レッドブルとモンスターの成分を比較!エナジードリンクのカフェインや糖分は?

2019.09.04

エナジードリンク市場において、全売上シェアの8割以上を占めるとされる2大巨頭が「レッドブル」と「モンスターエナジー」。どちらが良いかと言われると人によって好みが分かれますが、そんな2つの製品の成分はどう違うのでしょうか?この記事ではレッドブルとモンスターの比較や、口コミなどをお伝えしていきます。

レッドブルとモンスターを比較

まずはレッドブルとモンスターエナジー、それぞれの売上と、糖分やカフェインの含有量を比較してみましょう。

シェアはどっちが上?

レッドブルは日本を始め、世界160カ国以上で販売されている人気商品です。売上シェア・出荷数量とも世界NO.1と言われており、「エナジードリンクといえばレッドブル」というイメージ。2018年にはなんと全世界で68億本を売り上げたそうです。

日本における正確な市場シェアについては、レッドブル・モンスターエナジーともに公表していませんが、日本における市場シェアもやはりレッドブルの方が上位であると思われます。エナジードリンクの草分け的な存在であるレッドブルからこの地位を奪うのは至難の業といえます。

カフェインの量はどっちが多い?

エナジードリンクといえばカフェイン。レッドブルとモンスター、それぞれのカフェイン含有量はこのようになっています。

  • レッドブル330ml…35mg/100ml
  • モンスターエナジー…40mg/100ml

上記を見る限り、モンスターエナジーの方がカフェイン含有量が多いということがわかります。

ちなみに、健康な成人の1日におけるカフェイン摂取制限量は400mgです。容器のタイプにもよりますが、1本飲むとだいたい100mg以上は摂取することになるはずです。どんなにエナジードリンクが好きでも、多くても1日2本あたりまでの摂取に留めておくことをおすすめします。

糖分はどっちが多い?

エナジードリンクを飲むときに気になってくるのが糖分。レッドブルとモンスター、それぞれの糖分含有量はこのようになっています。

  • レッドブル:約11g/100ml
  • モンスターエナジー…約13g/100ml

こうしてみると、レッドブルの方がやや糖分は少な目といえます。

レッドブルとモンスター、混ぜると美味しい?

エナジードリンクのトップ争いを繰り広げているレッドブルとモンスターですが、実はこの2つ、混ぜたらとても美味しいのです。

ここではレッドブルとモンスターを混ぜて飲むと美味しい理由や、美味しい混ぜ方などをお伝えしていきます。

混ぜることで両方のデメリットを中和

色々なエナジードリンクを試しているユーザーの意見の中でも多いのが、「モンスターエナジーはやや甘ったるさがある」というもの。そして、レッドブルの方は「やや薬っぽい」という評価もあります。

この両方のデメリットを中和し、美味しさを引き出せるのが「両方を混ぜる」という方法。おすすめは緑のモンスターとレッドブルのブレンドで、それぞれ1:1の割合で混ぜるのが最も美味しいといわれています。

レッドブルとモンスターを混ぜる時の注意点

レッドブルとモンスターは混ぜて飲むとかなり美味しくなるので、ついついたくさん飲んでしまいがち。気付けば半量ずつ入れていたはずのレッドブルとモンスターがどちらも空っぽになっていることもあるかもしれません。

飲み過ぎはカフェインの過剰摂取に繋がり、中毒症状を引き起こす可能性もあります。多くても1日2杯までにしておきましょう。

レッドブルとモンスターの評価

ここでは、レッドブルとモンスターそれぞれの評価・クチコミについてまとめてみました。

レッドブルの評価

さすが世界出荷量NO.1と言われるだけあって、味・効能ともに高評価。徹夜のときや気合を入れたいときには欠かせないというヘビーユーザーが多いようです。

砂糖ではなく人工甘味料を使用した「レッドブル シュガーフリー」もあり、ダイエット中の方などには嬉しい反面、味だけをとるとやはり通常のレッドブルの方が美味しいと評判のようです。

モンスターの評価

レッドブルに比べてコスパが良く、量をたくさん飲みたい場合におすすめなのがモンスターエナジーです。また単純にカフェインも多いので、眠気覚まし効果も抜群。

レッドブルよりやや甘めで味が濃いという声が多く、どちらかといえばジュースのような感じが強いです。成分の方はというと、レッドブルには含まれていないカルニチンや高麗人参が入っているので、脂肪燃焼作用も少し期待できるのでは?という声も。

単品では好みが分かれる

レッドブルとモンスター、両方を様々な角度から比較してみました。人気の面ではやはりレッドブルに軍配が上がりそうですが、カフェイン含有量とコスパ面ではモンスターの方も引けを取らず、首位を猛追しているといった形でしょうか。

混ぜると両方の味の良さが引き立つので、どちらも好きな人はぜひ一度ブレンドを試してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME