金平糖はギフトにぴったり!基礎知識とおすすめ商品を紹介

2019.09.23

甘くて可愛い金平糖は、目と舌で楽しめるお菓子です。口に含めばカリカリとした食感を感じ、柔らかな甘味が広がります。この記事では金平糖の歴史や作り方について解説。ギフトにピッタリのおすすめ商品も厳選してご紹介します。

金平糖の歴史や由来とは

誰もが知る金平糖には、実は深い歴史があります。知って得する金平糖の知識について、解説していきましょう。

金平糖はポルトガルが発祥

安土桃山時代ポルトガルから日本に渡ってきたのが始まりです。献上品として初めて口にしたのは、織田信長という説もあります。その後元禄元年になり、長崎で国産の金平糖が作られるようになりました。

当時は砂糖が貴重だったことから、特権階級でしか食べられない高級品で、庶民の手に届くようになったのは、砂糖の生産が増した江戸中期以降になります。

名前の由来はコンフェイト

金平糖の由来は、ポルトガル語のConfeito(コンフェイト)からきています。円状のお菓子という意味があり、なまって金平糖への変化しました。

コンフェイトは現在のポルトガルにもあります。デコボコした丸い形は似ていますが、日本の金平糖よりも甘みが強く、透明感がありません。

金平糖はギフトにピッタリ

金平糖は水分含有量が少ないため、保存性に優れています。見た目がとても華やかなので、お土産やギフトにピッタリです。

風味をつけた金平糖もあり、カラフルでバリエーションが豊かです。入れ物を工夫した商品も多く、相手の好みに合わせて選べます。

職人による金平糖の作り方

独特の形をしている金平糖は、どうやって作るのか想像できませんよね。それでは、できるまでの工程を1から解説していきましょう。

  1. 専用の大きな釜を熱してザラメを入れます。
  2. 窯を回転させながら糖蜜を全体にかけて棒でかき混ぜます。
  3. 何度も糖蜜をかけつづけて大きくしていきます。
  4. 突起物がでるまで何度も繰り返します。

金平糖を作るには熟練の技術と長年の経験が必要です。完成までの期間も長く、昔ながらの金平糖なら2週間かかることもあります。

気温や室温によって細かく調節するので、レシピはありません。見極められるプロの職人になるには、長い年月がかかります。

ギフトにおすすめの商品を3つに厳選

見た目が鮮やかな金平糖は、贈り物として贈れば喜ばれます。ギフトにピッタリな、可憐で美味しい商品を3つに厳選しました。

金箔入り・金平糖

金箔入りのゴージャスな金平糖です。七宝柄のパッケージは、金と赤を基調としています。おめでたい時のお祝いとして、贈ってほしい金平糖です。

  • 商品名:金箔入り・金平糖
  • 参考価格:432円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

金平糖四季4種

春は桜草、秋は紅葉と、日本の四季をイメージした金平糖のセットです。箱を開ければ、鮮やかな色彩が目に飛び込んできます。日本の「美」を感じる金平糖は、特別なギフトとしてピッタリです。

  • 商品名:金平糖 四季4種
  • 参考価格:864円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

金平糖星果庵

ユニークな味が揃った金平糖です。抹茶やほうじ茶、さらにいちごショコラやワインなど、8種類から選べます。味によってデザインが違う小さな缶はとてもオシャレなので、プチギフトとして贈っても喜ばれるでしょう。

  • 商品名:金平糖星果庵ほうじ茶
  • 参考価格:540円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

口で溶ける小さな幸せ

金平糖を口に含めば、ふわりと甘く繊細に溶けていきます。その世界は奥深く、歴史と職人の技術がつまっているのです。

紹介した商品を参考に、自分用やギフトとして金平糖を選んでみてはいかがでしょうか。甘みと食感がもたらす小さな幸せを、自分の舌で堪能しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME