登山には救急セットを持参しよう。もしもの時への備えを

2019.09.13

山の中でけがをしたり体調不良になったりした場合、自分で応急処置をする必要があります。登山には必要最低限の救急セットが欠かせません。準備しておきたい救急グッズやおすすめの基本セットをチェックして、登山中の万が一に備えましょう。

登山ではけがや体調不良への備えが必要

気候や山の難易度に関係なく、登山に行くときは万が一の場合に備えて救急セットの準備が必要です。具体的にどのような場面で救急セットを使うのでしょうか。

登山での救急セットの必要性について詳しく解説します。

日常よりけがをするリスクが高い

登山中は、デコボコ道を歩いたり大きな岩場を登ったりすることがあります。天候によっては道が滑りやすいかもしれません。

山の中では日常よりけがをするリスクが非常に高いのです。しかし、けがをしたからといってすぐに助けが来てくれるとは限らず、自分で対処する必要があります。

そのような場合に備えて、救急セットを準備しておくことが大切です。

気圧や温度の変化で体調不良になるリスクも

標高が高くなるほど気圧は低下するため、その変化で『頭痛』『吐き気』『めまい』などの症状が表れることがあります。急な大雨や強風により温度が下がって体調を崩すケースも少なくありません。

万全のコンディションで山に入ったとしても、山の中には体調不良を引き起こすリスクが多く潜んでいるのです。山を甘く見てはいけないといわれる所以は、ここにあるのかもしれません。

けがだけでなく急な体調不良に見舞われたときも、救急セットが大いに役立ちます。

最低限用意しておきたい救急グッズ

登山中の万が一に備えて、どのようなものを用意しておけばよいのでしょうか。最低限必要な救急グッズを紹介します。当日忘れないよう持ち物リストに追加しておきましょう。

痛み止めなどの飲み薬類

登山中、頭痛がしたり膝を痛めたりしたときに『痛み止め』があると助かります。一時的にでも痛みが治まれば、登山を続けられるでしょう。

痛み止めと一緒に『下痢止め』や『胃薬』も準備すると、さらに安心です。飲み薬類はバックパックに入れてもかさばらないため、何種類か用意してはいかがでしょうか。

包帯、絆創膏などの外傷対策

登山道は舗装されていない場所が多いため、滑ってけがをするケースが後を絶ちません。外傷対策として『包帯』『絆創膏』も忘れずに用意しましょう。

包帯は、患部を覆ったり固定したりするのに役立ちます。軽いかすり傷なら絆創膏で対処可能です。捻挫や骨折に備えたい場合は『テーピングテープ』があると重宝します。

その他持っておきたいグッズ

山の中ではトゲが刺さったり爪が欠けたりすることが多いため『毛抜き』『爪切り』があると便利です。けがをしたときの応急処置にも使えます。

『冷却シート』の携行もおすすめです。熱中症の症状が出たときや、捻挫や打撲をしてしまったときに役立ちます。

自分以外の人の応急処置や嘔吐物を処理するときには『使い捨て手袋』が活躍します。軽量で場所をとらないため、持っておきたいグッズの一つです。

基本セットの購入もおすすめ

登山初心者の場合、基本セットの購入が最適です。最低限の救急セットが揃っていれば、そこに少しプラスするだけで自分に必要なものがすべて揃います。

おすすめの基本セットを二つ紹介します。救急グッズを一つひとつ準備する手間が省けるため、忙しい人は購入を検討してはいかがでしょうか。

モンベル エマージェンシーポータブルセット

mont-bell(モンベル)の『エマージェンシーポータブルセット』は、1Lサイズのクリアボトルに緊急時に必要なグッズを詰めた基本の1人用セットです。

ボトルには『小型LEDライト』『笛』『洗浄綿と絆創膏』『ファーストエイドバッグ』『エマージェンシーシート』『手ぬぐい』『緊急時のハンドブック』が入っています。

クリアボトルは内容物を取り出すと水筒として使用できて便利です。

  • 商品名:モンベル エマージェンシーポータブルセット
  • 価格:7344円(税込)
  • mont-bell:商品ページ

ライフライン ファーストエイドキット

「コンパクトなセットが欲しい」「リーズナブルなものがよい」という場合は、LIFE LINE(ライフライン)の『ファーストエイドキット』がおすすめです。小さなセミハードポーチに、最低限の救急グッズが収納されています。

キット内容は『綿棒』『裁縫セット』『スキンナップ』『ホイッスル』『カッターブレード』『アクセサリーカラビナ』『絆創膏』『キャリングケース』です。アクセサリーカラビナがあるため、バックパックにぶら下げておくことも可能です。

必要に応じて飲み薬や使い捨て手袋などをプラスして、オリジナルの救急セットを作ってはいかがでしょうか。

  • 商品名:ライフライン ファーストエイドキット
  • 価格:2225円(税込)
  • Amazon:商品ページ

救急セットを用意してもしもに備えよう

登山に行くなら最低限の救急セットは必要です。『山には不測の事態がつきもの』と心得て、もしものときのためにしっかり備えましょう。

複数人で登山に出かけるときにも、自分用の救急セットはきちんと用意したいところです。万全の準備をして登山を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME