観葉植物のクワズイモって?育て方や風水の特徴もご紹介

2019.09.20

観葉植物には様々な種類がありますが、珍しい名前のものとしてクワズイモがあります。名前だけでなくハートの形をした葉など、クワズイモには多くの個性的な特著があります。クワズイモの特徴や風水における位置づけなどをご紹介します。

観葉植物クワズイモの概要と種類

観葉植物としてのクワズイモの概要と種類についてご紹介します。

クワズイモの特徴と種類

クワズイモはサトイモ科の植物で、アロカシアとも呼ばれる、ハートの形をした葉と芋のような太くて丸い根幹が特徴です。クワズイモという名前の由来は、サトイモに似ていながら食べられないことによると言われています。

クワズイモの種類は大きく分けて2種類あり、葉脈が葉の縁方向に向いているクワズイモと、葉脈が葉の先端の方向に向いてるシマクワズイモがあります。

  • 商品名:LAND PLANTS クワズイモ 白色 大丸 陶器鉢 アロカシア
  • 参考価格:2,680円(税込)
  • Amazon:商品ページはこちら

観葉植物クワズイモの育て方と植え替え

クワズイモの基本的な育て方と、植え替えの方法についてご紹介します。

クワズイモの育て方

クワズイモは明るい場所を好みますが、日光に当てすぎると葉焼けなどの原因になるため、日当たりのよい室内で育てるのが適しています。

水やりの基本的な方法は、土が乾いたら鉢の底から水が出てくる程度の量を与えます。水を与えすぎると腐える原因になってしまうので、土が乾いているかを確認します。

手入れの方法としては、春から秋にかけて10日に1度のペースで液体肥料を与えます。害虫としてハダニなどがつく場合があるので、予防のために葉の裏側に霧吹きをしておくと効果的です。

クワズイモの植え替え方法

クワズイモの植え替えはあまり難しくなく、手順を間違えなければ初めてでもスムーズに行いやすくなっています。比較的簡単な方法としては、まず新しい鉢に鉢底用のネットと石を敷いてから、土を鉢全体の1/3程度まで入れていきます。

次に、古い鉢から植え替えたいクワズイモを取り出す作業に入ります。根の部分を傷めないように手で揉みながら慎重に土を崩していき、太い根、長い根、腐った根などがあれば切除します。

その後、新しい鉢にクワズイモを設置して鉢上まで数cmを残して土を入れ、水やりをします。水やりが終わったらクワズイモを土に固定すれば植え替えは完了です。

観葉植物クワズイモの風水について

気の流れを利用して生活や運気の改善を促す風水について、クワズイモの活用方法をご紹介します。

クワズイモの風水効果

陽の気を帯びたクワズイモは基本的にどんな場所とも相性が良いものですが、特に玄関やリビングなど、人の出入りが多い場所や人が集まる場所と相性が良くなっています。置き場所のコツとしては、家の中からみて左側に置くと運気を呼び込みやすくなるとされます。

また、クワズイモの丸みを帯びた葉の形状は風水においては気持ちを和ませる効果があるとされ、リラックスして寝付きがよくなるように寝室に置くという方法もあります。

植物にはそれぞれの花言葉がありますが、クワズイモの花言葉は復縁、仲直り、愛の復活などで、人間関係の修復に関するものになっています。ハート型の葉はクワズイモの特徴の1つですが、その形に花言葉の性質が表れているとも言われます。

風水においては人間関係を司る方位は南東であるとされます。そのため、クワズイモを家の中心からみて南東の方角に置くことで、風水と花言葉の相乗効果によって仲直りや復縁を呼び込むというテクニックがあります。また、南東の方角と相性が良い色は緑である点からもクワズイモは適しています。

クワズイモの風水を職場で活用

クワズイモの風水効果は、自宅だけでなく職場にも応用できます。クワズイモの花言葉は人間関係に関する運気を向上させるものであることから、職場で風水としてクワズイモを設置することで、同僚、上司、クライアントなどとの人間関係の向上に活用することができます。

設置場所としては自分のデスクの上、可能であれば自分から見て南東にクワズイモを置きます。また、職場のある建物の中心から見て南東にクワズイモを設置すると、職場全体の人間関係の向上に活用することもできます。

また、クワズイモは植物としては比較的成長が早く、古い葉を落としながら上に向かってぐんぐん伸びていく特徴があることから、出世運についての向上も期待できるところです。

観葉植物クワズイモを楽しもう

クワズイモはハート型の葉と芋のような根幹が特徴の観葉植物です。出世の象徴となるほど成長が早く育てやすいことから、観葉植物の入門として適しています。

また、風水の観点からは人間関係の修復や出世などに活用するという側面もあります。様々な観点からクワズイモを楽しんでみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME