車のスピーカーを交換してみよう。音質を向上させて楽しくドライブを

2019.09.13

ドライブ中に音楽を楽しむ人は多いですが、突然音質が悪くなった経験をしている人も多いでしょう。音質の改善、または好みの音にするには、スピーカーの交換がおすすめです。車内スピーカーを交換して、ドライブ中に満足のいく音楽を楽しみましょう。

車内スピーカーの基本を理解しよう

車内スピーカーは、交換することにより驚くほど音質がアップすることも珍しくありません。車内の音響を良くするための車内スピーカーの基本的知識を理解しておきましょう。

純正と社外品の違いとは

車内スピーカーは、車を購入した時にすでに取り付けられているケースが大半ではないでしょうか。このようなスピーカーは多くの場合、純正スピーカーです。

純正スピーカーは必ずしも音質の良い素材や構造を採用しているとは言えません。これに対し、市販されている社外品のスピーカーは、音質にこだわった素材や構造なので純正スピーカーよりも臨場感のある音を楽しめるでしょう。

選ぶ時は車内の形状にも注意

車内スピーカーは、車の中で音楽を聴く場合が多く、ドライブ中や車での通勤など使用シーンが限らています。より高音質を求めて社外品のスピーカーを取り付けようと思えば、車内の構造も考えて選ぶ必要があります。

また、スピーカーを変える場合、車内の環境に合わせて複数のスピーカーを設置すると、より高音質で迫力のある音を楽しめるでしょう。

重低音を強化したい時

純正スピーカーで音楽を聴いている時、どうも重低音が足りないと感じることはないでしょうか。そんな時は、スピーカーの交換で重低音を強化できます。

中でもおすすめは、『サブウーファー』を使用する方法です。サブウーファーとは、低音域のみを再生するためのスピーカーで、車内スピーカーの中にはサブウーファーが付属しているタイプ、またはサブウーファー単体で既存のスピーカーに追加できるタイプがあります。

パワフルな重低音を求めるのであれば、サブウーファーを設置してみるだけでも音の重さが変わるのではないでしょうか。

スピーカーの交換方法を知ろう

スピーカーは、ある程度の知識があれば自分での交換も可能です。純正スピーカーの取り外しから社外品取り付けまで、一連の流れを見ていきましょう。

純正スピーカーを取り外そう

車内スピーカーを社外品に交換するためには、取り付けられている純正スピーカーを取り外す必要があります。一般的に、純正スピーカーは両側のドアに取り付けられているので、まずドア内側の『内張り』を外します。

ネジで固定されている内張りを外すと、内部のスピーカーが露出します。固定方法は車種やメーカーにより異なりますが、スピーカーを固定しているネジ、またはリベットを全て外し、スピーカーのケーブルとつながる『カプラー』を抜けば、スピーカーが取り外せます。

バッフルボードを取り付ける

純正スピーカーと社外品のスピーカーは、必ずしも同じ形状ではありません。外した場所に新たなスピーカーを取り付けるには、スピーカーのサイズに合った『バッフルボード』と呼ばれるスピーカーを取り付ける土台を用意します。

最初に、スピーカーのケーブルを通したバッフルボードとの間にスポンジを貼ってから、ドアの内側にネジで固定します。スピーカーケーブルとスピーカー本体を接続し、バッフルボードにスピーカーをネジで固定します。

再度ドアとスピーカーの間にスポンジを貼り、内張りを戻せば取り付け完了です。

ツイーターを交換

高音を鳴らすための『ツイーター』と、中低音を鳴らすスピーカーが分かれているセパレートスピーカーの場合は、ツイーターも別に取り付けることをおすすめします。元々ツイーターが取り付けてられている車の場合は、純正品の取り外し作業も必要です。

ダッシュボードに取り付けられているツイーターの場合は、窓部分の『ピラー』の内張りとその横にあるパネルを外します。するとツイーターのカバーが外れるようになるので、ツイーターを固定するネジやボルトを外すと、純正ツイーターが取れます。

純正品に接続されていたカプラーは、『パッシブネットワーク』と呼ばれる高音と中低音を分けるための部品に接続します。その後に、社外品ツイーターに取り付けて固定し、パネルと内張りを戻しましょう。

スピーカーはどこで交換できる?

ここまで紹介してきたように、車内用スピーカーは自分で交換が可能です。しかし、手間や時間がかかること、機械の取り扱いに慣れていない人には難易度が高いため、安全に交換するには専門業者に依頼するのも一つの方法です。

専門業者での交換には、カーディーラーまたはカー用品専門店に依頼する方法があります。いずれの場合も、交換には当然ながら費用が発生します。それぞれどの程度の交換費用がかかるのか、相場価格を紹介します。

ディーラーで取り付けた際の工賃とは

カーディーラーでは、スピーカーなどのカーオーディオを持ち込んでの取り付けを依頼可能です。必要な工賃はディーラーごとに異なりますが、1~2万円程度が相場と言われています。

カーディーラーでのスピーカー交換は、後述する車専門店よりも高めの工賃がかかるのが相場と考えても良いでしょう。

車専門店で注文した際の料金

カー用品を多く取り扱う専門店では、取り付けの依頼もできます。この場合の相場は専門店にもよりますが、5000~7000円程度です。

ただし、上記の工賃相場は購入した店舗で交換する場合です。他店で購入したスピーカーを持ち込んでの交換費用は、さらに高くなる可能性がありますので注意しましょう。

車用のスピーカーをグレードアップしよう

車内で聴く音楽に物足りなさを感じているなら、スピーカーを別のものにグレードアップすると、好みの音を楽しめます。スピーカー交換をして、快適な車内空間を作りましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME