甘酒の作り方は炊飯器がおすすめ。もち米や玄米で違いも楽しもう

2019.09.11

栄養満点で甘さが魅力の甘酒は、自宅でも簡単に作ることができます。ほとんどの家庭にある炊飯器を使えば、材料を用意するだけで手作りの甘酒作りが可能です。炊飯器を使った甘酒の作り方とアレンジ甘酒のレシピを紹介していきます。

炊飯器を使った基本的な作り方とは

炊飯器はお米を炊く時に使用しますが、保温機能を活用すると自宅でも簡単に甘酒を手作りすることができるでしょう。自分で作る甘酒はアルコールのないタイプも作れますので、アルコールが苦手という人でもおいしく飲めます。

まずは、炊飯器を使った甘酒の基本的な作り方を紹介します。

炊いたお米に米麹を入れよう

用意するものは、1合の炊いたお米と200gの米麹、水と沸かしたお湯のみです。

お湯はあらかじめ沸かしておき、炊飯器で炊いたお米を釜の中でよく混ぜます。お米は炊きたてではなく、前日の夕食に残ったお米1合も使用できます。

100mlの沸かしたお湯と400mlの水を混ぜ、米麹200gと合わせます。それを炊飯器のお米に入れて、またよく混ぜ合わせましょう。

濡れタオルで蒸してかき混ぜる

全ての材料を混ぜたら、炊飯器の中身を落ち着かせます。

麹菌は70度以上で死んでしまうため、適性である50~60度をキープする必要があります。そのために、絞った濡れタオルまたは濡れふきんを、保温状態で開けた炊飯器の釜の上にかぶせます。この状態で、3時間放置しましょう。

3時間後、炊飯器の中身をかき混ぜて、さらに2時間置いておきます。その間も1時間に2回ほど混ぜれば、炊飯器で作る甘酒の完成です。

炊飯器の保温にも注意をしよう

炊飯器で甘酒を作る時のポイントは、材料を混ぜた後の炊飯器の温度です。先述のように、米麹を生かすためには釜の温度を70度以下にしておく必要がありますが、麹菌がよく働ける温度は60度ほどと言われています。

炊飯器で作る甘酒は釜を保温の状態で使用するので、適切な温度にしておかなければなりません。

一般的に、炊飯器は蓋を開けた状態で約60度に保温できますが、環境によっては60度以下になることもあるでしょう。濡れタオルや濡れふきんをかけておき温度をキープしながら、釜の中の温度にも注意しましょう。

さまざまなお米で作る甘酒を紹介

上記の基本の甘酒の作り方は白米を使用していますが、白米以外でも甘酒作りができます。他のお米を使って、また違う味わいを楽しんでみましょう。

もち米の代わりに餅を使ってより甘く

もち米は普通のお米よりもでんぷんが多く含まれているので、甘酒の原料に使うと甘みが強い甘酒に仕上げられます。もち米を使用した甘酒を作るには、もち米よりも入手しやすく家庭に常備されていることも多い餅も使えます。

餅を使った甘酒の材料には、餅400gに対して水400cc、米麹200gを用意します。一口大にカットした餅を水に浸けて一晩置き、炊飯器でお米を炊く時の要領で炊きます。すると、餅がお粥のような状態になるので、60度まで冷ましてから米麹を加えてかき混ぜます。

炊飯器は保温のままで濡れタオルまたは濡れふきんをかけ、8時間そのまま置くと、甘さの強い濃厚な『餅の甘酒』ができあがります。

栄養価が高い玄米甘酒

健康に良いと言われている甘酒の栄養価をより高めるためには、お米の代わりに玄米を使って作る方法もあります。

元々玄米は白米よりも栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、玄米を使えば栄養たっぷりの甘酒が作れます。また、玄米の皮の風味も加わり、より味わい深いおいしさに仕上げられるでしょう。

玄米を使った甘酒には、玄米1合に対して米麹300gと水を用意します。一晩水に浸けた玄米を炊飯器のお粥モードで炊き、粗熱が取れたらミキサーにかけます。この時、米の粒が少し残る程度にしておくのがポイントです。

ミキサーの中身を炊飯器に戻し、米麹を加えてよく混ぜます。その後は甘酒同様に、濡れタオルか濡れふきんをかけて保温状態で10時間置けば、玄米甘酒が出来上がります。

米なしでも簡単に作れる

甘酒の原料には米が必要かと思われますが、米がなくても米麹と水のみのシンプルな材料でも甘酒が作れます。

炊飯器にもみほぐした200gの米麹と65度に沸かした400mlのお湯を入れて、よく混ぜてから保温の状態で濡れタオルか濡れふきんをかぶせます。時々中身を混ぜながら6時間ほど置きます。麹の甘みが出て麹の芯がなくなったら、出来上がりです。

おすすめの米麹を紹介

米麹は、甘酒作りに必要不可欠な材料です。多くの種類の米麹が市販されていますが、中でもおすすめの米麹が以下の2点です。

LOHAStyle 乾燥米こうじ 800g

日本を代表する米どころである秋田県産のお米を100%使用した飽きたオリジナルの米麹ブランド『あめこうじ』を使った乾燥米こうじです。

無塩・無添加で自然な甘さが楽しめるので、砂糖などを加える必要なく十分甘みの強い甘酒作りに使用できるでしょう。

  • 商品名:LOHAStyle 乾燥米こうじ 800g
  • 価格:1080円(税込)
  • 楽天:商品ページ

白雪印 米こうじ 800g

北海道網走市に位置する、90年以上の歴史を持つ日本最北端の醸造元『倉繁醸造』の乾燥米こうじです。

国産米のみを使用し、冷涼な気候の中で熟成された米こうじは、深い旨みの甘酒作りにおすすめの商品でしょう。

  • 商品名:白雪印 米こうじ 800g
  • 価格:1080円(税込)
  • 楽天:商品ページ

炊飯器を使って甘酒を簡単に楽しもう

炊飯器を使えば、甘酒は自宅で簡単に作れます。材料を工夫すれば、また違った味わいの甘酒も作れるので、炊飯器を活用して手軽においしい甘酒作りにチャレンジしてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME