どこもかしこも謎だらけ!歴史にまつわる都市伝説を一挙紹介

2019.09.23

都市伝説は現代だけのものではありません。過去の歴史における不確かさが産むエピソードも多数存在しています。歴史と都市伝説は切っては切れない関係にあるのです。この記事ではそんな歴史にまつわる都市伝説を有名なものから知る人ぞ知るものまで、様々な時代からピックアップして紹介していきます。

その存在は幻?実在が怪しまれる人物たち

歴史にまつわる都市伝説において、最も多く議論が交わされているのが「偉人の存在」です。歴史に名を残してきた偉人たちも、実際は何かの都合によって「実在したことにされた」架空の人物であるという意見が多数挙がっています。ここからはそんな実在が怪しまれている偉人たちを、国内と海外に分けて紹介していきます。

日本編

1つの国家としては世界的にみても非常に長い歴史を持つ日本。その歴史上の人物の中にはその存在が怪しまれている人物も多数存在しています。

日本創世記に実在されたと言われており、現在の天皇一族の始祖にして神々の末裔とされる「神武天皇」や飛鳥時代に天皇の摂政として様々な逸話を残した日本の聖人とも言われる「聖徳太子」など、歴史の要となった人物は実際に存在したとされる文献と架空であったという文献それぞれが存在しているため、存在の有無を証明することは困難となっています。

海外編

海外においても、その存在の有無が議論されている人物は数多く存在しています。奇跡を起こした数々の聖人、戦士は物語の登場人物と同列に扱われる資料などが存在しているためです。

また紀元前に存在した王国や国王などについても同様の議論が交わされています。数千年前の遺物とされるものであっても、現在の科学技術では解析が難しいため、真実を解き明かすには科学技術のさらなる発展を待つ他ありません。

歴史的建造物にまつわる都市伝説

実在の有無が問われる人物に加えて、各国に存在する歴史的建造物に関しても様々な都市伝説が存在しています。

特に多い例が古代文明が保有していた「オーパーツ(発見された場所や時代にそぐわない物)」的な要素を持つ資料や、宇宙人などの存在を示唆する遺跡などがあり、多くの謎を産む1つの要因となっているのです。ここからはそんな歴史的建造物にまつわる都市伝説について解説していきます。

ピラミッドの中にUFO?

UFOは都市伝説のシンボルともいうべき存在です。そんなUFOが現在から数千年前に建造されたとされるギザの3大ピラミットに壁画として描かれています。

現在も解読が進められている古代文字ヒエログリフとは違う機械的なシルエットのシ文字はもちろん、エジプト神話にはそぐわないエイリアン的な生物の壁画など、不自然な形で残されたものなどがあり、古代文明と宇宙人の関係性を示唆しているとも言われています。

マヤ遺跡に残された宇宙船図?

世界滅亡の予言などで世間を賑わせたマヤの予言。それらを残した古代文明がマヤ文明です。高度な技術力を持っていたとされるマヤ文明の遺跡からは、前述したピラミットなどと同様に、オーパーツ的な石棺が出土しています。

当時最盛を誇ったマヤ文明の王が描かれたその石棺には、まるで宇宙船のような乗り物に乗っているかのようなレリーフが施されています。一説にはマヤ文明の「蘇り」的な要素を示しているとも言われていますが、その真実な謎に包まれています。

近代の都市伝説

ここまでは古代世界における都市伝説の解説をしてきました。しかし歴史にまつわる都市伝説は遥か太古の他に、比較的近代にも存在しています。それらのエピソードは現代における都市伝説を紐解く鍵となりうるでしょう。ここからはそんな近代の都市伝説を紹介していきます。

アポロ計画

アポロ計画は1961年から始動した、アメリカ航空宇宙局による有人月面探査計画です。当時の科学の推移を結集したこの計画では結果的に成功という形で幕を閉じましたが、実際は月面に到着していない、宇宙人と接触したなどの様々なエピソードを都市伝説として残すこととなりました。またこの計画を主導したケネディ大統領も暗殺されてしまい、結果的に真相は闇に葬られてしまいました。

いつか真実は明るみに

今はまだ謎とされていることも、凄まじい発展を遂げている技術進化によっていずれは真相が解き明かされていくのではないでしょうか。それまではオカルトジャンルの1つとして、数多くの語り手が人づてで語り継がれていくでしょう。この記事を参考にそれらの謎について様々な考察を巡らせてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME