ブルックリン美術館の見どころを紹介。無料のイベントやライブが人気

2019.09.08

ニューヨークで2番目の規模を誇るブルックリン美術館。様々な美術品を鑑賞できる他、ライブやイベントなども行われています。この記事ではブルックリン美術館の基本情報と見どころ、お土産やイベントについてご紹介します。

ブルックリン美術館の基本情報

ブルックリン美術館は、ニューヨーク内でメトロポリタン美術館の次に大きい美術館です。古代エジプトの美術品を中心に展示しており、日本の浮世絵が数多く展示されていることでも有名です。

他にも、アジア美術や、アメリカ・ヨーロッパ美術、アフリカ・オセアニア美術まで広く展示しています。美術館の所蔵品は150万点以上に及びます。

美術館の公式サイト:こちら

美術館の基本情報

住所:200 Eastern Parkway, Brooklyn TEL:(718)6385000 駐車場:有料駐車場あり 営業時間:11~18時(木曜は22時まで)毎月第1土曜は~23時まで 定休日:月・火 休業日:元旦、感謝祭、クリスマス

出典:brooklynmuseum

チケット(入場料)

  • 大人:16USドル
  • シニア:10USドル(62歳以上)
  • 学生:10USドル(要ID)
  • 19歳以下無料

アクセス(行き方)

  • 地下鉄2・3番線 イースタン・パークウェイ・ブルックリン・ミュージアム駅で下車。地上に出るとすぐに美術館が見えます。

ブルックリン美術館の展示品・見どころ

美術館には、幅広いジャンルの美術品が展示されています。その中でも特に見どころと言える代表的な展示品をご紹介します。

建造物の外観・内装

美術品だけでなく、1895年に建築された建物も見どころの一つです。レンガ造りの建物は、ヨーロッパの古典様式である「ボザール様式」で建築されており、芸術品のような美しさです。また、アートを展示するためのディスプレイもユニークで、作品の魅力をより引き立てています。

古代エジプトの美術品

美術館の3階には、古代エジプトの美術品が展示されています。ミイラや壁画、土偶など、歴史ある貴重な芸術品を8700点以上も鑑賞できます。展示数の多さは世界で第3位の規模を誇り、パピルスの巻き物「死者の書」なども所蔵されています。

日本・アジアの美術品

美術館の2階には、日本や中国などアジアの美術品が展示されています。有名な歌川広重の浮世絵「名所江戸百景」は必見です。他にも、壺や屏風など8800点以上のアジア美術品が所蔵されています。

ブルックリン美術館のお土産やイベント情報

館内でお土産を購入できる施設や、食事が出来るレストラン、イベント情報などをご紹介します。

ミュージアムショップ

ミュージアムショップでは、美術館の作品をモチーフにしたグッズが多数販売されています。ちょっとしたお土産にぴったりの小物から、Tシャツまでユニークなデザインのアイテムが豊富です。

レストランTHE NORM(ノーム)

館内には、アメリカやメキシコ、インド、日本など様々な国籍の料理が充実しているレストランがあります。壁には絵画などの美術品が展示されており、落ち着いた空間でアートを鑑賞しながら食事を楽しめます。館内には軽食やコーヒーを販売しているカフェも併設されており、疲れた時の休憩におすすめです。

ブルックリンミュージアムナイト

毎月第一土曜日の夜は入場料無料の「ブルックリンミュージアムナイト」というイベントが開催されます。様々なジャンルの音楽ライブや映画上映などの催し物を楽しめる他、アルコールやスナックなどの販売も行われます。

館内ではほろ酔いになった人たちが踊っていて、まるでクラブのような盛り上がりです。もちろん館内に展示された美術品も通常通り鑑賞できます。

ブルックリン旅行は美術館観光がおすすめ

ブルックリン美術館は、エジプト美術やアジア美術を鑑賞できる他、毎月第一土曜日にはイベントも行われています。美術館に堅苦しいイメージを持っている方でも気軽に楽しめる美術館です。カフェやレストラン、ショップも充実しているので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME