ビールで作る漬物が絶品!きゅうりや大根を使ったレシピを紹介

2019.09.20

ビールで漬物を作ると大変美味しくなるということをご存知でしょうか。晩酌でビールが余った時などは処分に困るものですが、それを使って美味しい漬物ができてしまうのです。そこでこの記事では、ビールで作るきゅうりや大根の漬物のレシピをご紹介します。

ビールで作る漬物のレシピ  きゅうり編

まずは、オーソドックスなきゅうりの漬物のレシピからご紹介します。

材料

使用する材料は、

  • きゅうり 1本
  • ビール 100ml
  • 砂糖 15グラム
  • 塩 5グラム

が基本です。ここにお好みで鷹の爪とベーコンを適量加え、より濃い味付けにすることもできます。

作り方

作り方は以下の通りです。

  • きゅうりを一口サイズに切る
  • きゅうり以外の材料を容器に入れて混ぜる
  • ジップロックにすべての材料を入れ、空気を抜いて封をする
  • 5分ほど軽く揉む
  • 冷蔵庫にて丸一日寝かせる

一日以上寝かせると、漬かり過ぎになってしまいます。一日経ったらジップロックからきゅうりだけを取り出し、ビールは捨てるようにしましょう。

きゅうりのビール漬けの味

ビール、砂糖、塩だけで漬ける場合は、かなりサッパリとした仕上りになります。揚げ物や味の濃い炒め物等の付け合せに丁度良いのではないでしょうか。

一方、ベーコンと鷹の爪を使ってしっかりと味付けすると、ご飯がすすむような濃いめの味わいになります。

このように、ビールと何を混ぜるかで大きく味が異なってきますから、材料の分量を調整しつつ、好みの味付けを探すと良いでしょう。

ビールで作る漬物のレシピ  大根編

続いて、大根の漬物についてご紹介します。

材料

  • 大根 1/4本
  • ビール 100ml
  • 砂糖 15グラム
  • 塩 5グラム
  • ゆずの皮 1/3個分

大根と非常に相性が良いのが、ゆずの皮です。これを入れるだけで、ぐっと味が良くなります。また、大根はきゅうりに比べて漬かりにくいので、砂糖や塩は表記より2割ほど多くても大丈夫です。

作り方

作り方は以下の通りです。

  • 輪切りした大根をさらに半分に切る
  • 大根以外の材料を容器に入れて混ぜる
  • ジップロックにすべての材料を入れ、空気を抜いて封をする
  • 5分ほど軽く揉む
  • 冷蔵庫にて丸一日半寝かせる

大根の場合は、一日寝かせただけでは、あまり漬かっていません。調味料の量にもよりますが、一日半ほど冷蔵庫で寝かせた方が、漬物らしい味に仕上がります。

大根のビール漬けの味

ゆずの皮をいれることで、柑橘系の爽やかな香りと、ほんのりとした甘さが感じられる味に仕上がります。

脂っこいものを食べた後のお口直しでも良いのですが、お刺身などの淡泊な味の料理ともよく合います。

また、お酒のおつまみにするのであれば、白ワインや辛口の日本酒をチョイスすると良いでしょう。

ビールのアルコールは問題ない?

ビールを使った漬物の作り方はご紹介した通りですが、材料がビールなだけに、「アルコールは大丈夫なの?」「子供が食べたらいけないのでは?」などと考える人もいることでしょう。

しかし、冷蔵庫で寝かせている間に、ある程度アルコールが抜け、またそもそもきゅうりや大根に含まれる水分でかなり薄められているため、基本的には問題ないとされています。食べてみてもアルコール臭さはなく、何も説明されなければ、それがビールで漬けた漬物だとは気が付かないのではないでしょうか。

とはいえ子供や運転前は避けた方が無難

とはいえ、アルコールが完全に抜け切るわけではありません。子供やアルコールに弱い人、運転前などは、念のため避けておいた方が無難でしょう。

余ったビールで漬物を作ろう

この記事では、ビールを使った漬物のレシピをご紹介しました。

きゅうりはベーコンと鷹の爪でしっかりとピリ辛に、大根はゆずの皮を使って柑橘風味を出すと美味しく食べることができます。

また、ご紹介した以外に、セロリやカブ、ナス、にんじん等を漬けることもできます。単に低コストでできる割に、本格的な漬物として仕上がりますから、ぜひご家庭で作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME