プラハ国立美術館群の見どころとは?特に有名な美術館を2つご紹介

2019.09.17

チェコにある7つの美術館で構成されている、プラハ国立美術館群。建物によって古典美術や近代美術などジャンルが分かれており、見どころ満載の観光スポットです。この記事では、プラハ国立美術館群の中でも特に人気がある2つの美術館についてご紹介します。

プラハ国立美術館とは?基本情報

チェコ共和国の首都・プラハにある7つの美術館を合わせて「プラハ国立美術館」と呼びます。建物が並んでいるわけではなく、それぞれ違う場所に位置しており、展示品のジャンルも全く異なります。

プラハ国立美術館の構成

  • シュテルンベルク宮殿:ヨーロッパ美術
  • シュヴァルツェンベルク宮殿:ボヘミア美術
  • 聖イジー聖堂:19世紀美術
  • 聖アネシュカ修道院:ヨーロッパの中世美術
  • ヴェレトゥルジュニー宮殿:20世紀~現在のヨーロッパ美術
  • ゴルツ・キンスキー宮殿:アジア美術などその他ジャンル
  • 黒い聖母の家:チェコ美術・キュビズム

プラハ国立美術館のチケット

プラハ国立美術館では、7つの美術館すべてに入場できるチケットを発売しています。金額は300コルナで7日間有効です。(各館1度の入場のみ)いくつかの美術館を回る予定なら、毎回購入するよりもお得に観光できます。

観光におすすめの2つの美術館

プラハ国立美術館の中で特に人気作なのが、シュテルンベルク宮殿とヴェレトゥルジュニー宮殿です。この記事では主に2つの美術館についての見どころをご紹介します。いずれもそこまで混雑することは無いそうなので、チェコ旅行でのんびり観光したい方にはおすすめです。

シュテルンベルク宮殿の見どころ

シュテルンベルク宮殿は、古代美術やヨーロッパの芸術作品を展示している、プラハ国立美術館の本館です。大司教宮殿の隣に位置しており、入り口がやや分かりにくくなっています。

展示品の中でも、レンブラント「読書する学者」やアルチンボルド「自画像」、デューラー「バラ冠の聖母」が有名です。他にもグレコやクラーナハ、ルーベンスなど有名な画家の作品が所蔵・展示されています。

代表的な美術品

  • ホッサールト「聖母子を描く聖ルカ」
  • ブロンツィーノ「エレオノーラ・ディ・トレド」
  • アルチンボルド「自画像」
  • ルーベンス「アンブロジオ・スピノラ」
  • ハルス「ジャスパー・ウェストラム」
  • リベーラ「聖ヒエロニムス」等

シュテルンベルク宮殿の基本情報

  • 住所:Hradčanské nám. 57/15, 118 00 Praha 1-Hradčany
  • 営業時間 :10:00~18:00
  • 休館日:月曜日
  • 電話: +420 233 090 570
  • mail:info@ngprague.cz
  • 公式サイト

ヴェレトゥルジュニー宮殿の見どころ

名前に「宮殿」とありますが、見た目は7階建ての古いビルです。プラハ国立美術館の中では最大の規模を誇り、室内にはゆったりできるカフェなども併設されています。

ミュシャの「スラブ叙事詩」が20点所蔵されていることでも有名です。他にも、ルソーの「自画像」やクリムトの「ヴァージン」、ピカソやゴーギャン、シーレなどの作品が展示されています。

ミュシャ『スラヴ叙事詩』

チェコの芸術家「アルフォンス・ミュシャ」が手がけた巨大な連作です。小さい作品でも5メートル、大きい作品は8メートルもあり非常に見ごたえがあります。東京では2017年に国立新美術館で特別展が開催されました。

その他代表的な美術品

  • ルソー「私自身、肖像=風景」
  • クリムト「ヴァージン(乙女)」
  • ゴーギャン「ボンジュール、ムッシュー ゴーギャン」
  • ロートレック「ムーラン・ルージュにて」
  • ボナール「プロヴァンスでの会話」

ヴェレトゥルジュニー宮殿の基本情報

  • 住所:Dukelských hrdinů 47 Holešovice Prague
  • 営業時間 :10:00~18:00
  • 休館日:月曜日
  • 電話:+420-2-24810758
  • 公式サイト

プラハ観光は美術館巡りがおすすめ

プラハ国立美術館は、7つの美術館からなる人気の観光スポットです。中でも、シュテルンベルク宮殿とヴェレトゥルジュニー宮殿は見どころが多く、ゆっくりと芸術を鑑賞できます。プラハ旅行に行く際は、ぜひ美術館巡りを楽しんで見て下さいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME