ワインの勉強は通信講座で。イタリアNo.1ソムリエ監修の通信講座とは?

2019.09.18

興味があっても、調べれば調べるほどわからなくなるとても難しい「イタリアワイン」の世界。そんな方には初心者から上級者まで自宅にいながら学習できるVino Hayashiの「イタリアワイン通信講座」がおすすめです。

Vino Hayashi「イタリアワイン通信講座」とは?

Vino Hayashiの「イタリアワイン通信講座」は自宅にいながらイタリアワインの理解を深め、知識だけでなくティスティングの技術も学べる月額制・全12回の通信講座システムです。

イタリアNo.1ソムリエが監修

Vino Hayashiの「イタリアワイン通信講座」はイタリアワインのスペシャリストである日本人ソムリエ林基就氏が企画・監修をつとめるオリジナル学習講座です。

林基就氏は2012年にワイン界のオスカー賞とも呼ばれる「オスカー・デル・ヴィーノ最優秀ソムリエ賞」を受賞。イタリアNo.1とも称される林基就氏が厳選したワインとオリジナルテキストがあなたの学習を導いてくれます。

イタリアワインの特徴

イタリアワインは産地それぞれに使用する品種に特徴があり、味や風味の個性が強く、種類も多いことから他国のワインと比べて味の格付け(A.O.C)や区別が非常に難しいワインであると言えます。

そんな難しいと言われるイタリアワインをより深く理解し、より美味しく味わうために誕生した学習講座が「イタリアワイン通信講座」です。

学習、セット内容と料金について

Vino Hayashiの「イタリアワイン通信講座」は全12ヶ月の継続コースで月々9,800円(税抜)。オリジナルの豪華な学習セットでイタリアワインの知識をより深く学んでいくことができます。

イタリア全土のワインを全12回で学習

「イタリアワイン通信講座」では、全12回に渡って毎月届くイタリアのさまざまな地域のワインについて文化や歴史など詳細な知識をテキストで学習しながら、ティスティングでワインそれぞれの個性を実際に味わって学んでいきます。

イタリア全土のワインについて網羅できる他、日本ではなかなか流通しない珍しいワインも味わうことができるのはプロソムリエ・林基就氏の企画監修ならではの魅力です。

「イタリアワイン通信講座」セット内容

「イタリアワイン通信講座」は月額9,800円で、毎月「厳選ワイン2本」「オリジナルテキスト」、初月には「ワイングラスセット」の学習セットが届きます。一体どんな内容なのでしょうか?

4種のソムリエコンクール公式グラス

SCHOTT ZWIESEL社の世界ソムリエコンクール公式グラスは4種類。多くのレストランでも使用されている様々なサイズ、形のワイングラスを使うことでより深く味わい、ティスティング技術を高めることができます。もちろん、学習だけでなく普段使いにもぴったりです。

毎月届く厳選ワインとオリジナルテキスト

林基就氏が現地コネクションによって直輸入した高品質なイタリアワインが毎月2本届きます。イラスト豊富で初心者にもわかりやすいオリジナルテキストで知識を取り入れ、林基就氏の模範解答つきティスティングシートで自身のティスティング技術を向上させていきましょう。

イタリアワイン通信講座

アフターサービスも充実

「イタリアワイン通信講座」は学習開始後のアフターサービスも充実しています。専用サイトの豊富な情報ページがあなたの学習をサポートしてくれる他、イタリアワインについての疑問があればいつでもメールで質問できるとのこと。

また、受講生特典として「Vino Hayashi」のオンラインストア全商品がVIP優待として10%OFFで購入することができます。林基就氏厳選のワインセレクションからお気に入りの1本を見つけて、学習の成果を活かして楽しんでみるのもいいですね。

奥深いイタリアワインの世界を自宅で学ぶ

いかがでしたか?個性的なイタリアワインをプロのソムリエから学べる「Vino Hayashi」の「イタリアワイン通信講座」なら、自宅にいながらイタリア全土のワイン知識や本格的なワインテイスティングが学べます。奥深いイタリアワインの世界を、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

イタリアワイン通信講座

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME