高級ヘッドホンが紡ぐ高音質の秘密。選び方やおすすめ機種3選

2019.09.09

高級ヘッドホンは、最高級の音質が体感できるオーディオアイテムです。高価ながらも、それに見合ったハイグレードな音質や装着感が得られます。高級ヘッドホンの特徴や上手な選び方、おすすめの製品を紹介します。

高級ヘッドホンの特徴

高級なヘッドホンは、総じて価格が高めです。価格帯別の特徴や、高級なヘッドホンが高価である理由について解説します。

価格帯別の音質や特徴の違い

低価格帯に分類される1万円以下のヘッドホンは、音質より購入のしやすさを重視していることが特徴です。最低限の音質を保ち、機能なども最小限におさえながら、とにかく安価でヘッドホンを入手したい人に向けて販売されています。

1~5万円の中間帯に分類されるヘッドホンは、一般レベルで満足のいく音質が保障されています。ハイレゾ対応やノイズキャンセリングなど機能性に優れているほか、性能の良いワイヤレス製品が多いことも特徴です。

5万円を超える高価格帯のヘッドホンは、そのほとんどが楽曲制作の現場やプロのミュージシャンに利用されるようなハイスペックモデルです。楽器の音が個別にしっかりと聞き分けられるレベルで、全音域にわたり最高級の音質が得られます。

高価になる理由

一般的に、ヘッドホンは高価であればあるほど高音質です。従来のCDを超えた情報量を持つ高音質音源『ハイレゾ』対応機能や、外部の騒音を遮断する『ノイズキャンセリング』機能などの技術も、多くの高価なヘッドホンに反映されています。

また、高価なヘッドホンは、高音質を支えるイヤーパッドの構造にこだわりが見られることも特徴です。音を発するドライバーユニットの口径を大きくすることで、豊かな低音再現力を実現しています。

高価なヘッドホンの多くは、価格に見合う材質を用い、豊富な付加機能を備えています。ほとんどの製品において丈夫かつ高級感あふれる材質が使われているほか、機能性と利便性に優れた要素を数多く備え、総合的に高級なヘッドホンとして扱われるのです。

高級ヘッドホンの選び方

高級ヘッドホンを選ぶ際に注目すべきポイントを解説します。

インピーダンス

『インピーダンス』とは、日本語で『交流抵抗』を指す用語です。電流の流れやすさを表し、単位は『オーム』で示されます。

インピーダンスが高いとノイズは少なくなりますが、音量も小さくなります。逆に、インピーダンスが低いと音量は大きくなりますが、ノイズも多くなります。

高級ヘッドホンの多くは、ノイズを極力おさえるハイインピーダンスに設定されています。そのため、音量を上げるアンプなどの環境が必要になる場合があります。

インピーダンスの値が低い高級ヘッドホンもあるため、製品ごとにチェックするとよいでしょう。

ハイレゾ対応

『ハイレゾ』とは、従来のCDでは十分に表現できなかった音の範囲まで記録できる音源です。

ハイレゾ音源に対応しているかというポイントは、高級ヘッドホンのスペックを見極める指標の一つとして重要な要素といえます。

より高音質なヘッドホンを求めるなら、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。

単機能

ヘッドホンは、ワイヤレスなどの機能が備わった『多機能』より、音源の再生のみの機能しか持たない『単機能』の方が、より再生能力が高いという特徴を持ちます。

高級なヘッドホンは一般的に多機能ですが、高級でも同じ価格ならシンプルな単機能製品の方が、より投資に見合った音質を追求できることになるため、こだわり派には魅力的なヘッドホンといえるでしょう。

おすすめの高級ヘッドホン

高級ヘッドホンとして扱われる製品の中から、おすすめのアイテムを3点紹介します。

Sennheiser HD800 S

『HD800 S』は、世界初のオープンイヤーヘッドホンを開発したことで知られるドイツの音響メーカー『Sennheiser(ゼンハイザー)』が提供する、高級ヘッドホンの定番機です。

ゼンハイザーがこれまで蓄積してきた技術をフルに投入し、新たな到達点を目指した特別なモデルです。解像度の高い高音域に加え、低音域の量感も得られ、より立体的な音質を実現しています。

イヤーパッドには日本製の高品質アルカンタラ材が採用され、キメが細かく耳に優しいフィット感も魅力的なヘッドホンです。

  • 商品名:ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン HD 800 S【国内正規品】
  • 価格:18万9632円(税込)
  • Amazon:商品ページ

SONY MDR-Z1R

『MDR-Z1R』は、まるでスピーカーからの音源を聴いているような音質が得られる、大手オーディオメーカー『SONY』製のハイレゾ対応高級ヘッドホンです。

音の広がり感が極めて優秀で、密閉型でありながら頭の外側で音が鳴る感覚に包まれます。音色にクセがなく、生演奏の感触に近い豊かな表現力が特徴的です。

遮音性もかなり高く、室内レベルの雑音に対しては無音に近い遮音環境にできます。自宅でのリスニング用なら、最上級のモデルとして愛用できるヘッドホンです。

  • 商品名:MDR-Z1R
  • 価格:18万2200円(税込)
  • Amazon:商品ページ

audio-technica ATH-W1000Z

『ATH-W1000Z』は、日本の大手音響機器メーカー『audio-technica(オーディオテクニカ)』が販売する、ハイレゾ音源対応の高級ヘッドホンです。

密閉型にもかかわらず音のこもりがおさえられ、ホールで聴いているかのような広がりのある音場が提供されます。楽曲のジャンルを問わず、全ての音域で最高級の音質が得られることも魅力です。

世界三大銘木の天然チーク材を採用したハウジングが使われ、全ての製品で異なる木目模様により、高い所有感が得られることも特徴的なヘッドホンです。

  • 商品名:audio-technica Maestoso 密閉型ヘッドホン ウッドハウジング ハイレゾ音源対応 ATH-W1000Z
  • 価格:4万3000円(税込)
  • Amazon:商品ページ

一度は体験してみたい高級ヘッドホン

高級ヘッドホンは、文字通り最高級の音質が得られるヘッドホンです。総じて高価ですが、価格に見合う性能が備わった製品が数多く販売されています。

よりよいスペックのヘッドホンを求めるなら、利用目的やコスパを考慮し、ゆったりとハイグレードな音楽鑑賞ができる高級ヘッドホンも選択肢に入れてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME