焼酎の有名銘柄を種類別に紹介。好みの1本を見つけて楽しもう

2019.09.20

原材料によって異なる香りや風味が特徴的な焼酎には、さまざまな銘柄が存在します。数多くある焼酎から自分好みの1本を見つけるには、飲み比べてみることが必要です。飲み比べる際の参考として、焼酎の中でも有名な銘柄を紹介します。

焼酎とは

焼酎とは、米や麦、芋などの穀物類と麹を使って作られる蒸留酒です。原料によって異なる香りや風味を楽しむことができる焼酎の特徴について解説します。

焼酎の特徴

焼酎の原料は米や麦、サツマイモなどの穀物類が多く使われ、他にも黒糖や紫蘇、そば、栗、ジャガイモといった各地の特産品が使われることもあります。

焼酎は蒸留によって作られる蒸留酒です。蒸留とは加熱によって液体を蒸発させ、発生した気体を冷やすことで液体に戻すことを指し、蒸留することにより純度の高いアルコールを取りだすことができます。

したがって、焼酎のアルコール度数は45度以下と高めなのが特徴です。また、蒸留時に糖質などの成分が取り除かれるため、焼酎の糖質は0gになります。

麦焼酎の有名ブランドや銘柄

大麦を原材料に使う麦焼酎は、クセがなく飲みやすいのが特徴です。麦焼酎のブランドや銘柄について紹介します。

黒木本店 百年の孤独

『百年の孤独』は生産量が限られており、高級麦焼酎として知られています。厳選された大麦と麹を原材料に使用し、さらに樫の木の樽で長期間熟成するため、洋酒のような琥珀色が特徴の焼酎です。熟成後は特徴的な色や風味が損なわれないよう最低限のろ過を施されます。

香り深く豊かな味わいを楽しむにはストレートやロックがおすすめです。しかし、焼酎の中でもアルコール度数が高い(40度)ため、水割りやお湯割りにしても良いでしょう。

水割りにすると穀物独自の甘味が強調された複雑な味わいになり、お湯割りにするとコクが深まり、どっしりとしたボリュームのある風味になり、違いを楽しむことができます。

  • 商品名:黒木本店 百年の孤独 麦焼酎40度 720ml
  • 価格:6890円(税込)
  • Amazon:商品ページ

薩摩酒造 神の河

『神の河(かんのこ)』は、原料に良質な二条大麦だけを使って仕込まれ、ホワイトオーク樽で3年以上熟成して作られた麦焼酎です。

2017年には世界の優れた飲食品を評価する国際味覚審査機構(iTQi=International Taste & Quality Institute)優秀味覚審査会にて、三ツ星を獲得しています。

長期熟成することにより芳醇な麦の香が強調され、まろやかな味わいが特徴です。ストレートやロック、水割りなどさまざまな飲み方が楽しめます。

  • 商品名:神の河(かんのこ) 長期貯蔵麦 25°/薩摩酒造 720ML
  • 価格:1628円(税込)
  • Amazon:商品ページ

芋焼酎の有名ブランドや銘柄

サツマイモを原材料に使う芋焼酎は、芋の甘味と独特な香りが特徴的な焼酎です。芋焼酎のブランドや銘柄について紹介します。

森伊蔵酒造 森伊蔵

『森伊蔵』は、入手が困難なプレミア芋焼酎の一つです。契約栽培のサツマイモ(黄金千貫)を原料に使い、昔ながらの製法であるかめ壺を使った熟成によって作られます。

サツマイモ独特の甘みが強く、まろやかな味わいが特徴なので、飲み方としては原料のうま味や香りを最大限に感じることができるストレートがおすすめです。

  • 商品名:芋焼酎 森伊蔵 1800ml
  • 価格:1万8000円(税込)
  • Amazon:商品ページ

白玉醸造 魔王

『魔王』は、入手困難な『森伊蔵』や『村尾』と並び『3M』と呼ばれるプレミア焼酎の一つです。

一般的な焼酎には黒麹や白麹が使われますが、『魔王』には黄麹が使われています。黄麹は日本酒造りに使われる麹で、フルーティーな香りを生み出す特徴があります。

黄麹を使って仕込まれた『魔王』は、芋焼酎独特の匂いが抑えられ、爽やかな香りが特徴的だと言えるでしょう。

特徴的な名前に反して穏やかな味わいなので、ふくよかな香りと芋の持つ甘味を感じることができるロックで飲むのがおすすめです。

  • 商品名:白玉醸造 魔王 芋焼酎 25度 720ml
  • 価格:3989円(税込)
  • Amazon:商品ページ

米焼酎の有名ブランドや銘柄

原材料に米を使う米焼酎は、スッキリとした味わいと芳醇な香りが特徴で、日本酒が好きな人にもとっつきやすい焼酎です。米焼酎のブランドや銘柄について紹介します。

鳥飼酒造 吟香鳥飼

『吟香鳥飼(ぎんかとりかい)』は、400年の歴史を持つ鳥飼酒造の米焼酎です。米独自の吟醸香を追求し、58%に磨かれた米を使った吟醸麹を開発するなど、強いこだわりを持った米焼酎だと言えるでしょう。

フルーティーな香りが特徴的な『鳥飼』の飲み方は、その香りを最大限に感じることができるストレートがおすすめです。その際、冷蔵庫でキリッと冷やすと口当たりがまろやかになります。

また、ロックで飲むのも良いでしょう。氷が溶けて水と混ざり合うとともに変化する味わいをじっくりと感じることができます。

  • 商品名:吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度 720ml
  • 価格:2214円(税込)
  • Amazon:商品ページ

高橋酒造 しろ

『しろ』は口当たり軽く、さっぱりとした味わいが特徴的な米焼酎です。素材に使う米と水にこだわっており、2019年モンドセレクションでは、6年連続となる金賞を受賞しています。

飲み方はロックや水割りのほか、炭酸で割ってハイボールにするのもおすすめです。ボトルごと冷蔵庫で冷やし、ストレートで飲むクールショットも良いでしょう。

また、米焼酎ならではの口当たりの軽さと味わいは食中酒としても向いており、料理の味を引き立てます。

  • 商品名:高橋酒造 白岳しろ [ 焼酎 25度 熊本県 720ml ]
  • 価格:1025円(税込)
  • Amazon:商品ページ

好みの焼酎を見つけよう

焼酎は使用する原材料や仕込み、熟成によって味や香りが大きく変わるお酒です。それぞれに魅力的な特徴があるので、まずはいろいろと飲み比べてみて、自分好みの焼酎を探してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME