甘酒と豆乳は相性抜群。飲むメリットやおすすめレシピを紹介

2019.09.25

栄養豊富な豆乳と甘酒は、合わせることでさらに健康に良い飲み物に仕上げられ、ダイエットにもおすすめの飲み物になります。この記事では甘酒と豆乳が持つ栄養素や、楽しみ方の幅が広がるおすすめレシピ、アレンジ方法をご紹介します。

甘酒と豆乳はそれぞれ健康的な飲み物

大豆から作られた豆乳、そして『飲む点滴』と呼ばれるほど栄養満点の甘酒は、どちらも健康に良い飲み物として知られています。豆乳と甘酒はどのような飲み物なのか、まずは特徴からまとめました。

栄養が豊富

甘酒と豆乳は、それぞれ健康のために飲んでいると言う人は多いのではないでしょうか。

甘酒はお米や米麹から作られた飲み物です。ビタミンが多く含まれており、特に代謝を促進する『ビタミンB群』が豊富なので、疲れている時に飲むと疲労回復に役立つと言われています。

大豆からできた豆乳は、大豆由来のさまざまな栄養を含んでいます。大豆の栄養素としてよく知られている大豆タンパクも入っています。

また、豆乳の栄養素としては甘酒と同様のビタミンB群やビタミンEも含まれています。

美容にもおすすめ

肌のハリやツヤを良くするためには、ターンオーバーの促進がポイントとなります。甘酒は代謝促進、大豆は腸内環境の改善が期待できるため、身体の中の老廃物などを体外に排出しやすくできるでしょう。

この働きから、甘酒と豆乳どちらも、美容にも良い飲み物と言われています。

豆乳甘酒の作り方とは

このように、それぞれに異なる働きを持つ甘酒と豆乳を合わせると、さまざまなメリットを取り入れることができる『豆乳甘酒』を作れます。

甘酒の風味が苦手な人でも豆乳を加えることで飲みやすくなり、栄養豊富で腹持ちも良いので、間食にもおすすめの飲み物です。

作り方は簡単でシンプルです。甘酒に同量の豆乳を加え、かき混ぜるだけです。甘酒の味が苦手という場合は、豆乳と甘酒を3:1の割合にするとまろやかな味になり飲みやすくなるでしょう。

豆乳甘酒はダイエットにも人気

豆乳や甘酒にはどのような栄養素が含まれているのかを、詳しく見ていきましょう。

タンパク質を摂取できる

大豆が原料の豆乳は、タンパク質が豊富です。タンパク質は筋肉量アップのために必要な栄養素ですが、植物性タンパク質は肉などの動物性タンパク質よりも代謝を促進してくれると言われています。

また、植物性タンパク質は動物性タンパク質よりもカロリーが低いのも魅力。

さらに、甘酒に含まれるビタミンB群やアミノ酸も脂肪燃焼を助け、脂肪の蓄積を防ぐ働きを持っています。

満腹感を高める

甘酒は、砂糖を加えなくても甘みを感じます。これは、原料の米麹に含まれる麹菌の発酵によりタンパク質などが分解され、ブドウ糖が生まれるからです。つまり甘酒の甘みはブドウ糖の甘みとなっており、人工的に甘味を追加するよりも健康的となっています。

甘酒の甘さの元であるブドウ糖には、タンパク質の代謝アップを促すだけではなく、身体に素早く吸収されます。そして血糖値を急激に上昇させることにより、満腹中枢を刺激してくれる働きがあります。

そのため、ブドウ糖を多く含む甘酒は、少量でも満腹感を得ることができるのです。

豆乳甘酒のアレンジレシピ

そのままでも十分おいしく飲める豆乳甘酒ですが、さらにおいしく飲みたい人は自分なりにアレンジするのも一つの方法でしょう。簡単なアレンジを加えるだけで、デザート感覚で楽しめるレシピを紹介していきます。

果物と合わせてよりヘルシーに

豆乳甘酒は、果物と合わせてもおいしく飲めます。豆乳や甘酒の風味が苦手で飲みにくいという人でも、果物を合わせることにより甘みが出て飲みやすくなるでしょう。されには、果物の栄養素をプラスして、ヘルシーな飲み物にアレンジできます。

豆乳甘酒と合わせるおすすめの果物は、いちごです。豆乳甘酒にいちご2個ほどを入れてレンジで加熱します。加熱後、スプーンなどでいちごをつぶせば、手軽にいちご豆乳甘酒が出来上がります。

いちごに豊富に含まれるビタミンCも同時に摂取でき、甘酸っぱい風味をプラスしてより飲みやすく豆乳甘酒を楽しみやすくなるでしょう。

アイスやスムージーもおすすめ

暑い時期は、豆乳甘酒を冷たくアレンジして楽しむのもおすすめです。豆乳が入っているので、そのまま凍らせるだけでアイスクリームとして味わえます。甘さを足したい場合は、メープルシロップを加えて凍らせましょう。

さまざまな果物と合わせて豆乳甘酒を凍らせてみるのも良いでしょう。果実の味わいを感じながら、フルーティーな風味をプラスできるのもおすすめです。

また、豆乳甘酒は冷たくて飲みやすいスムージーへのアレンジも可能です。豆乳甘酒に好みのフルーツと氷を加え、ミキサーにかけるだけでスムージーにできます。いちごの他に、バナナを加えてみるのも良いでしょう。

なめらかな食感 豆乳甘酒プリン

飲み物だけではなく、豆乳甘酒はデザートにアレンジしてもおいしく味わえます。おすすめのアレンジデザートは『豆乳甘酒プリン』です。

あらかじめ、豆乳と甘酒を1:1で混ぜ合わせたものを鍋に入れて火にかけ、ふつふつとしたら火を止めます。その後、大さじ1杯の水で溶いた5gのゼラチンを鍋に加えます。よく混ぜ合わせたものをプリン型に入れ、冷やして固めれば豆乳甘酒プリンの出来上がりです。

おすすめの豆乳甘酒を紹介

豆乳甘酒は、市販の商品としても販売されています。豆乳甘酒は豆乳と甘酒を混ぜるだけで簡単にできるものですが、まずその味を試してみたいという時は、市販の商品から手軽に味わってみてはいかがでしょうか。

おすすめの豆乳甘酒として以下の2つの商品を紹介します。

キッコーマン 豆乳飲料 甘酒

多彩でユニークな豆乳飲料をラインナップする『キッコーマン』の豆乳飲料シリーズの一つが、こちらの甘酒です。米麹と酒粕を使用した、ほんのりとした甘みの甘酒風味の豆乳です。

まろやかな味わいは、冷やしても温めてもおいしく味わえるでしょう。

  • 商品名:キッコーマン 豆乳飲料 甘酒(200ml×18本 2ケースセット)
  • 価格:3121円(税込)
  • 楽天:商品ページ

マルコメ 米糀からつくった糀甘酒 豆乳ブレンド

自然の甘みを持つ甘酒に豆乳をブレンドした製品で、まろやかですっきりとした味が特徴です。豆乳と甘酒をバランス良くブレンドしており、砂糖不使用ながら甘酒の自然な甘みが生きています。

お米と米麹のみで作られた甘酒を使用しており、アルコール分を含まないのでアルコールが苦手な人や子供でも安心して飲めるでしょう。

紙製カートンに入っているので、蓋のシールをはがせばそのまま電子レンジ加熱も可能で、温めても凍らしてアイスにしても楽しむことができます。

  • 商品名:マルコメ 米糀からつくった糀甘酒 豆乳ブレンド(125ml×18本)
  • 価格:1905円(税込)
  • 楽天:商品ページ

豆乳をブレンドして好みの甘酒に

豆乳をブレンドした豆乳甘酒はさらにおいしく、栄養価を高めて健康に良いアレンジレシピができるのも特徴的です。

自分なりのアレンジをすることで、豆乳甘酒をデザート感覚で作ることも可能になり、楽しみ方も広がります。ぜひ豆乳甘酒を味わってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME