの方が底が浅いので、食材をひっくり返しながら調理する必要があります。

天ぷら鍋の代用品としてフライパンを使うことには、二つのメリットがあります。一つ目は、底が浅いため、油の量が少なくて済むという点です。

二つ目は、天ぷら鍋に比べるとフライパンの口径が広いため、食材がくっつくことを防げるという点です。

温度の確認方法

フライパンを使って天ぷらを作る時に注意したいのが『温度管理』です。天ぷら鍋は深さがあるものであれば、油が急速に冷えることは少ないですが、フライパンは底が浅く口径が広いため、油断しているとすぐに温度が変化してしまいます。

温度の確認をする際は、料理用の温度計を用意しておくと良いでしょう。温度計で温度を管理しながら調理すれば、天ぷら鍋とそこまで変わらないクオリティで調理が可能です。

フライパンを使う際の注意点

天ぷら鍋の代用品としてフライパンを使う時には、知っておきたい注意点がいくつかあります。一つ目が『テフロン加工されたフライパンは使わない』ということです。

テフロン加工されているフライパンは、揚げ物を繰り返すと加工が剥がれてしまうことがあるからです。そのためフライパンを使う際は、鉄製のものを選ぶようにしましょう。

二つ目が『高温にしない』ということです。フライパンは少量の油で調理が可能ですが、加熱時間が長いと温度が上がってしまい、発火してしまう可能性もあります。

そのため最初は強火で火入れして、温度が上がってきたら中火から弱火で調理するように気をつけると良いでしょう。

天ぷら鍋を長持ちさせる手入れ方法を紹介

油を使った調理の後は、適切な洗浄を行って手入れしないと、すぐに鍋が傷んでしまう可能性があります。

天ぷら鍋を長持ちさせるためには、どのような点に注意して手入れをすれば良いのでしょうか?天ぷら鍋を使用するなら合わせて知っておきたい情報についてまとめていきます。

お湯を使って洗おう

油は、水との相性が悪いことで知られています。冷たい水で鍋を洗浄しても、油のヌルヌルした触り心地は上手く落とせません。

天ぷら鍋を洗う時は、40度以上のお湯を使って洗うようにしましょう。お湯を使えば油が固まってしまうことがないので、きれいに洗い流すことができます。

また、温度計がついているタイプの鍋を洗う際は、『温度計を外してから洗う』ように注意しましょう。温度計を水で洗ってしまうと、壊れてしまう可能性があります。温度計は外して、キッチンペーパーなどで油を拭き取る方法がおすすめです。

鍋の焦げ付きを落とすには?

ステンレス製の天ぷら鍋を使用している時に、特に注意したいのが『焦げ付き』です。焦げ付きをそのまま放置してしまうと、天ぷら鍋に錆が生じてしまう可能性があります。

焦げ付きや汚れがついてしまったら、ステンレスのたわしやクレンザーなどを併用して汚れを落とすのが一般的な方法です。クレンザーを汚れた部分に添付し、網目の細かいステンレスたわしで細かくこすって汚れを落としましょう。

IHでも使用可能なおすすめの天ぷら鍋

天ぷら鍋に関するさまざまな情報をまとめてきましたが、ここからは、IHでも使用可能なおすすめの天ぷら鍋を紹介します。

IHで使える天ぷら鍋は、さまざまなメーカーから展開されていますが、メーカーごとに特徴が異なります。中でも人気の高い二つの鍋があるので、選ぶ際の参考にしてみてください。

和平フレイズ 燕三条発いいもの小路 鉄製蓋付天ぷら鍋 24cm

通常の天ぷら鍋の機能に加え、油切りまで一緒にできる優れものが『和平フレイズ 燕三条発いいもの小路 鉄製蓋付天ぷら鍋 24cm』です。

この鍋の最大の魅力は、鍋蓋の裏側に油切りができるワイヤーが付けられており、揚がった食材の油をすぐに落とすことができる点です。鍋蓋に付けられているため、キッチンのスペースを抑えることもできるでしょう。

鍋の淵には、油はね防止ガードが付けられているため、気になる油はねも少なく済みます。温度計も一緒に取り付けられているため、油の温度を一定に保てるのも嬉しいポイントです。

使用後は、蓋を閉めるだけで油をそのまま清潔に保存できるため、後片付けも楽で手軽に揚げ物を楽しめます。

  • 商品名:和平フレイズ 燕三条発いいもの小路 鉄製蓋付天ぷら鍋 24cm
  • 価格:3550円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ヨシカワ 味楽亭II 温度計付き フタ付き天ぷら鍋 20cm

200vの熱源にも対応しており、あらゆる熱源に対応できる天ぷら鍋が『ヨシカワ 味楽亭II 温度計付き フタ付き天ぷら鍋 20cm』です。

200vハイパワー熱源の電磁調理器を含め、あらゆる熱源に対応しているこの鍋は、『製品安全協会クッキングヒーター用SG基準』の認定を受けているため、安心して高温調理が可能です。

熱源に対応できる性能の他にも、さまざまなうれしい機能が付けられています。例えば、油はね防止ガードがついているため、揚げ物で気になる油はねを防止することができます。

また、蓋と鍋を取り外せるため、後片付けもスムーズに行えます。見た目もシンプルで、機能面にも優れているため、初心者でも安心して使える天ぷら鍋です。

  • 商品名:ヨシカワ 味楽亭II 温度計付き フタ付き天ぷら鍋 20cm
  • 価格:2637円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ニーズにあった天ぷら鍋を使って料理をしよう

調理器具や後片付けのイメージから、自宅で天ぷら料理をするのに躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、天ぷら鍋を使用すれば、簡単に天ぷらの調理ができます。さまざまな種類の天ぷら鍋が販売されていますの、自分にぴったりの鍋を見つけて、ご自宅でも天ぷら料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME