安いけど高音質、コスパ最高のヘッドホンは?メーカーやおすすめ紹介

2019.09.07

ヘッドホンは周囲の状況に依らず、いつもの音楽がよりダイナミックに楽しめるアイテムです。音楽が好きな人なら、手軽に大活躍してくれますね。初めて購入する人や買い替えを考えている人向けに、コスパがよく使いやすいヘッドホンを厳選しご紹介します。

価格別のヘッドホンの特徴

ヘッドホンは、値段によって性能に差があるのは否めません。ですが、極端な高性能を求めないのならば、1万円以下のものであっても十分に高品質な音を楽しめます。まずは、価格別のヘッドホンの特徴について解説します。

1万円以下のヘッドホン

1万円以下のヘッドホンは、手にしやすいリーズナブルさが大きなメリットですが、コスパに優れた製品がある一方、値段相応のそれなりの品質の製品もあり、玉石混交状態といえます。

厳選すれば、低価格でありながら、ハイレゾやノイズキャンセリング機能などの高性能な製品もありますので、音質や性能に対して、特に強いこだわりがあるわけでは無ければ、選択肢に入れるのは十分ありだといえるでしょう。

1万円以上のヘッドホン

1万円を超える価格帯は、機能性に優れたヘッドホンが数多く提供されています。5万円を超えてくると、プロ仕様モデルも存在します。

1万円以下のものに比べて、保証がついていたり耐久性に優れていたりと長く使えるようなものが多く、性能も値段によって大きな開きがあります。メーカーによってこだわり抜いた音質を追求した逸品も多く、極上のサウンドを楽しみたい人に適しています。

音楽に対して強いこだわりがあったり、曲作りを仕事にしていたりするならば、この価格帯がおすすめです。

安いヘッドホンでおすすめのメーカー

ノーブランドのヘッドホンは使いにくくとも、有名ブランドの出している安価なヘッドホンなら信頼性がありますよね。コストパフォーマンスのいいヘッドホンを提供している中でも、おすすめのメーカーを3社紹介します。

3社とも、音楽好きなら一度は耳にしたことのあるような有名メーカーです。ヘッドホン選びのひとつの指標にしてみてはいかがでしょうか。

SONY

SONY(ソニー)は言わずと知れた超大手企業です。ゲームや、カメラ、家電製品に至るまで多くの製品を手掛けており、オーディオ機器の分野も長年愛されてきました。

プロ仕様のヘッドホンはもちろん、一般ユーザーにも使いやすいような安価な価格帯のヘッドホンも提供しています。重厚感と迫力のあるサウンドは、やはりソニーならではと言えるでしょう。

SONY

audio-technica

audio-technica(オーディオテクニカ)は、日本有数の音響・映像機器メーカーです。家電量販店でも販売しており、ヘッドホン以外にもマイクや音響機器も有名です。

ヘッドホンの価格帯としては、リーズナブルで手にしやすいものから、ハイスペックな高級なものまで幅広く扱っています。モデル数も多いので、自分のこだわりによって選べるのもうれしいポイントです。

audio-technica

Pioneer

日本の電機メーカーであるPioneer(パイオニア)は、音響機器のほかにカーナビなどの車周辺機器でも有名な企業です。

パイオニアで特筆したいのは、ワイヤレスヘッドホンです。ワイヤレスタイプの難点として、ノイズが入りやすいというものがありますが、パイオニアのヘッドホンはそこを大きく改善しました。

安価なタイプであってもノイズキャンセリング機能を搭載しているものが多いので、これからワイヤレスヘッドホンに買い替えたいという人におすすめのメーカーです。

Pioneer

ヘッドホンの選び方

ヘッドホンはいくつかの種類に分けられます。自分が重要視する性能を理解しておくことで、ヘッドホン選びがよりやりやすくなるのです。ここからは、ヘッドホンの選び方について解説していきます。

密閉型と開放型の違い

ヘッドホンは、形状によって『密閉型』と『開放型』に種類が分かれています。

密閉型のヘッドホンの特徴として、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルが多く、遮断性に優れている点が挙げられます。音漏れを気にすることなく音楽を楽しめますよ。

デメリットとしては、音がこもりやすいという点があります。開放的な音にはなりにくいので、外出時に使用するのに向いています。

開放型のヘッドホンは密閉型と逆で、スピーカーが解放されています。圧迫されることなく自然に聴けて、綺麗なサウンドを体感できるのが特徴です。

デメリットとしては遮断性の低さが挙げられるでしょう。自宅での使用や、防音室での使用に適しているタイプです。

Bluetoothなどの接続方法

ヘッドホンのタイプとして、『有線』と『無線(ワイヤレス)』の違いもあります。ケーブルを差し込んで接続する従来型の有線タイプのヘッドホンに対し、無線タイプのヘッドホンはケーブルを使用せずBluetoothで音響機器とヘッドホンを接続します。

直接繋ぐことによる高音質の代わりに、ケーブルのわずらわしさを感じることのある有線ヘッドホンと、ケーブルレスでストレス無く使用できるけれど音質に難があるケースもあるBluetoothヘッドホンは、それぞれに善し悪しがあります。

自分がどこにストレスを感じるかでタイプを選ぶのがおすすめです。

機能や音質

機能や音質にどこまでこだわるのかも、ヘッドホン選びにはとても重要なポイントです。外で使用するなら、周囲の雑音をカットしてくれる『ノイズキャンセリング機能』は選んでおきたい機能です。

音をしっかり感じたい、自宅で周囲に邪魔されずに音質を楽しみたいなら『再生周波数』の高いものを選ぶのがおすすめです。リーズナブルなヘッドホンの中にもそういった高性能のものはありますので、自分の楽しみ方によって選ぶのがいいでしょう。

安いヘッドホンのおすすめ

コストパフォーマンスの高いヘッドホンの中で、特におすすめのものを2点紹介します。どちらも2000円を切る安いヘッドホンですが、性能もよく使い勝手も値段の安さを感じさせません。ヘッドホン選びに悩んだら、この2本のヘッドホンを検討してみてはいかがでしょうか。

audio-technica ATH-S100

フラットで素直な音が特徴的なヘッドホンです。重量が軽く、ヘッドホンが重たくて疲れてしまう人も快適に使用できます。耳にしっかり密着してくれる密閉型なので、室内で使うだけでなく外でも活躍するでしょう。

持ち運びも便利なコンパクトタイプなので、外出先でもヘッドホンで高音質の音楽が聴きたいという人におすすめの商品です。

  • 商品名:audio-technica STREET MONITORING 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ブラック ATH-S100 BK
  • 参考価格:1835円(税込)
  • Amazon商品ページ

SONY MDR-XD150

非常に軽い本体が特徴で、長時間の使用でも疲れにくいヘッドホンです。軽めでナチュラルな音がバランスよく整っており、聞きやすい音質なのもポイントです。

女性でも重たく見えない華奢な仕上がりの外観と、自然な音がお値段以上の商品となっています。

  • 商品名:ソニー SONY ヘッドホン MDR-XD150 : 密閉型 屋内用(テレビ・オーディオ用) ブラック MDR-XD150 B
  • 参考価格:1517円(税込)
  • Amazon商品ページ

リーズナブルなヘッドホンでお得に

気軽に購入できるリーズナブルさがありつつも、高品質なヘッドホンを提供してくれるのが今回紹介したメーカーや商品です。安くてもハイスペックな性能を持ったヘッドホンで、気軽にダイナミックな音楽に包み込まれてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME