眠れない日にはナイトキャップカクテルを。おすすめを紹介

2019.09.22

毎日しっかり眠れているでしょうか?ストレス社会と言われるように、日々の疲労やストレスで眠れない日を過ごしている方も少なくないのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、ナイトキャップカクテルです。

ナイトキャップカクテルはどんなカクテル?

ナイトキャップカクテルは、カクテルの分類の一つです。どのようなカクテルなのでしょうか?

ナイトキャップは寝酒のこと

ナイトキャップとは寝酒(就寝前にお酒を飲む行為)のことです。つまり、ナイトキャップカクテルは「寝酒に合うカクテル」ということになります。日本でも昔から寝酒文化は存在するように、今なお世界中で寝酒文化は続いています。

ナイトキャップで良い睡眠ができるの?

アルコール(エタノール)には、神経の緊張を緩和する作用があります。そのため、寝る前にアルコールを摂取すると、程よく緊張がほぐれ、寝入りが良くなると言われています。

ただし、アルコール量が多すぎると、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが崩れてしまい、逆に脳が休まらず、中途覚醒や早朝覚醒の原因になるともいわれています。寝酒に限りませんが、ナイトキャップカクテルの良さを活かすコツは、飲み過ぎないことです。

ナイトキャップカクテルの特徴

ナイトキャップカクテルの多くは、少量で酔うことができるように、アルコール度数の高いものが多いのが特徴です。

そのため、ビールやワインよりも、リキュールやブランデーなどのほうがナイトキャップには向いているといえるでしょう。

ただし、酔い易さは個人の体質によりますので、無理にアルコール度数の高いカクテルを選ぶのではなく、ほろ酔い気分になれるカクテルを選ぶようにしてください。

おすすめのナイトキャップカクテル

数あるカクテルの中から、おすすめのナイトキャップカクテルを紹介します。

ナイトキャップ

ナイトキャップは、ブランデー、オレンジキュラソー、アニゼット、卵黄を合わせたカクテルです。

オレンジキュラソーによる甘さだけではなく、卵黄によるまろやかさも一緒に感じることができます。

カクテル名も「ナイトキャップ」というように、ナイトキャップカクテルのために作られたようなカクテルです。

もちろん、ナイトキャップ以外でも飲むことはありますが、ナイトキャップとして飲めば、心地よくほろ酔い気分になれるでしょう。

材料

  • ブランデー:30ml
  • オレンジキュラソー:15ml
  • アニゼット:15ml
  • 卵黄:1個分

引用:Cocktail Recipe「ナイトキャップ」

作り方

  1. ブランデー、オレンジキュラソー、アニゼット、卵黄をシェークする
  2. カクテルグラスに注いだら完成

B&B

B&Bは、ブランデーとベネディクティンを合わせたカクテルです。それぞれの頭文字を取って、B&Bと呼ばれています。

ベネディクティンとは、フランスのハーブリキュールのことです。ハーブのスッキリした香りと、甘みが特徴のカクテルとなります。アルコール度数も高く、ナイトキャップにぴったりのカクテルです。

ちなみに、作り方としてはベネディクティンの上にブランデーをフロートしますが、始めから混ぜてしまうこともあるようです。

材料

  • ベネディクティン:1/2
  • ブランデー:1/2

作り方

  1. ベネディクティンをカクテルグラスに入れる
  2. ベネディクティンの上に、混ざらないようブランデーをフロートして完成

ホットなナイトキャップカクテル

寝る前のホットミルクと同じように、温かいカクテルもおすすめです。体が温まり、冬でも暖かく眠ることができるでしょう。

ホットバタードラム

ホットバタードラムは、ダークラムをお湯で薄め、バターを浮かべたカクテルです。溶けたバターが混ざることで、コクと甘さのあるカクテルに仕上がります。ラムとバターの香りも良く、ホッとする時間を楽しめるでしょう。

材料

作り方

  1. 耐熱グラス(タンブラー)にダークラムと角砂糖を入れ、お湯を注ぐ
  2. 軽くステアしたあと、バターを浮かべれば完成。

ホット・ブランデー・ミルク

ホット・ブランデー・ミルクは、ホットミルクにブランデーを足したカクテルです。味はホットミルクに非常に近いですが、アルコール度数の高いブランデーが入っているため、一口飲めばすぐに体中がポカポカしてきます。砂糖を加えることで、甘みのあるカクテルが楽しめるでしょう。

材料(1人分)

  • 牛乳:180cc
  • 三温糖(orお好みの甘味料):適量
  • 塩:1つまみ
  • ブランデー:20~30cc

引用:Rakutenレシピ「ホット★ブランデー・ミルク レシピ・作り方」

作り方

  1. 耐熱グラス(タンブラー)に牛乳を入れてレンジで温める
  2. ホットミルクに、三角糖、塩、ブランデーを加えたら完成

眠れない夜にはナイトキャップカクテルを

ナイトキャップカクテルは、少量飲むことで、ほろ酔い気分にさせて寝つきを良くしてくれます。寝つきが悪い方や眠れない時、今日はぐっすり眠りたいと思った時には、ナイトキャップカクテルを試してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME