ハバネロの10倍辛い!?激辛好き必見の「世界最辛」唐辛子とは

2019.09.04

ハバネロはとても辛い唐辛子というのは有名ですが、実は世界にはもっと辛い唐辛子があるのを知っていましたか?この世の中には食べられないほど辛い唐辛子も存在するのです。この記事では、辛党にはたまらないハバネロより辛い唐辛子をすべてご紹介していきます。

ハバネロってどんな唐辛子?

ハバネロは、2004年ごろから日本に広まったメキシコ生まれの唐辛子です。2007年までは「世界一辛い唐辛子」としてギネスブックに登録されており、世界で一番有名な唐辛子といっても過言ではありません。

日本にその名を広めたきっかけとなったのが、東ハトが発売したスナック菓子「暴君ハバネロ」といわれています。読者の中には、懐かしさを感じる方も多いはず。2003年の発売当初、それまでのスナック菓子とは一線を画す激辛スナックとして大変話題となり、「ハバネロ」の名が世に広く知れ渡ることとなりました。

ちなみに唐辛子としてのハバネロの特徴は、辛さの中にも爽やかでフルーティーな風味も感じられ、辛さを足すだけでないスパイスとしても優秀な食材。クセの強い肉料理などとの相性も抜群です。

ハバネロより辛い唐辛子をチェック

辛さをあらわす単位として、「スコヴィル値(SHU)」というものがあります。これは唐辛子内の辛み成分である「カプサイシン」の含有量を計測したもので、ハバネロはだいたい25万~45万SHUといわれています。

日本の唐辛子が4~5万SHUといわれているので、ハバネロは相当辛いことがわかりますが、この世の中にはさらに辛い唐辛子が恐ろしいことに複数存在しているのです。早速ハバネロより辛い唐辛子をチェックしていきましょう。

一番辛い?ドラゴンズ・ブレス・チリ

現在ギネスブックで一番辛いとされているドラゴンズ・ブレス・チリはイギリスで採れる唐辛子です。その辛さは、なんと驚愕の約248万SHU。つまり、ハバネロよりも約5~10倍ほども辛い唐辛子ということになります。

実自体は非常に小さく、大きさはわずか1cmにも満たない程度なのですが、そのかわいい見た目からは到底想像できない、凶悪な辛さです。現在では危険すぎるため、食用としては販売されていません。文字通り「人を殺す」ほどの最強唐辛子と呼ばれているそうです。

死神と呼ばれるキャロライナ・リーパー

リーパーとは死神という意味です。アメリカ生まれのキャロライナ・リーパーは、まるいですがごつごつとしたホオズキのような形をしており、赤ければ赤いほど辛さが増すのだとか…。

辛さはドラゴン・ブレス・チリより少し低い約220万SHUですが、もちろんこちらも信じられないほどの辛さです。口に入れることはもちろんのこと、直接触るだけでも刺すような痛みを感じ、皮膚につくと火傷のような症状が現れるため、素手で取り扱ってはならないといわれるほど危険な唐辛子です。

こちらもしばらく食用としては使用されていなかったのですが、最近では認知度が広まったためか、キャロライナ・リーパーを使用したソースや唐辛子セットなども販売されているようです。

赤い悪魔。トリニダード・モルガ・スコーピオン

トリニダード・モルガ・スコーピオンは、刺すような辛さに加え、あとからじわじわと辛さが増すタイプの唐辛子です。産地は名前からもわかるようにトリニダード・トバゴ。

辛さは約200万SHUですが、こちらも直接で触るのは危険で、防護服を着て調理するそうです。口の中に入れた時の感想としては、辛いというより痛いという表現の方が合っているそうです。

TVでも話題に?ブート・ジョロキア

ゴーストペッパーという異名をもつブート・ジョロキアは、TVでも紹介された北インドの唐辛子です。辛さは約100万SHUで、ハバネロの2~4倍ほどの辛さ。

ちなみにブート・ジョロキアは日本でも栽培可能で、実際栽培されている農家の方もいらっしゃるのだとか。もっとも生で食べるのは非常に危険であり、うっかり直接触ってしまうと手が腫れてしまうこともありますので、日本で気軽に手に入るからといって安易に考えず、取り扱いには十分気をつけましょう。

辛くて耐えられないときの対処法は?

辛いものが好きでもついつい食べすぎてしまい、口の中が痛くてつらいなんていうことありますよね。

そんな時につい「水!」と言ってしまいたくなりますが、実はこれは間違い。唐辛子は水を飲むことでさらに辛さが広がり、口全体がヒリヒリしてしまうため、辛さを抑えるには向かないとされています。

おすすめなのは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品。これらは口の中に広げることなく、辛さや痛みを抑えてくれる働きをしてくれます。また、緑茶もカテキンが辛さを和らげてくれるようなので、激辛料理を食べるときには、これらの飲み物を用意しておくと安心です。

激辛ブームは終わらない

ハバネロがギネスブックに載って以来、品種改良でさらに進化を続ける激辛唐辛子の数々。いまやハバネロの10倍近い唐辛子まで存在しているなんてちょっと怖いですが、いまもこれより辛い唐辛子の開発を続けている研究者がいるのだとか…。

これからも、ここでご紹介した以上に辛い唐辛子が続々と出てきそうな予感ですね。唐辛子界の熾烈な覇権争いと激辛ブームは、まだまだ終わらないようです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME