アロマオイルの香りの種類とは?効能とおすすめの使い方

2019.09.23

リラックスしたいときや集中したいときなど、様々な場面で使われるアロマオイル。香りの種類が多いので、初めてアロマオイルを使うという方は種類選びに困ることもあります。この記事では、アロマオイルの香りの種類や期待できる作用を紹介していきます。

アロマの香りの種類は多い?選び方のコツ

精油・エッセンシャルオイルと呼ばれる天然成分100%でできているアロマオイルには、香りの種類が300種以上あると言われています。これほど多い香りの種類の中から自分好みの香りを選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

香りのジャンル別で選ぶ

300種類以上あると言われているアロマオイルですが、その中にはアロマオイル同士をブレンドさせて作ったものも含まれています。

香りの種類ではなく大元となる香りのジャンルに目を向けると、実は7種類しかないことがわかります。香りのジャンルは以下の通りです。

  • フローラル系……花の香りのアロマオイル、華やかな香り
  • シトラス系……柑橘系フルーツの香りのアロマオイル、爽やかな香り
  • ハーバル系……ハーブの香りのアロマオイル、ミントやタイムなどのポピュラーなハーブも含む
  • ウッディー系……樹木の香りのアロマオイル、まるで森林にいるかのような自然な香りがする
  • スパイス系……刺激的なスパイスの香りのアロマオイル、ジンジャーやシナモンなど馴染みある香りも多い
  • バルサム系……樹脂のような香りのアロマオイル、甘めの香りが好きな方向きの香り
  • オリエンタル系……エキゾチックな香りのアロマオイル、セクシーな香りのものが多い

心と体の悩みに合わせて選ぶ

アロマオイルの香りのジャンルや好みで選ぶこともポイントですが、自分がどんな悩みを心と体に抱えているのかということも香り選びのポイントになります。

アロマオイルには心と体にいい作用をもたらすと言われているので、自分の気分や体調に合わせたものを選ぶことで、よりその良さを実感できることでしょう。

アロマの香りに効果・効能はあるの?

アロマオイルの香りを嗅いだり、アロマオイルに含まれる成分を体に取り入れることで、様々な作用が期待できるとされています。

香りによって違う作用がある

アロマオイルだからといって、心と体にもたらす作用は1種類ではありません。アロマオイルに種類がたくさん存在するように、それぞれの作用もまた様々なのです。代表的に期待できる作用と、それに該当するアロマオイルは以下の通りです。

  • リラックスしたい……ラベンダー、イランイラン、ローズウッド、サンダルウッド など
  • 集中力をアップさせたい……レモングラス、バジル、ジンジャー など
  • イライラを抑えたい……フランキンセンス、マージョラム など
  • 前向きになりたい……スウィートオレンジ、ベルガモット、パチュリー、ジャスミン など
  • ムードを高めたい……ジャスミン、イランイラン、ローズ、ネロリ など

使用するオイルの種類に注意が必要

アロマオイルは、香りのついたオイルを総称して使われている言葉です。蒸気吸入やアロマバス、ボディマッサージなどとして体に取り入れてもいいのは、精油またはエッセンシャルオイルと呼ばれる種類です。

フレグランスオイルと呼ばれるものを始め、精油以外のアロマオイルは肌に触れると敏感肌の方であれば何らかの影響ができることもあります。アロマオイルを使うときは使う種類を間違えないように気をつけてください。

アロマのおすすめの使い方

アロマオイルは自宅で気軽に香りを楽しむことができるアイテムです。お気に入りの香りを見つけたら、それを日常的に取り入れるようにしていきましょう。

より香りを持続させるコツ

常に部屋にお気に入りのアロマオイルの香りを広げていたいと思う方におすすめなのが、アロマディフューザーを使うという方法です。

加湿器のように上記でアロマオイルの香りを広げる電動のディフューザーもありますが、お手軽なのはリードディフューザーと呼ばれるものです。

これは瓶の中にアロマオイルが入っており、そこに木製のスティックを挿してそこから香りを放つというもの。電動のタイプと違って故障やメンテナンスを気にしなくてもいいのがメリットです。価格もお手頃なので、まずは試してみてください。

  • 商品名:晴香堂 リードディフューザー ナイトフォレスト
  • 容量:120ml
  • 参考価格:3,404円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

アロマの香りを持ち歩く方法

アロマオイルの香りを持ち歩いて自宅以外でも楽しみたいという方には、アロマスプレーがおすすめです。

100円ショップでも手に入れることができる小さいサイズのスプレーボトルに水を入れ、そこにアロマオイルを1滴たらせばあっという間に完成です。香りが強いと感じる場合は、ボトルのサイズに合わせてアロマオイルの量を調整してみてください。

髪の毛の先につけたり、ハンカチに染み込ませたりなど用途は様々です。お気に入りのアロマスプレーを1本作っておくと、香りも持ち運びに便利です。

アロマの香りは気分や行動に合わせて

アロマオイルの香りはとても種類が豊富なので、初めて買う場合は迷ってしまう方も少なくありません。

選び方のポイントを押さえることで選択肢が狭まり、より自分に合う1種類を見つけることができるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME