数学は大人になっても学べる!数学を学ぶメリットやおすすめ教材を紹介

2019.09.18

日本の義務教育においても学ばれてきた数学。人類史とともにあるその学問は、大人にとっても重要なアドバンテージとなり得ます。社会人となった後でも数学の勉強を続けていきたい、学び直したいという方は多いはずです。この記事では大人にとっての数学がどのようなものかを解説するとともに、また学ぶ際に役立つおすすめ教材を紹介していきます。

大人にとっての数学

学生の頃から数学が得意だった方は、大人になっても数学に興味を持つことがあるでしょう。しかし仕事の合間や休日の時間を使って勉強するのなら、何かしらのメリットが欲しいはずです。果たして大人にとっての数学には何かプラスになるものがあるのでしょうか?ここからはそんな「大人にとっての数学」について様々なメリットを紹介していきます。

学ぶ意味

大人になってから数学を学ぶと様々なメリットを得ることができます。仕事関係では計算力の向上による仕事効率のアップ、論理的思考力の向上によって得られるトーク力や発想力などのスキルアップにつながり、仕事を処理するスピードも早くなります。

また日常生活においても思慮深く行動することができるため、様々な場面でより良い選択をすることができるでしょう。ただの学問と捉えられがちな数学でも、大人にとっては多彩な向上効果をもたらすのです。

脳トレにも

数学は暗記ではなく頭脳をフル回転させる学問です。そのため忙しい仕事生活の中で何かとサボりがちな脳トレにもなります。数学を日常的に学んでいけば、前述で紹介したメリットはもちろんのこと、具体的な意味で「賢く」なることができるでしょう。

中学数学を学べる本

数学を学び直す場合は基本から触れていくことが大切です。そのためまずは数学の授業が開始される中学校の学習範囲から復習していくことがおすすめです。しかし最後に数学を勉強してから10年以上経っている方からすれば、一体どこから手をつければ良いか見当もつかないはずです。そこでここからは中学校の学習範囲をわかりやすく学べる教材本を紹介していきます。

中学3年間の数学を10時間で復習する本

「中学3年間の数学を10時間で復習する本」は中学校の数学を小説や評論感覚で復習できる教材本です。その内容はただ数式などを解説するのではなく、具体的な例や言葉で説明することによって、自然な形で読み進めながら中学校範囲の数学知識を学ぶことができます。あまり数式ばかりでは参ってしまうという方におすすめです。

大人のための中学数学勉強法

「大人のための中学数学勉強法」はその名の通り中学校範囲の数学勉強法を大人にとってわかりやすい形でまとめた教材本です。その内容は数式などを解説するとともにその活用法や日常生活においての当てはめ方、学ぶことのメリットなどを掲載しています。大人になってから数学を学ぶ意味を見出しやすくしてくれる作品です。

高校数学を学べる本

中学校の範囲を復習し終わった、もともとマスターしているという方はワンランク上の高校範囲を学んでいきましょう。より専門的な内容となる高校数学では、反復的な計算と論理的思考が要求されます。ここからはそんな高校範囲の数学を学べる教材本を紹介していきます。

改訂版チャート式

「改訂版チャート式」は現役高校生の間でも定番とされている教材本です。色によって難易度が分けられており、基礎を学ぶものから反復的な計算などの具体的スキルアップが見込める一冊です。ストイックに高校数学を学びたい方におすすめします。

ふたたびの高校数学

「ふたたびの高校数学」はタイトルの通り高校数学を学び直すための教材本です。その内容は教材本というよりも教科書に近く、様々な単元を基礎から学んでいくことができます。この一冊で高校数学の範囲は網羅できるため、反復的な計算練習をする前に手に入れることをおすすめします。

大人の数学はスキルアップのために

大人の数学は仕事面においても生活面においても様々なメリットをもたらしてくれます。単純な脳トレや趣味としても最適であり、大人としてさらに賢くなるための最もシンプルな手段でもあります。もしも数学を一から学び直したいと考えているのであれば、この記事を参考に基礎の基礎から始めてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME