競輪は女子も面白い。男子との違いや競輪学校の入学方法などを紹介

2019.09.21

競輪は男性だけではなく女子の『ガールズケイリン』も、五輪の正式種目として追加されて『アツい』と多くのファンに注目されています。ガールズケイリンとは何か、男子との違いや競輪学校についてご紹介します。

ガールズケイリンとは

まずは、ガールズケイリンとは何かをチェックしていきましょう。男子競輪とは違う部分についても紹介しているので参考にしてみてください。

女子選手によるケイリンの復活

ガールズケイリンとは、女子競輪が正式にプロスポーツ・正式種目として始まったものです。

1948年に始まる競輪の歴史の中で『1949年から15年の間』男子競輪と一緒に女子競輪も開催されていました。1度は開催されなくなったものの、2008年にはエキシビションとしてまた開催されるようになったのです。

この女子競輪は、21世紀になり新しく生まれ変わって開催が決定され、ロンドン五輪で女子競輪が正式種目としても追加されました。名称は、エキシビションの名前であったガールズケイリンを引き継ぎ、2012年の7月にプロスポーツとしてガールズケイリンが始まったのです。

基本的なルール

ガールズケイリンの基本的なルールは、男子選手によって行われてきた競輪競走の国際ルールが基礎に作り上げられています。先頭員の助走開始位置や、誘導退避までに先頭員へ並びかけると失格になる点は同じです。

ただし、男子競輪とは違い『横の判定が厳しく』なっているので『男子とは違った楽しみ』が女子競輪にはあります。男子とのルールの違いをしっかりと知っておくと、より楽しめるのでチェックしておきましょう。

男子との違い

男子競輪との違いは、先導中の先頭員の後輪後端より『外側・内側どちらでも』前方に位置する、並びかけたりすることがより厳しく禁止されている点です。この先頭員の誘導退避までの基準が男子よりも厳しく設定されています。

また、基本的に横への動きは厳禁とされており『自らが一方的に押圧や押し上げをし、内外線間の幅の2倍程度の幅になった場合』も失格です。男子の場合は、4倍程度なので女子の方が厳しく設定されています。

ボートレースのように男子、女子が混合してレースを行うこともありません。他にも、女子競輪では使われている自転車には軽くて振動の少ないカーボンフレームを採用し、ホイールは空気抵抗や横風を受けにくいバトン&ディスクホイールを採用するなどの自転車の違いもあるのです。

これらの違いから、男子と女子の競輪では違った楽しみがあると注目されています。

職業としての競輪選手

2012年7月から、女性競輪選手によって行われている『ガールズケイリン』には、今では50名以上の女子競輪選手が登録され、徐々にその楽しみが広がっているのです。

では、職業として競輪選手を目指す場合どのようにその道を辿っていくのでしょうか?チェックしてみましょう。

競輪学校への入学条件や試験

女性競輪選手になるためには、日本競輪学校に入学して『1年間の勉強と訓練』を受ける必要があります。また、勉強と訓練の成果を十分に発揮し『競輪選手資格検定』に合格するのも必要です。

競輪学校に入学するには、『入学する年の4月1日に17歳以上であること・高校卒業と同等以上の学力があること』が条件です。入学するための試験には、一般試験と特別試験が用意されています。

一般試験の内容

一般試験の内容は、1次試験では『技能試験と適性試験の2種類』、2次試験では『適性試験と人物考査』に分かれています。

1次試験で行われる技能試験は『自転車による1000mの走行時間・400m助走後の200mの走行時間』が試験内容です。適正試験は垂直跳びと背筋力測定が試験内容となっています。

1次試験に合格すると受けられる2次試験は『台上走行試験装置で瞬間最高速度・クランク軸の最大回転数・一定時間の総仕事量』の技能試験があります。人物考査はいわゆる面接で、作文や口頭試問がメインです。

その他にも、特別試験制度などがありますが、自転車競技やスポーツで世界規模の活躍をした場合が対象です。

有名な女子選手

では、女子競輪で有名な選手にはどのような人がいるのでしょうか。活躍している選手の中から3人紹介するので参考にしてみてください。

小林優香

2012年に日本競輪学校に合格し、その持ち前の身体能力の高さから頭角を現した選手です。競輪学校へ在校中に日本ナショナルチーム入りを果たしてからは、2014年のトラックレース世界選手権に出場するなどの注目を集めていきます。

在校時の競輪成績は58戦50勝の1位の成績を残し、卒業後は15連勝を果たすなどの快挙を成し遂げています。また、第1回ガールズケイリンフェスティバルでも初代優勝者として知られ、『怪物少女・絶対女王・イノシシガール』などの愛称で人気の選手です。

加瀬加奈子

2010年に弥彦競輪場が発足した『CLUB SPIRITS』し、ガールズケイリン第2戦で注目されていた石井寛子選手を破り優勝し注目を集めた選手です。このことから日本自転車競技連盟の強化指定選手に選ばれ、2012年には日本競輪学校の女子1期生として入学しています。

卒業後には全日本選手権・ケイリンで優勝、全日本プロ選手権自転車競技大会の1kmタイムトライアルで日本記録を打ち立てるなどの実力を見せています。また、2013年には3月から15連勝するなど、これからが見逃せない選手です。

梶田舞

2010年トライアスロン関東大会で加瀬加奈子選手の自転車の走りに刺激されたのをきっかけに競輪の世界に入り、活躍している選手です。日本競輪学校での成績は18勝で第5位、卒業した2013年には初優勝を飾っています。

2014年には、デビュー以来負けなしの22連勝していた小林優香選手を破り、連勝記録をストップさせたことからより注目されています。ガールズグランプリ2014の出場選手にも選出され、ガールズケイリン3代目賞金女王になるなどの活躍をしました。

活躍している選手の1部ですが、まだまだこれから有望な選手などがたくさんいます。これからより注目されていく女子競輪で生まれていく新しい選手も目が離せません。

ガールズケイリンカフェにも行ってみよう

ガールズケイリンカフェは、女子競輪ならではの楽しみの1つとしてファンの間でも人気があります。競輪の厳しい勝負で戦っている姿とは違う、選手の様子にも注目してみましょう。

ガールズケイリンカフェとは

ガールズケイリンカフェとは、ガールズケイリン選手たちがカフェ店員として働く姿が見られるカフェのことです。レース開催日に競輪場で『不定期』にオープンしているので、近くの競輪場で開催されていたら足を運んでみてはいかがでしょうか?

ガールズケイリンカフェのご案内 | ガールズケイリン

選手の特徴を知るとより楽しめる

選手はそれぞれ特徴があり、素晴らしい走りを見せてくれます。開催される競輪場での違いや、選手の得手不得手などをしっかりと知ることで予想にも繋がるのです。記事を参考に女子競輪にも注目してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME