掃除嫌いの救世主!「ハウスクリーニングサービス」3社を比較

2019.09.24

「時間がない」「技術がない」と遠回しにしがちなエアコンや水回りの掃除。自分では落としきれない汚れでも、「ハウスクリーニングサービス」ならプロに任せて隅々まで綺麗にできます。今回は人気の「ハウスクリーニングサービス」3社についてご紹介していきます。

「ハウスクリーニングサービス」とは?

ハウスクリーニングサービスとは、エアコンや水回り、浴室やトイレ、フローリングやカーペットなどお家に関する清掃を掃除のプロが代行してくれるお家のクリーニングサービスです。

普段の清掃から専門的な清掃まで、各項目ごとに依頼することができるのはもちろん、引越し時や大掃除にぴったりのセットプランがある場合も。料金やキャンペーンもサービスによってさまざまなので、自分に合うサービスを見つける必要があります。

人気3社のおすすめポイントまとめ

今回は数あるハウスクリーニングサービスや予約サイトの中から、「どのクリーニングサービスがいいかわからない」とお悩みの方におすすめの「生活手帖」「おそうじ本舗」「カジタク」の3社を厳選し、特徴やおすすめポイントをまとめてご紹介していきます。

色んな業者を比較できる「生活手帖」

「生活手帖」は目的に合わせたハウスクリーニング業者を一括で検索、比較、予約ができるハウスクリーニングサービスの総合予約サービスです。細かいカテゴリーごとに業者を検索できること、相場や担当者の「顔がわかる」ことでネット予約でも安心して依頼することができるのが特徴です。

ハウスクリーニングのセットは1Rで20,000〜40,000円前後が相場となっています。口コミも多数見れるため、予算や目的に合った業者が必ず見つかります。

【生活手帖】プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

CMでおなじみ「おそうじ本舗」

テレビコマーシャルでもおなじみの「おそうじ本舗」は、全国47都道府県から利用可能で、大手ならではのお得なキャンペーンはもちろん、床材コーティングや壁紙染色などより専門的なクリーニングメニューが選べます。

「おそうじ本舗」の利用にはインターネットからの無料見積りが必要です。ハウスクリーニングの「パックサービス」は20,000円〜40,000円、または15,000円の定額制でプロのスタッフが3時間掃除を手伝ってくれる「お手伝いパック」もおすすめです。

ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】

一律料金で安心「カジタク」

「カジタク」はハウスクリーニングを始め宅配クリーニングや家事代行など、「家事の宅配」を提供するサービスで、全てのクリーニングメニューが見積もり不要の「一律料金」なのが最大のポイントです。

キッチン、レンジフード、浴室、トイレまたは洗面所の4ヶ所のクリーニングがセットになった「大掃除サービス4ヶ所セット」は44,300円となっています。また、ギフトとしてクリーニングサービスをプレゼントすることもできます。

カジタクのハウスクリーニング

料金や目的別の比較やおすすめは?

プロの清掃技術で安心して任せられると人気のハウスクリーニングサービス3社についてご紹介したところで、続いては料金や目的別のおすすめサービスをご紹介していきます。

とにかくお得に選ぶなら「生活手帖」

料金についてはどのサービスも大体同じ相場になっていますが、「生活手帖」は少人数営業の業者から大手まで比較できるため、お得な業者を見つけやすいのがポイントです。安心は残しつつ、とにかく料金を抑えたい方におすすめです。

【生活手帖】プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

組み合わせて選ぶなら「おそうじ本舗」

様々なニーズに合わせてメニューが細かく設定されている「おそうじ本舗」は、気になる箇所を組み合わせて依頼したい方におすすめです。数ヶ所まとめて依頼すると料金がお得になるキャンペーンなどが多いのも大手ならではのポイントです。

ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】

とにかく面倒くさがりなあなたには「カジタク」

掃除はもちろん、いちいち掃除箇所や業者を選んだり、見積もり料金に頭を悩ませたくないという方には、一律料金で様々な箇所の掃除に対応してくれる「カジタク」がおすすめです。とくに、汚れた家を一気にピカピカにしたいときの「大掃除サービス4ヶ所セット」は、多少料金がかかっても、その仕上がりに満足すること間違いなしでしょう。

カジタクのハウスクリーニング

プロの力で頑固汚れも一発洗浄

いかがでしたか?気になるけど放置している汚れや、定期的なメンテナンスとしてもおすすめの「ハウスクリーニングサービス」。季節の変わり目や引越しなどの大切な節目に、家事の負担を減らしつつ、プロの力で家を隅々まで清潔にしてみませんか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME