ジンベースカクテル『栄光のマティーニ』の魅力に迫る

2019.09.16

マティーニは「カクテルの王様」の異名をもつほど人気のカクテルですが、マティーニとひとくちに言っても、実は何百種類ものレシピが存在しています。それほどにマティーニは人々に愛されているカクテルと言えるでしょう。そんなマティーニの中からこの記事では「栄光のマティーニ」の名をもつマティーニについてご紹介します。

「栄光のマティーニ」とは

(写真はイメージ)

「栄光のマティーニ」はどのようにした生まれたカクテルで、どのような特徴をもつのでしょうか?まずは基本的な情報をご紹介します。

「栄光のマティーニ」の誕生

「栄光のマティーニ」は、マンダリンオリエンタルホテル(日本橋)のマンダリンバーのバーテンダー栗原氏の創作カクテルで、2000年に開かれた「カクテルコンペンション」のタンカレー部門の優勝作品として世に広まりました。

コンペティションは、カクテルの「ネーミング」「味」「見栄え」「独創性」「将来性」と作り手の「マナー」「技術」までもが審査基準となり、入賞自体非常にハードルの高いものですが、そのような中で優秀作品の賞を受賞したカクテルなのです。

「栄光のマティーニ」の味わい

一般的に「マティーニ」はハーブの香りが強く、味は「辛口」と表現されることが多いですが、「栄光のマティーニ」は、スッキリとしたジンの中にレモンのフルティーな爽やかさとスノースタイルならではの優しい甘みがチョイスされバランスのとれた味わいになっています。

「マティーニ」の種類

ちなみに、冒頭マティーニのレシピの種類は、数百あるとご紹介しましたが、1979年にアメリカで出版されたマティーニレシピ専門本「ザ・パーフェクト・マティーニ・ブック」の中では268種類ものマティーニのバリエーションレシピが紹介されています。今から40年以上前にそれだけのレシピが存在したということは、現在はもっと増えていることでしょう。まさにカクテルの王様です。

「栄光のマティーニ」の作り方

(写真はイメージ)

優秀賞を受賞したカクテルの味を、ぜひ味わってみたいものですよね。ここからは、栄光のマティーニのレシピをご紹介します。プロのような完成度にするのは難しいでしょうが、手順に沿って丁寧に作ることで、自宅で近しい味わいを堪能することができます。ぜひチャレンジしてみてください。

「栄光のマティーニ」のレシピ

材料(60ml/1人分)

  • ジン(タンカレージン) 40ml

  • レモンジュース 10ml

  • グランマニエ 5ml

  • モナンローズシロップ 5ml

  • ガリアーノ 1tsp

  • ブラウンシュガー 適量

  • ホワイトシュガー 適量

引用:ジンーベース カクテルレシピ一覧(COCKTAILBASEより)

手順

  1. シェイカーに上記の材料を入れる
  2. その次に氷を適度に入れる
  3. 約15〜20秒シェイクする(「冷やす」「混ぜる」作業を同時に短時間で行う)
  4. スノースタイルのショートグラスに注いだら完成

カクテルの王様「マティーニ」を堪能しよう

(写真はイメージ)

マティーニには非常に多くのレシピが存在しているので、飲み比べをしてみるのもマティーニならではの楽しみでしょう。ぜひプロのバーテンダーがいるBARに足を運び、栄光のマティーニを始め、人々に愛され続けるマティーニの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME