マネークリップは革素材が使いやすい?日本製のおすすめブランド

2019.09.21

マネークリップの素材は、クリップ式ならステンレス、折りたたみ式ならレザーが一般的です。レザーにもイタリア製や日本製など様々ありますが、この記事では、日本製の革素材のマネークリップについてご紹介します。

マネークリップの種類

マネークリップといえば、思い浮かべるのは『クリップ式のもの』という方も多いのではないでしょうか。昨今のマネークリップは、クリップ式のものの他に、レザーの素材を使ったカード入れや小銭入れが一体型になった折りたたみ式のものが主流になりつつあります。

知っておきたい。マネークリップの種類

  • クリップタイプ
  • 折りたたみタイプ(小銭入れ付き・カード入れ付き)

自分に合ったマネークリップを探そう

好みのマネークリップを探す場合には、まず自分に合ったマネークリップはどのタイプかを決めておくようにしましょう。紙幣の他にカードの利用頻度が高い方ならカード入れ付きタイプ、小銭も入れたい人には小銭入れ付きタイプのマネークリップがおすすめです。

マネークリップおすすめの革ブランド

(画像はイメージ)

ビジネスマンを中心に人気を博している革製のマネークリップですが、そんなビジネスマンの方におすすめの、日本製の革を使ったマネークリップブランドをご紹介します。

土屋鞄製作所「ウルバーノ バタフライマネークリップ」

レザーのシボ感が特徴的で、レザーなのにエレガントさも漂うマネークリップです。

  • 商品名:ウルバーノ バタフライマネークリップ
  • 参考価格:20,000円(税込)送料あり
  • 楽天商品URLはこちら

多機能で便利!「PORTER カレント マネークリップ」

PORTERといえばナイロン素材のイメージが強いですが、大人ラインとして展開しているカレントは素材やデザインにこだわっています。このカレントのマネークリップは、エンボスの型押しレザーで傷がつきにくく、丈夫なのが嬉しいポイントです。

  • 商品名:PORTER マネークリップ CURRENT
  • 参考価格:16,740円
  • Amazon商品URLはこちら

マネークリップのおすすめ革素材の種類

革素材のマネークリップとひとくちに言っても、牛革や豚革、ヌメ革など様々な種類があります。毎日使うものということを考慮すると、丈夫で汚れが目立ちにくいものがおすすめです。

傷がつきにくいのはエンボスレザー

傷がつきにくいのはエンボスレザーです。硬めのレザーで型崩れも少なく、毎日ポケットに入れていても、買った時の綺麗な形を保ち続けてくれるのでビジネスマンには向いています。

大人らしさを演出するなら牛革やヌメ革

落ち着いた雰囲気を演出したい方には、上品な牛革やヌメ革がおすすめです。使うほどに味が出て、買った当初の色合いとは違ってくるのも味わい深いところです。

マネークリップを持つなら革製がおすすめ

従来はマネークリップというとステンレス製のクリップ型が一般的でしたが、最近は革製でカードや小銭入れもついたマネークリップが増え、機能面を考えると断然革製のマネークリップがおすすめです。持ち物をできるだけコンパクトにしたい方にはぜひおすすめしたいアイテムです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME