ポップコーンには2種類ある?種類の違いとおすすめフレーバー

2019.09.14

ポップコーンには種類が2つあることをご存知でしょうか?それぞれに特徴があり合うフレーバーも変わります。この記事では、意外と知られていないポップコーンの種類とそれぞれに合うフレーバーについてご紹介します。

ポップコーンの種類とそれぞれの違い

まずはポップコーンの種類とそれぞれの違いについて解説します。ポップコーン用のトウモロコシ、通称「爆裂種」にはどんな違いがあるのでしょうか。

形は2種類

ポップコーンは形状によって2種類に分類することができます。きのこのようにコロンとしたフォルムの「マッシュルーム型」と、蝶の羽のようにふわっと開いた「バタフライ型」の2種類です。それぞれに異なる特徴があるのです。

マッシュルーム型の特徴

形が丸く中身がぎっしり詰まっている分、食べ応えがあります。このタイプのポップコーンは、形が丸いのでキャラメルやメープルなど液体のフレーバーがまんべんなく馴染むので、コーティングするタイプのフレーバーとは相性が良いという特徴があります。

バタフライ型の特徴

対してバタフライ型は、中身が詰まっていない分、食感が軽くたくさん食べる時に向いているポップコーンと言えるでしょう。スーパーやコンビニなどでよく見かける「マイクポップコーン」はこのバタフライ型です。

  • 商品名:フリトレー マイクポップコーン バターしょうゆ味
  • 内容量:50g(1袋あたり)
  • 参考価格:101円(税込・1袋あたり)
  • Amazon商品ページはこちら

ポップコーンのフレーバーはどのくらいある?

よく見かける塩コショウ味やキャラメル味だけでなく、ポップコーンにはかなり多くのフレーバーがあります。ここからは、色々なフレーバーを試したい方におすすめの通販で買えるポップコーンをご紹介します。

お店によっては30種以上あるところも

日本一を謳うポップコーン専門店「POPOCORN PAPA」では、実に30種類以上のフレーバーを楽しむことができます。おつまみ系では梅かつおや明太マヨネーズが人気で、甘党にはキャラメルナッツやいイチゴミルクが人気を博しているようです。

  • 店名:POPOCORN PAPA
  • 公式オンラインショップはこちら

自宅でも面白フレーバーを試せる商品

ポップコーンは、フライパンや鍋に入れ火を通すと次第にはじける音がし始め、それが止まると完成、というとても簡単に作れるお菓子。市販されている商品は味がついているものがほとんどなので、好きなフレーバーを楽しみたいときはポップコーンから作りましょう。

フレーバーもかなり多くの種類が販売されています。おすすめはいろいろな味がアソートになっているセット商品です。お気に入りを見つけてみましょう。

【マッシュルームタイプ】

  • 商品名:ポップコーン豆 マッシュルームタイプ
  • 内容量:500g
  • 参考価格:735円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

【バタフライタイプ】

  • 商品名:ポップコーン豆 バタフライタイプ
  • 内容量:500g
  • 参考価格:655円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

【フレーバー】

  • 商品名:onion 夢フル 14種類セット
  • 内容量:3g(1袋あたり)
  • 参考価格:600円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

ポップコーンはフレーバーによって無限の味わいを楽しめる

ポップコーンには豆の違いによって実は2つのタイプががあることをご紹介しました。自宅で簡単に作れるうえに、フレーバーを変えることで、無限の味わいを楽しめるポップコーン。ぜひ自宅で作ってお好みの味を見つけてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME