1万円以下で買える、おすすめイヤホン4選!

2019.09.19

イヤホンを買うときに、予算を「1万円」と定める方は多いのではないでしょうか。1万円あればさまざまなメーカーのイヤホンが選択肢に入るので、より機能や音質にこだわることができます。1万円以下のおすすめイヤホンをご紹介します。

1万円以下のイヤホンの選び方

1万円以下のイヤホンを選ぶときには、機能や音質などの面で、いくつか押さえておきたいポイントがあります。どのような点を意識してイヤホンを探せばいいか、見ていきましょう。

ハイレゾやBluetooth対応だと便利

音の情報量を増やし、より繊細な高音質で音楽を再現できる「ハイレゾ音源」。最近は1万円以下のイヤホンでも、ハイレゾ再生の機能がついたものが多くなっています。

今後ますます人気を集めていくハイレゾ音源を聴くためにも、ハイレゾ対応のイヤホンを選ぶのがおすすめです。

また、Bluetooth接続に対応しているワイヤレスイヤホンだと、コードが絡まったり引っかかったりする心配がなく、より快適に使えます。

ワイヤレスイヤホンは同クラスの有線イヤホンと比べて高価になりがちなので、予算や求める音質と相談しながら選びましょう。

迫力を求めるなら「ダイナミック型」を

イヤホンのドライバー(音を再生する部分)は、より繊細なサウンドの「バランスド・アーマチュア型」と低音などの表現が豊かな「ダイナミック型」があります。

同じ価格帯のイヤホンだと、ダイナミック型の方がより迫力のある再生ができる傾向があります。音楽に迫力を求める方は、ダイナミック型のイヤホンがおすすめです。

1万円以下の有線のおすすめイヤホン

ここからは、実際に1万円以下でおすすめのイヤホンをご紹介します。まずは、接続の安定性や音質のコストパフォーマンスに優れた有線タイプの製品から見ていきましょう。

JVC HA-FW7

世界的なオーディオメーカーJVCの「WOODシリーズ」のイヤホン。ダイナミック型で、振動板の素材に木を使用した珍しい製品です。

クリアな中にも温かみのあるサウンドが特徴で、よりリアルな質感で音楽を楽しめます。木目が印象的なデザインと合わさって、ユニークなイヤホンに仕上がっています。

エルゴノミックフィットフォルムを採用して着け心地もよく、ハイレゾ再生にも対応。この価格帯の中でも特に優れたイヤホンです。

  • 商品名:JVC HA-FW7
  • 参考価格:¥8,799
  • Amazon 商品ページはこちら

茶楽音人 Co-Donguri Balance 2.5 Indigo

バランス接続に対応し、よりはっきりとした臨場感のあるサウンドを実現したイヤホンです。

ダイナミック型で迫力のある低音を再生できるのに加えて、メーカー独自の「トルネード・イコライザー」を搭載。10kHz以上の高音域まできらびやかに再現してくれます。

さらに、ボディに真鍮素材を採用して余計な共振を防ぎ、サウンド全体を引き締めるなど、「高音質での音楽体験」に特化した仕上がりとなっています。リーズナブルな価格で音質のいいイヤホンを求めている方におすすめです。

  • 商品名:茶楽音人 Co-Donguri Balance 2.5 Indigo
  • 参考価格:¥4,728
  • Amazon 商品ページはこちら

1万円以下のワイヤレスのおすすめイヤホン

次に、ワイヤレスで1万円以下のおすすめのイヤホンをご紹介します。使い勝手のいいワイヤレスイヤホンの人気製品を見ていきましょう。

SONY MDR-XB70BT

ボディを首にかけてそこから耳へとコードを伸ばす「ネックバンド式」のワイヤレスイヤホン。

ネックバンド部分はシリコン製で、安定性が高く長時間の使用でも首回りが痛みません。マイクや操作ボタンも内蔵され、ハンズフリー通話にも向いています。

さらに、ワンタッチ接続機能によって簡単にBluetooth接続ができるほか、サウンドは重低音をしっかり鳴らせるようになっています。実用性と音質を兼ね備えたイヤホンです。

  • 商品名:SONY MDR-XB70BT
  • 参考価格:¥6,298
  • Amazon 商品ページはこちら

オーディオテクニカ ATH-C200BT

高性能の12mm径ドライバーによって、クリアでレンジの広いサウンドを実現したワイヤレスイヤホン。シリコン素材のインナーイヤー型で、長時間の使用でも耳が疲れにくくなっています。

スリムでコンパクトなデザインながら3時間の充電で連続9時間の再生が可能で、屋外で長く使うのにも適したイヤホンとなっています。

  • 商品名:オーディオテクニカ ATH-C200BT
  • 参考価格:¥4,160
  • Amazon 商品ページはこちら

1万円以下で高品質なイヤホンを

イヤホンで「1万円以下」となると中くらいの価格の部類になりますが、リーズナブルで高性能なイヤホンが発売されている現在では、手軽に上質な音楽体験ができるようになっています。

1万円以下でも高品質なイヤホンを手に取って、快適に音楽を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME