日常で役に立つ「心理学の法則」5選。実践例とともにわかりやすく

2019.09.18

過去の研究で明らかになった心理学の法則を的確に利用すれば、仕事、恋愛、生活において多くのメリットを得ることができます。この記事ではそんな心理学における様々な法則を、当てはまるシチュエーションごとにピックアップして紹介していきます。

ビジネスで役に立つ法則

どれだけ技術が発展しようとも、ビジネスとは対人関係が重視される現場です。そんな世界には会社を経営するため経営学や経済学、トーク力を向上させる言語学など、様々な学問が真価を発揮するシチュエーションが数多く存在しています。

では心理学はどのような場面で活躍できるのでしょうか?ここからはビジネスの現場において役に立つ心理学の法則を紹介していきます。

返報性の法則

「返報性の法則」は返報性の原理とも呼ばれ、ビジネスの世界では度々登場するテクニック。人から恩を受けた際、無意識に恩返しをしなければならないと考える際の心理のことを指しています。

たとえば取引先の相手から接待を受けた時、たとえそれが仕事に関係がないシーンだったとしても、なんとなく相手に便宜を図ってあげたくなってしまう、といったことがこれに当たります。これを応用して企業間の取引で先手を打つことで利益を引き出したり、逆に下手に出ることで相手にも遠慮を促すなどの手法が用いられています。

ただし、もちろんあまり過剰な接待や贈り物はコンプライアンス上不適切になることも。返報性の法則をビジネスに応用するのは、このご時世ほどほどにしておきましょう。

ミラーリング効果

「ミラーリング効果」は類似性の法則とも呼ばれており、初対面の相手に好印象を与えることができるテクニックです。何か小さな仕草やくせ、つぶやきなどを鏡合わせのように自然な形で真似することで親近感が生まれ、初対面であっても比較的好印象や既視感を生み出すことができます。

たとえば商談相手の人が鼻を触るタイミングで自分も鼻を触る、相手が言ったことを繰り返す、呼吸のタイミングを合わせるなどといった些細なことでもOK。ほんのわずかなことが無意識のうちに相手の心理に影響を与えてしまうのが、心理学の怖いところです。ビジネスにおいてはもちろんのこと、恋愛においても役立つ法則です。

恋愛で役に立つ法則

恋愛で意中の人の心を射止めるには身だしなみはもちろん、様々な法則を利用することも打開のカギになることがあります。ある意味心理戦でもある恋愛においての心理学の法則にはどのようなものがあるのでしょうか?ここからはそんな恋愛で役に立つ法則を2つピックアップして紹介していきます。

吊り橋効果

「吊り橋効果」は恋の吊り橋理論とも呼ばれる、恋愛における鉄板の法則となっています。恐怖体験やスリリングな体験を共有することで、そのことによる心拍数の上昇や高揚した感情を「恋愛感情によるもの」と錯覚してしまい、相手が自分のことを好きになってしまうというテクニックのことを指しています。

実際に吊り橋で実践する必要はなく、ジェットコースターやお化け屋敷、ホラー映画などでも構いません。思わずドキドキしてしまう場所で実践すれば、効果を得ることができるはずです。

ゲインロス効果

「ゲインロス効果」はいわゆる「ギャップ萌え」に相当する法則です。人に対する評価はプラスマイナスで推移しており、意外な一面を見せるなどして大きくギャップ感じさせると大きな効果を得ることができます。

その法則をうまく利用して、あえて最初の印象でマイナスな印象を与えつつ、大きくプラスな要素を提示すれば、意中の相手にも好印象を与えることができるでしょう。

日常で役に立つ法則

心理学の法則は日々心理戦が展開されるビジネスや恋愛の現場の他にも、一般的な日常生活において真価を発揮する場合があります。些細な場面でも法則を当てはめることで、何気なく過ごしている日常をより良きものにできるはずです。ここからはそんな日常で役に立つ法則を紹介していきます。

プラシーボ効果

「プラシーボ効果」は主に医療現場などで使用されてきた心理的法則で、偽薬効果とも呼ばれます。人は思い込むことによって、実際にありもしない効果を実感できるという効果のことを指しています。

これを応用すると、何か日常で苦しいことがあったとしても、大したことがないと自分で自分に思い込ませることでポジティブな気持ちになり、打開策が浮かぶこともあるでしょう。簡単な工夫でも、それらは心理学によって裏付けられた効果が存在しているのです。

心理学の法則は使い所を的確に

心理学の法則は幅広い場面で使用できる便利なテクニックです。しかし使いどころを間違えると反対にデメリットを生んでしまう場合もあるため、法則の特性をよく理解した上で的確な使用を心がけてください。まずはこの記事で紹介している簡単なテクニックから試してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME