知識ゼロから楽しむ「化学」の本6選。文系でも化学を嗜みたい人へ

2019.09.24

いまさら勉強するほどではないけれど、時間があれば化学の世界を見通したい。学生時代のあのつらかった化学を、好きなものに変えたい。そんな方向けに、専門的な知識がなくても深いところまで楽しめる化学の本をまとめました。

小学生から大人まで楽しめる化学の本

まず小学生から大人まで楽しめるような、子どもと一緒に読みたくなるような、そんな化学の本を紹介します。

世界で一番美しい元素図鑑

『世界で一番美しい元素図鑑』はオールカラーの元素図鑑です。この世界をかたちづくる118個の元素を、美しい写真をふんだんに使って紹介しています。2010年の出版で、国内だけで25万部を売り上げました。

図鑑には純粋物のほかに、日常よく目にする化合物や応用製品も載っています。また元素の性質や発見の歴史などもエッセイふうの文章で解説されています。絵本のように、大人も子どもも楽しめる1冊です。

  • 商品名:『世界で一番美しい元素図鑑』
  • 参考価格:4,104円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

化学のドレミファ

『化学のドレミファ1 反応式がわかるまで』は対話形式の子ども向け教育書です。1963年の初版から読み継がれ、現在のものは1997年発売の新装版になります。

この本では、ドルトン先生という人が現れて、化学の基本を小学生にもわかりやすく教えてくれます。といっても内容は分子結合やモルまで扱うので、高校化学並み。それを絶妙の例えと豊富なイラストで解説してあるので、「この本で化学に興味を持った」という人も多いはず。ときにドルトン先生の警抜な言葉も響く、化学教育の名著です。

  • 商品名:『化学のドレミファ1 反応式がわかるまで』
  • 参考価格:1,944円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

化学の面白い歴史を知れる本

いまの化学はどんな歴史の上にあるのか。化学の歴史をおもしろおかしく解説した本を次に紹介します。

痛快化学史

化学史の名所をめぐる気楽なツアーに読者をお連れしたい。『痛快化学史』はこんなテーマのもと、化学が化学になる前の歴史を116編のエッセイで綴った本です。

万物の根源の探求から、賢者の石、黒魔術、錬金術と、今日の化学につながるエピソードが著者の博識によって縦横無尽に語られます。完成した学問を勉強するのではなく、学問の成り立ちを歴史的に見通したいという人におすすめの1冊です。

  • 商品名:『痛快化学史』
  • 参考価格:5,850円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

スプーンと元素周期表

『スプーンと元素周期表』は周期表を軸に化学の歴史をたどる本です。単行本では副題に『「最も簡潔な人類史」への手引き』とあったように、人類が元素とどのように向き合い、格闘してきたか、豊富なエピソードで綴っています。

アールグレイをかき回すと溶けてしまうスプーン、元素の発見と命名権をめぐるドロドロの駆け引き、わたしたちはみな星くずであること、ノーベル受賞者と戦犯の違い……。化学にもまた物理や数学同様に面白い歴史があることを示してくれる1冊です。

  • 商品名:『スプーンと元素周期表』
  • 参考価格:1,080円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

現代化学の最前線に迫るおすすめ本

いま化学はどんな問題を扱っているのか、化学の最先端に迫ることのできる一般向け科学書もご紹介します。

精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか

『精神と物質』とは、ノーベル生理医学賞を受賞した利根川進氏に、ジャーナリスト立花隆氏が長時間インタビューをおこない再構成した本です。利根川氏の受賞が1987年、この本の初版が1990年なので約30年前の内容ですが、生化学・分子生物学という現代もっともホットな分野のひとつを詳しく知ることができます。

受賞理由である「抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明」とはいったい何か、かみくだいて説明してあるので、門外漢でも安心して読めます。ノーベル賞の内容をちゃんと知りたいという方にもおすすめの1冊です。

  • 商品名:『精神と物質 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか』
  • 参考価格:691円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

よくわかる最新分析化学の基本と仕組み

『図解入門よくわかる最新分析化学の基本と仕組み』は分析化学についての入門書です。

「この物質はどんな成分をどれだけ含むのか」を解析する分析化学は、医療・食品・農業・環境などあらゆる分野でいまや欠かせない存在です。本書はその最新の知見を幅広く扱っています。

著者は国立医薬品食品衛生研究所で長年勤務ののち、麻薬取締官として被疑者の尿の分析などに当たる、いわば分析のプロ。これから分析化学を学ぼうとする人はもちろん、分析化学がどれだけ身近にあるか知りたい人にもおすすめの1冊です。

  • 商品名:『図解入門よくわかる最新分析化学の基本と仕組み』
  • 参考価格:2,484円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

本を読んで化学の本質に迫る

学校の授業ではよくわからなかったけど、本を読んだら化学の本質がつかめた……。こんな経験をする人も多い、化学という学問。とくに複雑な化学反応式やめんどうな計算がイヤだったという人ほど、一般向けの本を読んで目を開かれることは多いでしょう。興味をひく本があればどうぞお手に取ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME