競輪の車券の買い方まとめ。窓口での投票やネット投票について

2019.09.07

競輪の車券の買い方は、種類などが多く初心者のうちは覚えるのが大変ですが『予想を的中させる』ためにも必要な知識と言われています。車券の種類・ワイドや流しなどの種類まで紹介するので参考にしてみてください。

車券の買い方について

競輪の賭式(車券の種類のこと)は全部で7種類あり、この車券の選び方で勝負が分かれるとも言われている重要な部分です。逆に言えば、車券のことを知ると『勝負に強くなる』とも言えるので、車券の買い方や種類を知っておくのは大切なポイントと言えます。

ワイドなどの賭式や流し

車券は7種類あり、それぞれ『3連単』『3連複』『2車単』『2車複』『2枠単』『2枠複』『ワイド』という名前があります。予想しやすい車券から、予想が難しく配当が高い車券などがあるため、予想するレースでどの車券を買うのかを選んでいく必要があります。

また、買い方にも『ボックス』『流し』『フォーメーション』というものもあります。

『ボックス』は、1〜9の車番・1〜6の枠番(車番を組み合わせ、いくつかの枠に分けたもの)のいずれかを選択し、その組み合わせを全て購入できます。

『流し』と呼ばれる買い方は、軸の車番(選手個人に割り振られた番号)を決め、残りの相手の車番との組み合わせを流すように買う方法です。

どちらも組み合わせを多く選べるので、的中率が上がりますが『買い目(車番や枠番の組み合わせ)』はある程度絞るのが良いとされています。

一方、『フォーメーション』では複雑なパターンでの車券投票が可能です。軸となる車番を複数選び、購入可能なその他の組み合わせの全てを購入する方法で、ボックスに似ていますが『組み合わせが多い3連単などの買い目を絞れるメリット』があります。

『どこまで、どの車券で、どの買い方をするのか』とういう点まで、競輪の予想には必要なのです。

購入方法

では、車券を購入するにはどうしたら良いのでしょうか。車券を購入する方法は2種類あります。

まず1つ目は、競輪場・場外車券売り場で購入する方法です。実際に競輪場に足を運び、用意されているマークシートを使って予想を記入していきます。記入したマークシートを窓口、または発券機に持っていき『記入した購入金額』を支払い車券と交換するものです。

次に2つ目は、インターネット投票を使って購入する方法です。指定された口座を用意し会員登録を行います。あらかじめ口座に入金しておけば『インターネット上の手続きだけ』で、予想を記入して車券を購入できるものです。

この2種類のどちらかの方法を使って予想した車券を買い、白熱の闘いが繰り広げられる競輪を楽しみましょう。次の項目では『窓口で投票カードを記入し購入するときの手順』を紹介します。

窓口での投票カードの記載

実際に競輪場でマークカードを使用して車券を購入する際の、具体的な記載方法や買い方をチェックしてみましょう。

通常のマークシート

通常のマークカードは、7種類すべての車券を購入することができるものです。レース開催場所の部分にチェックし、買いたい賭式(車券の種類)を選びます。次に、予想した枠番・車番にチェックを入れ、最後に金額の部分にチェックを入れることで完成です。

完成したマークカードは発券機・窓口で使い、購入金額を支払うことで車券を購入できます。

フォーメーションやボックス

ここで、フォーメーションやボックスを購入するときに活用したいのが『フォーメーション/ボックスマークカード』です。フォーメーションやボックスを購入するためだけに作られているので使いやすさから人気があります。

1着は決めたけど2着に迷っているときや、どの選手でも1着や2着になる予想ができたときにもおすすめです。ただし、フォーメーションやボックスは同一金額しか購入できないので注意しておきましょう。

ネットでの投票の操作

次に、ネットでの投票方法についてチェックしてみましょう。実際に足を運ぶよりも便利なネット投票は忙しい人にもおすすめの投票方法です。

ログインから投票画面へ

ネットでの投票には、投票サイトに登録が必要です。あらかじめ、指定された口座を用意しておき会員登録(多くは無料)をしておきましょう。また、すぐにネット投票をしたいという人は、事前に登録口座に予算を入金しておくとスムーズです。

会員登録と口座の登録、入金が完了していればログインして投票画面を選びます。競馬・競輪・オートレースなどに対応しているサイトもあるので、競輪での投票画面に移動するようにしましょう。投票画面では、開催予定の自分が予想したいレースを選ぶだけです。

賭式や買い目を選ぶ

次に、レースが選択できたら賭式や買い目を選んでいきます。どの車券で、どの選手に、いくら投票するのかをチェックしていきましょう。使っている投票サイトによっては、フォーメーションやボックスなどがどのくらいの金額になるかの目安を出せるものもあります。

車券の種類と買い目を選んだら、決済の手続きを行います。暗証番号などの認証を行い、登録して入金してある口座から車券の費用が引かれて、購入した車券の確認が終われば完了です。

投票と結果確認

投票が完了すると、あとは結果を待つだけになります。このとき、投票サイトや外部サイトでレースの中継などを見て待つこともできるので活用してみましょう。結果、的中していれば、払戻金が口座に振り込まれます。

ネットでの投票はとても手軽ですが、その反面『金銭感覚が鈍る』ことがあります。実際にお金を使っていないので、どうしても感覚がつかみにくくなってしまうためです。

ネット投票をするときには決められた予算で楽しみ、セキュリティ対策をしっかりとしてから使うようにしましょう。

初心者におすすめの予想方法

初心者のうちには、どうしても的中率があがらず『いわゆる当たらない』ということが多くあります。そこで、最初に覚えておきたい予想方法を紹介するので参考にしてみてください。

ラインの情報を参考にする

選手たちは、レースを優位に進めるためにもある程度のグループでラインと呼ばれる後半までの走り方を決めています。同じ地域などで固まって決めることのあるこのラインをどうするのかは、情報誌やサイト、競輪場のホームページで確認できます。

ライン情報はどのような戦略をして、どのようにレースが展開していくのかの予想に繋がるのでレース毎に確認して予想に役立ててみましょう。

ラインの戦略を予想する

次に、ラインの戦略からどのようなポジションまで進めていくのかを予想します。優位にくる選手が誰なのかはレースの展開次第ですが、選手のコメントやライン情報から推測し、参考にしましょう。

情報誌や情報サイトなどには、このラインの戦略を予想するために知っておくと便利な情報やコメントなども掲載されています。

個人の能力を考える

最後には、選手全員で1着を目指して走り抜けていきます。ここでもっとも重要なのが個人の能力です。レースの展開で予想した選手がどのような動きをするのか、選手個人はどのような特徴・能力があるのかから予想してみるとまた違ってきます。

選手も人間なので得て不得手、コンディションの違いなどに大きく影響されます。レースが開催される場所などでも、若干の違いがあるので出走表で公開されているデータはしっかりと確認していきましょう。

特に、平均競走得点や勝率が高い選手が能力の高い選手と言われているので、最初のうちはこのあたりから予想するのがおすすめです。

買い方を押さえて投票をしてみよう

車券の買い方は、人それぞれ勝ち方を見つけて楽しまれている競馬の醍醐味とも言える部分です。どこまで予想できるのかは、経験や情報の量にも左右されてきます。

買い方のコツを押さえて、予算内で選手たちの予想を楽しんでみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME