スポーツ自転車はフックスタンドで室内保管。選び方やおすすめを紹介

2019.09.13

スポーツ自転車は屋外で保管するもの、そう考えている人が意外と多いようです。しかし、安全面や劣化防止などから考慮すると、さまざまな不安もつきまといます。大切なスポーツ自転車を守るためのフックスタンドについて解説します。

スポーツ型自転車は室内保管がおすすめ

街中でも、スポーツ型自転車(ロードバイクやクロスバイク)で移動する人たちをよく見かけます。所有者は、どこに保管しているのでしょか。

ロードバイクは、決して安価なものではありません。高性能なタイプだと、とても高価なものもあります。大切なスポーツ型自転車を守るためには、室内での保管がおすすめです。

ロードバイクの盗難や劣化を防げる

スポーツ型自転車であるロードバイクは、自宅前の公道沿いや歩道での保管は厳禁です。法令・条例に違反する恐れがあり、盗難のリスクも高いでしょう。

自宅の敷地内なら安全かといえば、決してそうではありません。警視庁の発表によると、自転車の盗難場所で最も多いのは『住宅の敷地内』なのです。

特にロードバイクは、性質上、軽量化されたタイプです。手慣れた窃盗犯であれば、単独でも簡単に持ち去ることができます。

また、雨ざらしになったり、強い直射日光を浴びたりすることは、劣化も進めます。盗難のリスク回避や劣化防止を考慮すると、スポーツ型自転車は室内で保管することが良いでしょう。

フックスタンドを使えば省スペース

室内にロードバイクを保管する方法は、どのようなものがあるのでしょうか?ガレージなどに保管することも考えられますが、室内に保管するときにサポートしてくれるのが『フックスタンド』です。

フックスタンドは、自転車を壁掛けして保管するためのパーツです。これを利用することで大きなスペースをとらずに自転車を保管できます。マンション住まいや屋根付きの専用駐輪場を持たない人にはとても重宝します。

別の視点でとらえると、フックスタンドを用いることで愛車を壁に掛けることが可能になり、インテリアとして楽しむこともできます。美しいフォルムのスポーツ型自転車をセンス良く飾ると、素敵なテイストの部屋へと変身するでしょう。

フックスタンドを選ぶポイント

室内での自転車の保管の仕方には、いくつかの方法があります。それに合わせて、フックスタンドを選ぶ際のポイントも違ってくるのです。

縦置きと横置きを決めよう

室内での自転車の保管方法には、『縦置き』と『横置き』があります。置き方の違いによるメリット・デメリットを見てみましょう。

ショップなどでカッコよくディスプレイされているように横置きで壁に掛けると、インテリアとしての機能も高まります。大切な愛車を好みの角度で愛でる時間は、気持ちが癒される時間でしょう。

一方、横置きだとスペースを奪われ過ぎるという人は、縦置きを選びましょう。比較的省スペースでの保管が可能です。

玄関先など、デッドスペースを有効活用することもできます。縦置きならば、アイデア次第でいろいろな場所をチョイスすることが可能です。

自転車サイズに合わせたものを

フックスタンド選びでは、保管する自転車のサイズと合っているかどうかを調べることが先決となります。それがマッチしていないと、保管そのものができません。

重量・タイヤ幅や自転車の横寸と縦寸・ハンドル幅などをしっかりと把握しておきましょう。そうでないと、どの部位をフックスタンドに挟み込むかなどを決められません。

賃貸の場合は壁に取り付け可能かも確認

壁に掛けて自転車をディスプレイする場合、住まいが賃貸物件の場合には、賃貸契約を今一度確認してからにしましょう。

地震などのときでも安全に保管するには、一定以上の強度が必要です。そのためには、しっかりとフックスタンドを取り付けなければなりません。

場合によっては、壁の取り付け施行で跡が目立つ場合も考えられます。現状回復にどれくらいの費用がかかるか、そもそも許される範囲の施工であるのかなど、しっかりと把握しておきましょう。

おすすめの自転車用フックスタンド

室内保管が初めての人にとっては、どのようなフックスタンドを選べば良いのか、戸惑うものです。

そこで、おすすめの自転車用フックスタンドを紹介します。自転車と部屋に合ったタイプを見付けましょう。

ミノウラ バイクハンガー

まず紹介するのは『ミノウラ バイクハンガー』です。自転車のトップチューブをハンガーに掛けて保管するタイプで、柱や壁面に設置することで、自転車を水平にディスプレイできます。

跳ね上げ式のため、不要時には邪魔にならないように収納できます。また、取り付け方によっては、バイクタワーのように自転車を2段で保管することも可能なので、複数の自転車を所有している人にもおすすめです。

  • 商品名:ノウラ バイクハンガー
  • 価格:2146円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ミノウラ 壁掛け用ディスプレイフック

縦置きで保管したいと考える人は、『ミノウラ 壁掛け用ディスプレイフック』はいかがでしょうか。リムに掛けて、柱や壁面にたいして垂直に設置するための壁掛けタイプのフックです。

小型のフックでありながら、20Kgまでの耐荷重を誇ります。そのため、マウンテンバイクなど重量があるタイプの自転車でも十分に支えられます。省スペースでの保管を実現したい人に最適でしょう。

  • 商品名:ミノウラ 壁掛け用ディスプレイフック
  • 価格:2683円(税込)
  • Amazon:商品ページ

イベラ バイクハンガー

横置きでスマートに壁掛けして保管したいと願う人には『イベラ バイクハンガー』が打ってつけです。自転車を掛けるフック部分が最大45度まで可動するので、あらゆる自転車のフレームを水平に保ちます。

アルミニウム素材を使用し、安全性や耐久性も抜群です。さらに、車体を傷付けることのないように、ABSコーティング加工も施されています。加えて、伸び縮みする構造で、壁を傷めない安心設計です。

  • 商品名:イベラ バイクハンガー
  • 価格:3499円(税込)
  • Amazon:商品ページ

フックスタンドを使って自室に自転車を

大切な自転車は、室内保管が最適です。盗難を避け、劣化も防げるので、不安も解消できます。

また、常にそばに置いておくことで、愛車への思いもさらに深まるでしょう。フックスタンドを使って自室に保管することで、大切な愛車を守ることにもつながります。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME